MBS 毎日放送

2021年03月08日 16時30分 公開

ウイルス、花粉、ハウスダスト対策...圧倒的な強さをみせた「空気清浄機」総合1位はコレ!

様々な商品を長時間かけて調べ上げ、独自ランキングを紹介する「サタデープラス」の人気コーナー『ひたすら試してランキング』。3月6日の放送では、MBSアナウンサーの清水麻椰が「空気清浄機」を徹底調査! 12種類を測って、洗って、吸い取って…12時間かけて試したからわかった、サタプラ的おすすめベスト5を発表した。

いまや加湿機能付きは当たり前
20210308115821-47f339457fa5841b895e1852b0ac6e59ea3e4359.png
気になるウイルスや花粉、ハウスダストの対策として昨年から売れに売れているのが「空気清浄機」。しかし、「プラズマクラスター」や「ナノイーX」、「ストリーマ」など各社独自の機能もあってどれを選べばいいのか迷ってしまう...。そこで今回は、最新機種12種類を徹底比較! チェックポイントは、1)機能性 2)清浄スピード 3)センサー感度 4)静音性 5)メンテナンス の5項目で、各項目10点満点の合計点で総合ランキングを決定した。

20210308115957-5fd807035197254da7c8c3843fcf6ca1cc732a90.jpg
「機能性」のテストでは、使いやすさや便利な機能をチェック。いまや空気清浄機に加湿機能が付いているのは当たり前で、今回調査した12台のうち、6台が加湿機能を備えていた。そんな中、家電のベンチャー企業・シリウスの「Virus washer®」(税込98,780円)は、空気清浄機能に加え、殺菌消臭効果が期待される次亜塩素酸による空間除菌もできるという画期的な商品。使い方も、水道水に食塩を入れるだけでOKととても簡単だ。
それぞれの特性を比較した結果、「機能性」部門で1位に選ばれたのは、プラズマクラスターを搭載するシャープの『加湿空気清浄機 KI-NX75』(税込87,950円 ※番組調べ)。電源を入れると「頑張ります」とおしゃべりがスタート! AIが室内状況を音声でお知らせし、自動運転で快適な空気環境にしてくれる。

20210308120037-9ae812ef74d256ce6e7bdae68a04f71c9b8ec0a9.jpg
「清浄スピード」の調査では、1日の空気の汚れに相当するタバコ5本分の煙を、1立方メートルの箱の中に充満させて空気清浄機を起動。煙がなくなるまでの時間を計測した。どれも最新機種だけあって、12台の平均タイムは2分13秒という速さだった。中でも圧倒的なスピードだったのが、パナソニックの『加湿空気清浄機 F-VXT90』(税込105,600円 ※番組調べ)で、記録はなんと38秒。さらに、箱を開けて中を確認した清水アナは「一番においが消えてる!」とびっくり!

こうして12時間かけて空気清浄機を徹底調査。実際に試してわかった、買って失敗しないおすすめベスト5とは!?

独自技術で空気中のゴミやにおいを一瞬できれいに
20210308120057-8676a184c46c9815dd0b5188b81e2e684f7abc4d.jpg
第5位は、バルミューダの『バルミューダ ザ・ピュア』(税込57,200円)。
縦長タイプのシンプルなデザインがスタイリッシュな1台。お手入れも簡単で、「メンテナンス」部門では1位を獲得。ファンまで取り外して洗うことが可能だ。また、今回試した12台の中で唯一の機能が「パワフルモード」。航空機のジェットエンジン技術を応用したファンが大量の空気を循環させるので、51秒という速さで部屋のにおいを消し去ってくれる。

20210308120114-c838c497a009becc3e1293700f6fe2940388ce7e.jpg
第4位は、パナソニックの『加湿空気清浄機 F-VXT90』(税込105,600円 ※番組調べ)。
タバコの煙やにおいがたった40秒弱で一瞬にして消え、「清浄スピード」でトップに輝いた。その秘密は、3方向への立体的な気流を起こすことで、部屋全体の空気を効率よく循環させているから。さらに、独自技術である高濃度イオンの「ナノイーX」で気になるにおいを強力脱臭!

20210308120127-fb47c1d6de07ba00ad031aebc8d0e0499da1fdf2.jpg
第3位はダイソンの『Dyson Pure Humidify+Cool加湿空気清浄機』(税込88,000円)。
独創的なデザインが特徴のダイソンの空気清浄機。本体中央部にあるLEDディスプレイでは花粉やPM2.5、ハウスダストなど空気中の汚染物質の量をリアルタイムで表示し、フィルターの交換時期も教えてくれる。そして、空気中のゴミを吸い込むのは、ボディ部分の360度全方位フィルター。"吸引力のダイソン"と言われるだけあって、「清浄スピード」は56秒と申し分なし!

20210308120139-d97a12463b2a62ccabb5309c0587cf653e5ff86f.jpg
第2位はダイキンの『加湿ストリーマ空気清浄機 MCK70X-W』(税込57,800円 ※番組調べ)。
エアコンのトップメーカー・ダイキンの空気清浄機はすべての項目で高得点。特に「静音性」に優れ、その静かさは図書館や病室と同レベルの35.1デシベル。しかもこれだけ静かなのに「清浄スピード」も45秒と速く、12台中3位の成績だった。また清水アナが気に入ったのは、「のど・はなコース」を搭載していること。空気清浄しながらのどや肌に優しい湿度に自動調整してくれるので、「加湿にこだわりたいときに、このモードがあるとすごくありがたいです」。

他社を圧倒する機能が満載!
20210308120155-dc85ab9caf52bce594c3b57050424caac9b50bbc.jpg
そして第1位に輝いたのは、プラズマクラスターを搭載するシャープの『加湿空気清浄機 KI-NX75』(税込87,950円 ※番組調べ)。
全項目で9点以上、「機能性」「センサー感度」ではトップとなり圧倒的な強さをみせた。AIによる自動制御、「清浄スピード」は42秒で全体の2位。「センサー感度」では40秒という速さで空気の汚れを検知した。さらに「メンテナンス」も、一番外側にあるプレフィルターにたまったほこりを自動で掃除してくれるので手間いらず。しかも脱臭フィルターと集じんフィルターも10年間交換不要と、業界トップシェアも納得の1台!

ゲストの武井壮も「電気屋さんで一番おすすめのまあまあいいやつを持ってますけど、すぐ買い換えます!」と興味津々だったランキング。いまや一家に一台の必需品である空気清浄機、今回のテスト結果を参考に選んでみて!

★☆★☆★☆★☆★☆★☆
次回3月13日(土)は「シュークリーム」を徹底調査!
「サタデープラス」はMBS/TBS系で毎週土曜あさ8時から放送中。お楽しみに!

【公式Twitter】はこちら
【公式HP】はこちら
★☆★☆★☆★☆★☆★☆

バックナンバー

番組ページ