レトルトとは思えないスパイス感とバランスの良い酸味! 「レトルトカレー」第1位は...!

サタプラ ~気になる情報をちょこっとプラス~

2022/11/07 17:30

MBSアナウンサーの清水麻椰が世の中のありとあらゆるものを長時間かけて検証し、独自ランキングを紹介する「サタデープラス」の人気コーナー『ひたすら試してランキング』。11月5日の放送では、今月のマンスリーゲスト・神田愛花を迎えて「レトルトカレー」を徹底調査! 10時間かけて試してわかった、サタプラ的おすすめベスト5を発表しました。

神田愛花と15種類を食べ比べ!
20221107151834-cae79007fc1c62dfd13dc220735c0ad7458900a8.jpg
今回はスーパーなどの量販店で買える、レトルトの中辛ビーフカレー15種類を食べ比べ! チェックポイントは、1)コストパフォーマンス 2)具材 3)香り 4)ソース(ルー)の味 5)全体の味 の5項目で、各項目10点満点の合計点で総合ランキングを決定した。

「具材」の調査では、牛肉をはじめカレーに入っている具材の量や大きさを徹底的にチェックした。1位となったのは、レトルトカレーの生みの親・大塚食品が販売する『ボンカレーネオ』(230g 税込319円 ※番組調べ)。じゃがいもやにんじんがゴロゴロ入ったソースの中から具材を取り分けると、なんと124gも! 内容量の半分以上を具材が占めていた。この商品は「手作り感のあるカレー」がコンセプトで、煮崩れしない品種選びや手作業での下処理を行うことで具材の存在感をキープしているのだそう。

20221107151849-49bcdd3892fc7a6fa1c67631c65acd3dc68ca419.jpg
試食には、神田愛花と、カレー激戦区である東京・神田の神保町エリアでも随一の人気を誇るカレー店「秋葉原カリガリ」のオーナー・二木博さんが協力。「全体の味」のチェックは、ごはん・具材・ソースを一緒に食べた時の味で審査した。3人で食べ比べた結果、1位に選ばれたのは、新宿中村屋の『純欧風 ビーフカリー コク深いデミの芳醇リッチ』(180g 税込508円 ※番組調べ)。ソースは深いコクと強い甘みが特徴で、神田は「お米と食べたときのバランスがいい。相性最高!」、二木さんも「さすが中村屋さんのカレー」とうなった。

こうして10時間かけてレトルトカレーを徹底調査。試したからわかった、おすすめベスト5とは!?

香りを嗅いでいるだけで唾液が!
20221107163214-245baa86509cd14c829db52182773bf6e77fce85.jpg
第5位は、ハウス食品の『とろうま牛角煮カレー』(200g 税込353円 ※番組調べ)。
最大の売りが、トロトロに煮込まれた角煮。牛の赤身肉をメーカー独自の製法で調理することで、濃厚かつトロトロ食感の角煮に。二木さんは「ビーフを目立たせようとする意志を感じる」と感心した。「全体の味」も9点と高得点で、「ごはんと合わせたらバランスがパーフェクト」と清水アナ。

20221107163223-fa6091e943d46d2768aefd2bbbb7ed3e1b0e67f4.jpg
第4位は、明治の『銀座カリー中辛』(180g 税込302円 ※番組調べ)。
一晩煮込んだブイヨンに牛肉と香味野菜を加えてもう一度煮出す「特製二段仕込みブイヨン」により、具材のコクと香りを際立たせている。酸味もバランスよく入っていて「全体の味」は9点。「香り」の評価も高く、目隠しをしてチェックした清水アナは「香りを嗅いでいるだけで唾液が出てきた」というほど!

20221107163233-01da5e31422cbc3fd8bed88c16fcb1495d3224ca.jpg
第3位は、新宿中村屋の『純欧風 ビーフカリー コク深いデミの芳醇リッチ』(180g 税込508円 ※番組調べ)。
「全体の味」で見事1位に。「ソースの味」も、じっくり煮込んだデミグラスと芳醇な赤ワインによる深いコクと高い香りで10点満点を獲得した。また抜群の食感と旨味を残すため、牛肉は真空調理で仕上げている。「お肉の味がちゃんとします」(神田)、「ホロホロですね」(二木さん)、「レトルトのレベルじゃないですね」(清水アナ)と、試食した3人も大絶賛!

20221107163243-f78ce24e38f94111ec99d95960b2eba885d6a2dd.jpg
第2位は、無印良品の『素材を生かした 牛ばら肉の大盛りカレー』(300g 税込350円 ※番組調べ)。
1位となった「ソースの味」をはじめ「コスパ」以外で9点以上を獲得し、圧巻の総合力を見せつけた。おいしさの秘訣は、10種類以上のスパイスを調合したソース。そこへじっくりと煮た玉ねぎの旨みがプラスされ、奥行きのある味わいに。二木さんは「工場を紹介してもらいたいぐらい」と本格的な風味に驚いた。

レトルトとは思えないスパイス使いに脱帽
20221107163253-a6dde599e0c0d917e4b79e3191ea799fecbe05b3.jpg
そして第1位は、新宿中村屋の『インドカリー ビーフスパイシー』(200g 税込381円 ※番組調べ)。
およそ20種類のスパイスを3段階に分けて加え調理する「スパイス3段仕込み製法」で、芳醇な香りと深い旨味を引き出している。「香り」「ソースの味」「全体の味」の3項目で10点満点を獲得。本場さながらのスパイシーさに、二木さんも「おいしさが来た後に、スパイスの香りが2段階で来る感じが良いですね。これをレトルトでやられたらカレー店としては厳しい」と脱帽した。

スタジオでも、この日のゲストの寺島しのぶと豊川悦司も交えて新宿中村屋の『インドカリー ビーフスパイシー』を試食。レトルトとは思えないスパイス感とバランスの良い酸味が効いたカレーに舌鼓を打った。初めて「試してランキング」に参戦した神田も「食べ比べると、自分の好みがより分かって、レトルトカレーも奥深いなと思いました」と振り返ったレトルトカレー。おうちでも様々な商品を試してお好みの味を見つけてください!

★☆★☆★☆★☆★☆★☆
次回11月12日(土)は「かにかま」を徹底調査!
「サタデープラス」はMBS/TBS系で毎週土曜あさ7時58分から放送中。お楽しみに!

【公式Twitter】はこちら
【公式HP】はこちら
★☆★☆★☆★☆★☆★☆

SHARE
Twitter
Facebook