MBS 毎日放送

2021年04月12日 13時34分 公開

関ジャニ∞丸山隆平が思わず「す、すげえ...」と絶句...! 新体験の聞こえ方に驚く最新「ワイヤレスイヤホン」

様々な商品を長時間かけて調べ上げ、独自ランキングを紹介する「サタデープラス」の人気コーナー『ひたすら試してランキング』。4月10日の放送では、MBSアナウンサーの清水麻椰が「ワイヤレスイヤホン」を徹底調査! 最新の18種類を付けて、聴いて、近づいて…13時間かけて試したからわかった、サタプラ的おすすめベスト5を発表。

ピアニスト・清塚信也が音質を審査!
20210412134150-362e386f4c91a2f0159de087917849e9c63618ab.jpg
ケーブルいらずで音楽が楽しめる「ワイヤレスイヤホン」。最近ではテレワークやスマホの動画視聴が増えたこともあり、急激にシェアを拡大している。もはや各メーカーがしのぎを削る"ワイヤレスイヤホン戦国時代"だが、実は付け方だけでも主流のカナル型をはじめ、左右一体型、インナーイヤー型、耳掛け型と様々。そこで今回は、最新機種18種類をピックアップして徹底調査! チェックポイントは、1)フィット感 2)機能性 3)スタミナ 4)音漏れ 5)音質 の5項目で、各項目10点満点の合計点で総合ランキングを決定した。

20210412134223-d38b642cadaacd258e5bcf6b7588b89d8c6750a7.jpg
「機能性」で注目されたのは、アメリカのヘッドホン専門ブランド・AfterShokzの「Aeropex Play」(税込19,998円)。18種類中唯一の骨伝導式イヤホンで、骨の振動を利用して脳に音を届けるという画期的な機能を搭載している。試した清水アナも、耳を使っていないのに音が聞こえてくることにびっくり! そして「機能性」部門で1位になったのは、SONYの『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WF-1000XM3』(税込27,500円 ※番組調べ)。周囲の騒音をカットする機能「ノイズキャンセリング」の遮音レベルを調整したり、「ボイスフォーカス」で人の声の周波数だけを強調して取り込むなど、専用アプリで自分好みの聞こえ方にカスタマイズすることができる。

20210412134237-bb3878e51c77ff9469268524ca538ad4a53e099a.jpg
「音質」のテストでは、助っ人として日本を代表するピアニスト・清塚信也さんが参加! ポップスや演歌、ロックにクラシックと様々なジャンルの曲を聴いて音質を審査した。「クラシックには向いていない」、「音が平たい」などプロ目線の厳しい批評が続く中、清塚さんが選んだ音質No.1は、ゼンハイザーの『CX 400BT True Wireless』(税込25,850円 ※番組調べ)。絶対音感を持つ清塚さんが、「めちゃめちゃ良い音! 最高! 音域も広くて低音から高音までクリアに全部聴こえる。リアル感が相当良い」と大絶賛した。

こうして13時間かけてワイヤレスイヤホンを徹底調査。実際に試してわかった、おすすめベスト5とは!?

お手頃価格でも抜群の機能性を持つ機種も
20210412134350-adf6d805fa7521617a3786eaf90cf119392e321e.jpg
第5位は、ag(エージー)の『TWS03R』(税込5,980円)。6,000円を切るお手頃価格。
かわいらしい見た目ながら、全項目で平均点以上を叩き出した。カラーバリエーションは6色あり、丸みを帯びたデザインはまるでアクセサリーのよう。プレゼントとしても人気だそうで、「音楽を聴くだけじゃなく、オシャレも楽しめるイヤホンです」と清水アナ。

20210412134403-3880febba85664371acc93eac5d5a5bbb548cf08.jpg
第4位は、SONYの『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WF-1000XM3』(税込27,500円 ※番組調べ)。
日本が世界に誇るSONYの高機能な1台。機能性で1位を獲得しただけでなく、音質についても清塚さんは、「音楽が出したいことを理解している技術者がいるって感じ。他のイヤホンでは出ない音域や音が非常に広く出ていて、隅々まで聴けるし、すごくクリア」と、音楽家ならではの視点で評価した。

20210412134418-c7ab1b79520d754c2bbc5b59c1fccaa38c884cd2.jpg
第3位はTaoTronics(タオトロニクス)の『SoundLiberty97』(税込3,980円)。
なんと3,980円のワイヤレスイヤホンが強敵を押しのけランクイン。すべての項目が8点以上という結果を出した。「ノイズキャンセリング」や「防水」など機能性は申し分なく、イヤホン単体で9時間の長時間再生が可能。音質についても「これはコスパがいい! 1万円ぐらいの音がしてる。これでこの値段だったら十分」と清塚さんも太鼓判を!

20210412134431-76c55141723bd2187baaf10e53b5e1f8b3d1b84a.jpg
第2位はBOSEの『Bose QuietComfort Earbuds』(税込33,000円)。BOSEはアメリカの老舗オーディオメーカー。フィット感は18機種中No.1で、独自技術の「ウィング付きイヤーチップ」が耳のくぼみにぴったりと合って外れにくく、付け心地を優先する人におすすめ。音質にも特徴があり、清塚さんは「音はすごくまろやかで、中音域に強いタイプ。ピアノなどのバラードにはぴったりだけど、イケイケのロックには美しすぎて合わないかも」と講評した。

関ジャニ∞が耳元で歌っている感覚!
20210412134446-d4c4e325eeec224214a351a49f4e27cdcefd0e05.jpg
そして今回、第1位に輝いたのはゼンハイザーの『CX 400BT True Wireless』(税込25,850円 ※番組調べ)。
ドイツのオーディオメーカー・ゼンハイザー。清塚さんが大絶賛した音質はもちろん、他の項目もほぼ9点と死角なし! これで関ジャニ∞の「無責任ヒーロー」を視聴した清水アナは、「メンバーのみなさんが私の耳元で歌っている感覚になるんです!」と、新体験の聞こえ方に驚いた。

スタジオではMCの丸山隆平が1位のゼンハイザーの『CX 400BT True Wireless』を試してみることに。すると普段からイヤホンやヘッドホンを利用している丸山でも、思わず「す、すげえ...」と目を丸くして絶句! 音質もフィット感もどんどん進化しているワイヤレスイヤホン。ランキングを参考に、ぜひお気に入りの一台を見つけてください!

★☆★☆★☆★☆★☆★☆
次回4月17日(土)は「袋麺しょうゆ味」を徹底調査!
「サタデープラス」はMBS/TBS系で毎週土曜あさ7時30分から放送中。お楽しみに!

【公式Twitter】はこちら
【公式HP】はこちら
★☆★☆★☆★☆★☆★☆

バックナンバー

番組ページ