MBS 毎日放送

2019年10月05日 10時00分 公開

赤ちゃんがピタリと泣き止む!! 身近な〇〇音とは?

外出中の電車やバス、店内で赤ちゃんが泣きやまず困った…そんな“育児あるある”に画期的な解決方法があった! 9月29日放送の「林先生の初耳学」では、身近な“ある音”で赤ちゃんがピタリと泣き止む意外な事実を紹介した。スタジオを騒然とさせた驚きの効果とは?

スマホから流れる音で、赤ちゃんが泣き止む!
ゲストにまつわる問題に林修先生が挑戦する"初耳小テスト"。この日は、男性の妊活をテーマにした映画「ヒキタさん!ご懐妊ですよ」(10月4日公開)で初主演を果たす松重豊にちなみ、"赤ちゃん"に関する問題が登場した。
赤ちゃんは、一度泣き出すとなかなか泣きやまない。電車やバスの車内やレストランの店内などで泣きやまなくなってしまい困った...そんな経験を持つパパやママは少なくない。そんな中、「赤ちゃんを泣きやませるのに効果的」と子育て世代の間で話題になっているのが、"車のエンジン音"だという。
番組では実際に、泣いている2人の赤ちゃんにスマホでエンジン音を聞かせて実験。すると、2人ともエンジン音を耳にしたとたん泣くことをやめ、音を気にし始めた。これにはスタジオゲストの中島健人や千原ジュニアも驚きを隠せない。
そんなVTRのあと、"車のエンジン音で赤ちゃんが泣きやむ理由を答えなさい"と問われた林先生。「なじみの音が聞こえれば落ち着く。(赤ちゃんの)なじみの音といえば、お母さんのおなかの中で聞いた音」と回答し、みごと正解した。
林先生が解説したとおり、近年の自動車メーカーの研究で、車のエンジン音はお母さんのおなかの中にいるときの音と周波数が近いことがわかったのだという。このお役立ち知識に、子育て世代が鋭く反応。SNSではさっそく、視聴者からの「今度やってみよう!」「うちの子に試してみたら、本当に泣き止んだ!」といった声が上がった。

ペットボトルが人命を救う!?
もうひとりのゲストは、最近始めた"1日2リットル水を飲む美容法"のおかげでお肌の調子がいいと話すモデル・emma。"水"にちなみ、広く流通しているミネラルウォーターの銘柄「サントリー天然水」にまつわる問題が出題された。
じつは今、この「サントリー天然水」が人命を救うと注目されているという。いったい「サントリー天然水」がどうやって人の命を救うのか?
正解の「心臓マッサージの練習に使えるから」は林先生も初耳だったようで、「ほぉー!」とビックリ! 「サントリー天然水」のボトルは普通のペットボトルよりも弾力性があり、カラの500mlボトルにキャップをすると、心臓マッサージの訓練用人形と押し心地や固さがよく似ているのだという。
サントリーでは、このペットボトルを使って行う心臓マッサージの訓練用シートを専門家と共同開発するなど、心臓マッサージの訓練への取り組みにも積極的に活用している。このペットボトルを使った講習の参加者が、実際の人命救助に成功した事例もあるのだそう。
ミネラルウォーターのボトルを使った驚きの活用法に、林先生もスタジオの面々も何度もうなずきながら聞き入っていた。

     ◇

次回10月6日の放送は2時間スペシャル!『アンミカ先生が教えるパリコレ学2』に特別講師・コシノジュンコを迎え最終審査が行われるほか、橋下徹が高学歴ニートたちと激論を交わす!吉永小百合と林先生の対談も放送する。【動画】

「林先生の初耳学」はMBS/TBS系で毎週日曜よる10時放送。全国1億3千万人から募集した選りすぐりの知識を抜き打ちで林先生に出題。物知りの林先生でさえ知らなかったものを"初耳学"に認定する。https://www.mbs.jp/mimi/

「林先生の初耳学」では各コーナーの無料見逃し配信を実施しています!
アンミカ先生が教えるパリコレ学2
吉川美代子先生の女子アナ学
ギャル曽根のパティシエール学

バックナンバー