MBS 毎日放送

2021年02月08日 20時30分 公開

イチゴを傷つけないほどの優しい振動なのに洗浄力抜群!「電動歯ブラシ」総合1位は...!?

様々な商品を長時間かけて調べ上げ、独自ランキングを紹介する「サタデープラス」の人気コーナー『ひたすら試してランキング』。2月6日の放送では、MBSアナウンサーの清水麻椰が「電動歯ブラシ」を徹底調査! 15種類を磨いて、充電して、震わせて…12時間かけて試してわかった、サタプラ的おすすめベスト5を発表した。

口元が気になる時代にしっかり磨ける1台は?
20210208150919-f0a6ebc02a4ab80fe82644b1e154df4ca50fa303.jpg
マスクの着用が欠かせない今、口臭を気にする人が増えているそう。そんな中で注目を集め、需要が高まっているのが「電動歯ブラシ」。そこで今回は、初心者でも使いやすいスタンダードモデル、エントリーモデルを中心に人気の15種類を徹底比較した。情報の正確性を高めるため、助っ人として新大阪歯科衛生士専門学校の筒井莉奈先生が参加。先生も「効率的に時間短縮しながら落としにくい汚れにもアプローチするのでおすすめ」という電動歯ブラシのチェックポイントは、1)洗浄力 2)振動力 3)使いやすさ 4)ランニングコスト 5)機能性 の5項目で、各項目10点満点の合計点で総合ランキングを決定した。

20210208151427-a5f37c19cec339e65647de7a0aa5f0944fa77f66.jpg
「洗浄力」の調査では、歯の模型に赤色の人口プラーク(歯垢)を塗布し、2分間でどれだけ汚れが落ちるかをチェック。このテストで1位に輝いたのは、フィリップスの『ソニッケアー プロテクトクリーン〈プラス〉』(税込8,880円 ※番組調べ)。素早くプラークを除去して歯が白くなっていく様子に、清水アナも思わず「きれいすぎる」と感嘆! 高い洗浄力の秘密は、フィリップス独自のブラシ。湾曲した毛先が歯にフィットし、奥歯の噛み合わせ部分や歯の裏側までしっかり届いて磨くことができる。

20210208151023-8d1a998edc103e44a2be2d2ba76938a9af7e515e.jpg
電動歯ブラシには、1分間に3万回程の細かい振動で水流を起こして歯垢を除去する「音波振動式」と、ヘッドが回転し歯を包み込むようにして磨く「回転式」があるけれど、振動が強すぎると歯ぐきを痛めてしまうことも。そこで絶妙な力で磨けているか、イチゴを使って「振動力」を検証した。この部門の1位はオムロン ヘルスケアの『オムロン 音波式電動歯ブラシ HT-B324 メディクリーン』(税込19,668円 ※番組調べ)。イチゴの表面にブラシを当てると、軽い力でも果肉を傷つけずしっかり皮を取り除くことができた。ブラシがタテとヨコに細かく振動することでブラシが楕円の形に動いて、優しく歯垢を除去。先生も「理想的です」と太鼓判を。

また電動歯ブラシを使う上で見落としがちなのが、替え歯ブラシの値段。「ランニングコスト」では、メーカー推奨の交換時期から1年間で使用する本数にかかるコストを算出した。15種類の平均は約2,840円。そんな中で圧倒的な安さだったのが、アイオニック『イオンパ DM-011』(税込2,750円 ※番組調べ)。替えブラシ1本当たりの値段が193円で、1年で4本使っても772円(※番組調べ)といううれしい価格!

こうして12時間かけて電動歯ブラシを徹底調査。実際に試してわかった、買って失敗しないおすすめベスト5とは!?

小回りの良さや振動レベル調整で初心者も使いやすく
20210208151138-a4dfe50c43d713c961beada8a8419a5858da9656.jpg
第5位は、パナソニックの『音波振動ハブラシ ドルツ EW-DA44』(税込23,000円前後 ※番組調べ)。
パナソニックの音波振動式歯ブラシ。全体的にバランス良く点を集め、特に「使いやすさ」では9点を獲得。ブラシの首の部分が細く、ヘッドも薄型で「めちゃくちゃ小回りがききます。口の中で動かしやすい」と清水アナ。電動歯ブラシ初心者でも使いやすい1台。

20210208151219-66a5c8b5fdd1440ce3a36fb397ca0a48de03336b.jpg
第4位は、Oral-B by Braunの『ブラウン オーラルB ジーニアスX』(税込26,537円前後 ※番組調べ 2020年12月時点)。
AIを搭載するブラウン オーラルBの最上位機種。スマホのアプリにつなげると、なんと口の中のブラシの位置を判断し、磨く場所をガイドしてくれる。さらに3つのクリーンモードのほか、ホワイトニング、歯ぐきケア、舌クリーニングと機能が多彩。しかも回転式ならではのパワフルな洗浄力を発揮しつつも、ブラシ圧が強いと自動的にソフトな振動に変わる「加圧ストップ・コントロール」でダメージを防いでくれる。

20210208151236-d6cbee6519f38ce2f54f4d7ad8cfe5247a2b3926.jpg
第3位 フィリップス『ソニッケアー プロテクトクリーン〈プラス〉』(税込8,880円 ※番組調べ)。
13年連続で、歯科医・歯科衛生士の使用率No.1を誇るフィリップス。1万円を切る低価格ながら、圧倒的な洗浄力を見せた。歯の形状に合わせた特殊なブラシは奥歯の隅まで届き、1分間に3万1000回もの高速振動で激しい水流を起こし汚れをかき出す。その歯垢除去力は手磨きの最大7倍にもなるそう。

20210208151250-849fd0835618e2fc7143dbf84f203bb397588691.jpg
第2位 フィリップス『ソニッケアー ダイヤモンドクリーン 9000』(税込26,840円 ※番組調べ)。
3位に続いてフィリップスの上位機種がランクイン。他の電動歯ブラシにはない最大の特徴がヘッドブラシに使われたゴム素材で、柔軟性があるので毛先の振動が大きくなり、歯垢除去力は手磨きの最大10倍を生み出す。振動の設定も弱・中・強の3段階に調整が可能なので使いやすく、初心者にもおすすめ。

独自の振動力とブラシ、ヘッドの角度で磨きやすさ抜群!
20210208151316-64f891b6d820ac307c6035183af7ad569412d520.jpg
そして今回、第1位に輝いたのはオムロン ヘルスケアの『オムロン 音波式電動歯ブラシ HT-B324 メディクリーン』(税込19,668円 ※番組調べ)。
振動力でもトップになったオムロンの音波式は、ブラシの先端に硬い素材を使用し、独自のタテヨコ振動で手磨きでは落としにくい部分まで歯垢を除去してくれる。そして磨きやすさの秘密が、11度に曲がったブラシヘッドとネックの角度。また年4本ブラシを替えたとしても1,540円(※番組調べ)とリーズナブルで、ランニングコストの面でも使い勝手のよい1台だ。

MCの小島瑠璃子も「見たことないランキングなので面白かった!」というほど楽しんだ電動歯ブラシランキング。各社が独自機能を搭載し、進化が止まらない電動歯ブラシは一度使うときっと手放せなくなるはず。ぜひこのランキングを参考に、お気に入りの1台を見つけてみては?

★☆★☆★☆★☆★☆★☆
次回2月13日(土)は「ミートソース」を徹底調査!
「サタデープラス」はMBS/TBS系で毎週土曜あさ8時から放送中。お楽しみに!

【公式Twitter】はこちら
【公式HP】はこちら
★☆★☆★☆★☆★☆★☆

バックナンバー

番組ページ