MBS 毎日放送

2020年12月15日 11時30分 公開

「味がしゅんでる」関ジャニ∞丸山隆平も進化したインスタント味噌汁を絶賛!

様々な商品を長時間かけて調べ上げ、独自ランキングを紹介する「サタデープラス」の人気コーナー『ひたすら試してランキング』。12月12日の放送では、MBSアナウンサーの清水麻椰が「インスタントみそ汁」を徹底調査! 15種類のみそ汁を量って、注いで、味わって…10時間かけて試してわかった、サタプラ的おすすめベスト5を発表した。

美味しすぎて悩むほど高レベルな商品ばかり
20201214190119-77ce1f6ac61682711d87a51d39ad9f690c6a7f0d.png
忙しいときの食卓からお弁当のお供にと、寒い季節に大活躍してくれるのがお湯を注ぐだけで簡単に作れるインスタントみそ汁。しかし、一口にインスタントと言っても、生みそタイプやフリーズドライタイプなどさまざまな種類が...。そこで今回は、スーパーやインターネットで販売されている商品15種類を調理して飲み比べ。チェックポイントは、1)コストパフォーマンス 2)具材 3)作りやすさ 4)見栄え 5)味 の5項目。味の審査には、番組のフードコーディネーターである加藤友理さん・利博さん夫妻にも加わってもらい、各項目10点満点の合計点で総合ランキングを決定した。

まずチェックするのは、毎日飲むものだからこそ気になる「コストパフォーマンス」。カップタイプは1個当たりの値段を、複数入っているアソートタイプは、小売価格を個数で割って1食あたりの値段を算出した。15種類の1食分当たりの値段は平均約36円。そしてこの部門では、マルコメの『生みそ汁 料亭の味 お徳用21食』(税込213円 ※番組調べ)がトップとなった。1食あたり、なんと約10円。毎日食べても、1か月でたった300円ほど!

20201215104225-31fa4002770ee30c0847c114c17481da9b73c8f5.png
いつもは辛口評価が多くなる「味」部門。今回はフードコーディネーターの加藤友理さんも「すごい進化してますね」と驚いたぐらい、各商品がレベルの高さを見せつけた。カップタイプの旭松食品の『カップ生みそずい 長ネギ』や、アソートタイプのカルディコーヒーファーム『もへじ 産地の選べるおみそ汁』など絶賛される商品が相次ぐ中、この部門で堂々の1位に輝いたのが、アサヒグループ食品『アマノフーズ いつものおみそ汁 なす』(税込108円)。清水アナも口にした瞬間、思わずガッツポーズが飛び出したほどの美味しさ!

こうして10時間かけてインスタントみそ汁を忖度なしに徹底比較。清水アナも「今までで一番レベルの高い争い」とうなった、買って失敗しないおすすめベスト5とは!?

具材の大きさや野菜の色合いもポイント
20201215110419-891e5069b4cd6770cbfb1bde872f8436f94e454d.jpg
第5位は、永谷園『生みそタイプみそ汁 あさげ 徳用10食入』(税込324円 ※番組調べ)。
1974年から発売されているロングセラー商品。清水アナも「元祖。シンプルさがほっこりする」と味に太鼓判を。1食あたり約32円で、1か月食べ続けても1,000円に届かないほどのコストパフォーマンスの良さも高評価を得た。

20201215110434-95cc402b787a2f229557fceb0b4385672cc291db.jpg
第4位は永谷園『おみそ汁の大革命 野菜いきいき その1』(3食入り税込291円 ※番組調べ)。
特徴は、とにかく圧巻の具材の量! 平均量が約15gのところ、この商品は1杯に約50gも入っている。具材の内容は、キャベツ、長ねぎ、なす、油あげ、ワカメの5種類。大きめにカットした野菜をそのまま真空凍結乾燥することで、野菜本来の食べ応えと食感を実現している。

20201215110447-e493f88c2a52f7e877687b75b35e68e7a4c65afd.jpg
第3位はひかり味噌『綾糀 ふわりと香る十二割糀味噌と国産具材のおみそ汁 5種アソート20食』(税込877円)。
味部門で10点満点を叩き出した。具材は国産にこだわり、糀(こうじ)味噌にかつおぶし粉末、にぼし粉末を加え上品なうまみとコクをプラス。具材は「わかめととうふ」「野沢菜と油揚げ」「ぶなしめじとまいたけ」「海苔とあおさ」「ごぼうと油揚げ」という5種類が選べるのもうれしいポイント。

20201215110500-bd725fe8adfa8410f25a976154932c17f3660a0d.jpg
第2位はマルコメ『マルコメお徳用健康みそ汁野菜5食』(税込354円 ※番組調べ)。
味と見栄えがそれぞれ10点満点を獲得。具材は珍しいオクラのほか、キャベツ、にんじん、小松菜の4種類が入っている。調理みそは赤だしと白みそをブレンドし、風味豊かでまろやかな味に。清水アナもお椀のふたを開けた瞬間、「めちゃくちゃ色鮮やか! 色合いがキレイなので美味しそうに見えるし、具材1つ1つが大きい」と感激!

激戦の中でも他を圧倒する至極の味!
20201215110513-9e31ed1fe171fd60fd573ea43cfbb8b688c09ea8.jpg
そして、高レベルな戦いを制し第1位に輝いたのは、アサヒグループ食品『アマノフーズ いつものおみそ汁 なす』(税込108円)。
清水アナも「10点満点では足りない」と頭を抱えるほどの抜群の美味しさ。加藤さんも「おなすがとってもジューシーで美味しい」「むしろ手作りする方が大変」と一同称賛が止まらない。調理したてのみそ汁を冷凍後、真空状態で乾燥させるという独自のフリーズドライ製法で作りたてのおいしさを閉じ込めることに成功した至極の味。「食べたことのない人は絶対に食べてほしいし、ランキング史上一番圧巻の商品でした」。

以前「サタプラ」で取り上げたこともあって、1位の『アマノフーズ いつものおみそ汁 なす』を食べたことがあるというMCの丸山隆平も「なすはあまりチョイスしないんですけど、食べたら『あ、美味しいな』と。アマノフーズさんのはより味がしゅんでて(染みてて)、家ではなかなか味わえない味になってたから、1位は納得ですね」と感心。手軽さだけでなく、味もますます進化するインスタントみそ汁。ぜひ毎日の食卓にどうぞ!


★☆★☆★☆★☆★☆★☆
次回12月19日(土)は「加湿器」を徹底調査!
「サタデープラス」はMBS/TBS系で毎週土曜あさ8時から放送中。お楽しみに!

【公式Twitter】はこちら
【公式HP】はこちら
★☆★☆★☆★☆★☆★☆

バックナンバー

番組ページ