MBS(毎日放送)

「1歳で亡くなった息子へ」天国へ手紙を届ける『緑色のポスト』 彼岸に行われるお焚き上げで空へ"配達"

編集部セレクト

SHARE
X
Facebook
LINE

 彼岸の中日の9月23日。この日、亡くなった人への思いを綴った手紙が寺の境内にあるポストから空に向かって“配達”されました。

きっかけは“亡くなった子どもに宛てた母親の手紙” 故人と心をつなぐポスト

 京都府舞鶴市にある大聖寺の境内には「緑色のポスト」があります。亡くなった人に宛てた手紙だけを扱う特別なものです。このポストの存在を知り、手紙を投函しに来る人は少なくありません。
2.jpg
 (父に手紙を書いた女性)
 「『向こう(天国)に行ってみんなに会えましたか』とか、『下の息子がいま、一生懸命将来の夢に向かって頑張っているよ』というのを書きました」
3.jpg
 (夫に手紙を書いた女性)
 「こうやって手紙を書いて改めて向き合うことによって、やっぱりまだつながっているな、まだ家族だなということを実感できる」
4.jpg
 緑のポストが生まれたのは十数年前。賽銭箱として使われていたこのポストに、亡くなった子どもに宛てた母親からの手紙が投函されたことがきっかけでした。

 (大聖寺 松尾眞弘住職)
 「『お空の上で元気に遊んでいますか』『お父さんお母さんを見守っていてね』という、早くに亡くなられたお子さん、あるいは水子さんに対する手紙だということがわかりまして、これは何とかしてお届けせなとなって、ポストの前の護摩壇でお焚き上げをして届けた」

 それ以来、毎年春と秋のお彼岸にお焚き上げをして空に配達してきました。
5.jpg
 神戸市のこちらの一家も8年前に亡くなった家族への思いを届けにきました。
6.jpg
 (母・有希さん(34))
 「家族で出かけるときはずっと一緒にいるみたいに(写真を持ってきています)」

 長男の肴代(こうだい)ちゃんは、1歳1か月のときに原因不明の病で突然この世を去りました。去年、このポストの存在を知り、以来、家族みんなで訪れて肴代ちゃんと心をつなげています。

 (母・有希さん(34))
 「『9歳のお誕生日おめでとう』と」
 (父・真弘さん(34))
 「やっぱり姿がないという状況とこの世にいないというところで、ひとつでも向こうの世界とつながっているというのはすごく助けられるポストだなと」
7.jpg
8.jpg
 京都府宮津市に住む堀久美子さん(47)は、8年前に肝臓の病で弟を、3年前には母親を肺がんで亡くしました。共に暮らしていた母親とは、よく買い物や温泉などに一緒に出かける仲良し親子でした。

 母親が亡くなり、憔悴した堀さんを救ったのが緑のポストでした。3年間、毎月欠かさず母と弟の2人に手紙を書いてきました。

 (堀久美子さん)
 「ほんまの普通の日常的なことなので、別にこれといってないんですけど、そういうことを聞いてほしいんですね、やっぱり私が。手紙で思いを吐き出すということは精神的に楽になりましたね」
10.jpg
 そして9月23日、緑のポストに投函された手紙の供養が行われました。配達の時を、長男を亡くした神戸の家族や堀さんも見守ります。

 (堀久美子さん)
 「この手紙はきっと母と弟に届いていると思います」

 これまでで一番多い215通の思いが風に乗って天に上っていきました。

2022年09月26日(月)現在の情報です

今、あなたにオススメ

最近の記事

「顔も腫れあがり、髪の毛もむしり取られていた」妹が殺され償いを求めた遺族 加害者へ賠償求めても全額払われず 相手の口座に残っていたのはたった"931円"「憎みたくなくても憎んでしまう...今の制度では」

2024/05/19

"95歳のゲイ"が時代の変化を実感「ゲイの人がぎょうさんいるとは知らなかった」 かつては精神疾患とされた同性愛...差別・偏見の中で生きてきた人生

2024/05/19

大阪の初日は満席で立ち見も 映画『94歳のゲイ』主人公が参加して舞台挨拶「ありがとうございます、お礼を言わないと」 今後は京都や神戸でも上映

2024/05/18

『奈良の観光は、安い・浅い・狭い』マイナス面を三拍子で...こんな結論は誰が作った?奈良県観光戦略本部に聞くと

2024/05/18

ニュース週間アクセスランキング【2024年5月10日~5月16日】MBS NEWS DIG

2024/05/17

【カツめし】下町オカンの人情鉄板焼き 昭和20年創業!祖母から孫へ3世代で紡ぐ味 神戸・兵庫区「お好み焼 ひかり」

2024/05/16

格闘家に愛されるケーキ店!?減量中に食べる「筋肉カステラ」とは 店主は試作を繰り返して「40kgくらい太りました...」 母の日でにぎわう店内を定点観測

2024/05/16

「ペットも家族として弔いたい」転職して『ペット火葬』立ち上げ...メダカ・チンアナゴ・ウーパールーパーも遺骨を残す火葬 利用者「メダカだからとバカにせず扱ってくださってうれしかった」

2024/05/16

SHARE
X(旧Twitter)
Facebook