MBS(毎日放送)

3杯の白ご飯が日課!お米が大好きな9歳"ゆうちゃん"が挑戦する『米作り』300kgの収穫目指して今年は"秘策"も用意

編集部セレクト

SHARE
X
Facebook
LINE

 晩ごはんで3杯の白ご飯を食べるほど大のお米好きな9歳の男の子。その“お米愛”がきっかけで始めたのが米作りです。その奮闘する姿を取材しました。

白ご飯が大好き!9歳の新米農家『ゆうちゃん』

 神戸市西区にある大きな田んぼの中を歩く小さな男の子。おかっぱ頭が可愛らしい新宅佑輔君(9)です。みんなからは「ゆうちゃん」と呼ばれています。田んぼの土の状態を確認しているようです。
k2.jpg
 実はゆうちゃん、この田んぼで米づくりをする新米農家なんです。小学4年生の子どもがどうして米作りを始めたのでしょうか。
k1.jpg
 ゆうちゃんは地元・神戸市の小学校に通いながら週末は少年チームでラグビーをするわんぱくな男の子です。
k3.jpg
  (佑輔君)「ただいま~!」
 (お母さん)「おかえり~。お風呂はいって」
  (佑輔君)「いやだ」
 (お母さん)「あかん!」
  (佑輔君)「いや~!」
 (お母さん)「あかんドロドロやから。お風呂はいって~」
  (佑輔君)「いやで~す」
k4.jpg
 家でのゆうちゃんはいつもこの調子。そんなゆうちゃんが毎日楽しみにしていることがあります。それはお母さんがつくってくれるご飯。特に白ご飯が大好きなんです。

 (お母さん)「おいしい?」
  (佑輔君)「(うなずく)おかわり~!」
9.jpg
 取材した日もペロリと完食。毎食3杯おかわりするのが日課です。

自由研究のテーマで“米作り”を選び農家に弟子入り

 米作りはそんなお米への愛がきっかけで始まりました。

 (新宅佑輔君)
 「ママが『今年で3年生になるから自由研究何する?』『好きなものはなに?』って聞かれたから『お米』って言ったら、自由研究でお米を作ることになりました。とにかくお米を作りたくて」
12.jpg
 去年の自由研究のテーマで選んだ“米作り”ですが、都市部で生まれ育ったゆうちゃんにとって全てが初めてのこと。
14.jpg
 そこで頼ったのが知り合いの農家・中井知広さん(59)でした。

 (農家 中井知広さん)
 「お米をいっぱい作ってるよと教えてあげて、私が作ったお米をあげたんです。それでお母さんに炊いてもらって食べたお米が『とってもおいしい』と言ってくれて。『自分で作りたい』とゆうちゃんが言い出して。そんな子どもができひんやろうなと思って断っていたんです。でも何回もお願いされて、ああもうそれやったら教えてあげるわと諦めてね」

 こうして、ゆうちゃんが中井さんに弟子入りする形で米作りが始まりました。

去年の収穫量は目標に届かず…今年は“自由研究ではない”米作り

 小さな新米農家のためにと自宅から車で30分ほど離れた場所にある休耕田を無償で借りることもできました。
17.jpg
 地元の人たちの協力もあって、荒れ果てていた休耕田に稲穂が実り、いつしかそこは「ゆうちゃんの田んぼ」と呼ばれるようになりました。
18.jpg
 しかし台風や長雨の影響で稲が倒れ、収穫できた米は45kgと、目標だった300kgを大きく下回りました。その悔しさを晴らすため、今年は自由研究ではなく本格的に米作りに取り組むことを決めました。

 (新宅佑輔君)
 「今年(の目標)は300kgとることです。僕もひとりではできないし、みんなの力がないとあんまりできません」

「代かき」に「肥料作り」…田植えに向けた準備始まる

 今年3月、師匠の中井さんと久しぶりの再会を果たしたゆうちゃん。この日から田植えに向けた準備「代かき」が始まりました。苗が育ちやすくなるように土を砕いて水田を平らにする作業です。新米農家、2年目の米作りが始まりました。
o.jpg
 翌月からは天然の肥料「ぼかし」作り。魚の骨や米ぬかなどに池の水を入れて自然の力で発酵させる昔ながらのやり方です。
p.jpg
 (佑輔君と一緒に作業するお母さん)
 「ゆっくりゆっくりゆっくりゆっくり~」

 こぼしそうになりながらも水を入れてスコップで一生懸命かき混ぜます。
q.jpg
 この日は師匠の中井さんのお父さんも様子を見にやってきました。

 (農家 中井知広さん)
 「(Q本当の家族のように見えます)似とる。似てると言われる」

 そしてこんな本音もぽろり。

   (中井さん)「いつまでかなと思う。(米作りを)大人になってもしてくれたら」
 (中井さんの父)「農学校に行ってくれへんかなあ」
r2.jpg
 朝から夕暮れまでの1日作業。ひと仕事終えたゆうちゃんに“頑張ったご褒美”と近所の人がアイスクリームを差し入れ。ゆうちゃんもご満悦です。

 (新宅佑輔君)
 「(Q仕事終わりのソフトクリームはどう?)おいしいわ~やっぱ」

地域にも“活気”を与えるゆうちゃんの存在

 そしていよいよ田植えの季節がやってきました。6月17日、田植えの前日、ゆうちゃんはある場所に向かっていました。ここに今年の“秘策”があるそうです。
t.jpg
 (新宅佑輔君)
 「はい、とれた。(Qこれはなんて言うの?)カブトエビ」

 実は、去年雑草だらけになった反省を踏まえて、今年はカブトエビを使った農法を取り入れることにしたのです。田植え後にカブトエビを放ち、雑草が新芽のうちに食べてもらう無農薬農法の1つで、ゆうちゃんのためならと田んぼの所有者も“好きに使っていい”と言ってくれました。
u.jpg
 カブトエビ取りで泥だらけになったゆうちゃん。突然走り出しました。

  (佑輔君)「(足が汚れたので)水道かしてください」
 (近所の人)「はいはい」
v.jpg
  この地域に通いだして1年。もうすっかり溶け込んでいました。

 (近所の人)
 「ここら辺は小学生と言うたって人数が少ないからね。やっぱり見たら見ぬふりできひんからね。一生懸命してくれてるのにね」

 ゆうちゃんの存在は高齢者が多く暮らす地域に活気を与えていました。

2回目の田植え!師匠「手つきが違うでしょ」

 そして6月18日、迎えた田植え当日。

 (新宅佑輔君)
 「(Q田植えする気持ちは?)やりたいはよ!」
38.jpg
 恵みの雨が降る中、地元の子どもたちと一緒に約1万本の苗を植えました。中井さんもこの日はみんなの師匠になって大忙しです。

 (農家 中井知広さん)
 「初めての子どもを教えるのはほんまに大変。お米はどうしてできるのかというのを少しでもわかってもらったら。大変だと」
40.jpg
 ゆうちゃんにとって2回目の田植え。慣れた手つきで苗を植えていきます。

 (農家 中井知広さん)
 「(Qゆうちゃんは2回目の田植えですよね?)そうそうそう。やっぱりちょっと違うでしょ。手つきが違うでしょ」
42.jpg
 そしてゆうちゃんが捕まえたカブトエビを田んぼに放流しました。

 (カブトエビを放流する佑輔君)
 「いっぱい卵産んでね~」

 卵をいっぱい産んで雑草を食べてくれることに期待します。

田植えを終えた気持ちは?

 1日がかりで米作りの第一関門となる田植えを終えた2人。今の気持ちを聞いてみると…。

 (Qようやく田植えを終えましたが?)
  (佑輔君)「やっぱ長い」
 (中井さん)「いや、今からやで。今から収量に関係することが。まだまだこれからスタート。もっと大変。覚悟しておきなさい」
  (佑輔君)「え~(中井さんに)ついていくついていく」

 秋にたくさんの稲穂が実ることを夢見て、自分だけでなく周りの人も幸せにするゆうちゃんの挑戦は続きます。

2022年07月29日(金)現在の情報です

今、あなたにオススメ

最近の記事

「めんつゆ」ひたすら試してランキング ヤマキ?ヤマサ?出汁にこだわる京料理界のレジェンドも「ゆるぎなくトップ」と大絶賛した超定番商品が1位!【MBSサタデープラス(サタプラ)】

2024/07/24

変幻自在の食材『ニンジャペースト』コンニャク技術で高級食材「ウニ」誕生!?ベンチャー開発のきっかけは「糖尿病のおばあちゃんの食事制限」

2024/07/24

【相次ぐ竜巻注意情報】東京や大阪、京都や兵庫などに相次ぎ発表 もし竜巻が来たらどのように行動すれば?竜巻研究に日本人が貢献

2024/07/22

『ドクターイエロー』ファンの3歳男児が実物と初対面「かっこよかった」 一緒に見に来た父親「感動。僕の方がテンション上がっちゃいました」

2024/07/22

東京都知事選 ふわっとした民意つかんだ「石丸現象」メディアに突きつけたもの

2024/07/22

「本当に大切な存在だった。奪わないでほしかった」遺族が法廷で悲痛な叫び 高速道路で取締り終えた警察官 「ながらスマホ」運転のトラックに跳ね飛ばされ「即死」 被告はYouTubeを視聴 衝突3秒前にも画面をタッチ

2024/07/20

室内に『大きなシマトネリコ』植えた家 東京都内、限られた予算...狭小住宅を克服した秘策は4人家族のシンボルツリー【住人十色】

2024/07/19

【カツめし】秘伝の味を守る達人技光る!行列のぎょうざ専門店 三重・伊勢市『ぎょうざの美鈴』

2024/07/18

SHARE
X(旧Twitter)
Facebook