MBS(毎日放送)

Episode

Back number

第1話

黒瀬令児(荒木飛羽)は、17歳にして人生に絶望していた。引きこもりの兄と認知症の祖母、2人の世話で疲れ切った母・夕子(片岡礼子)との4人暮らし。不安定な家庭環境で大学進学もできるわけがなく、閉鎖的な田舎町で、幼馴染・秋山朔子(本田望結)や峰岸玄(堀夏喜)と、同じような毎日を過ごしていく…。「家族」「幼馴染」「将来」その全てが、令児をこの町に縛り付けていた。
そんな日々に嫌気がさしたある日、令児は運命の「彼女」に会う。それは、この町にいるはずのない憧れのアイドル・青江ナギ(北野日奈子)だった。
自分をこの町から解放してくれると直感した令児だったが、ナギが差し出した救いの手は、“心中”だった―。そして、ナギに誘われるがまま、令児が向かった先は…。
絶望の深淵アビスに漂う少年の、前代未聞のスーサイドラブストーリーがここに開幕。

第2話

憧れのアイドル・青江ナギ(北野日奈子)に心中を誘われ、肉体関係を持ってしまった黒瀬令児(荒木飛羽)。しかし、「ナギの夫」だという似非森浩作(和田聰宏)が突如現れ、一気に地獄に落とされる。動揺を隠せず、全力疾走で帰路につく令児だったが、帰宅すると、いつもと変わらない日常が待っていた。母・夕子(片岡礼子)からの指摘で、自転車を忘れたことに気づいた令児は、苦し紛れに言い訳をするが、そこに現れたのは…?!
絶望に満ちた生活は変わらず、峰岸玄(堀夏喜)からはまた嫌味を言われ…。苦しみ、怒りが沸いた令児が、向かった先は―。少年は、深淵アビスへ――。

第3話

担任・柴沢由里(松井玲奈)からの突然のキスに、頭が真っ白になる黒瀬令児(荒木飛羽)。そして、自分がしてしまった行動に動揺が隠せない由里は、何かが吹っ切れたように想いを吐露し始め、まさかの行動に出る。
一方、チャコ(本田望結)は、大好きな小説『春の棺』の作者・似非森浩作(和田聰宏)と偶然会い、ファンだということを伝える。「いつかと言わず今日から俺の担当になってよ」甘い言葉を掛けられ、人生最高に高揚するチャコ。
その頃、峰岸玄(堀夏喜)は青江ナギ(北野日奈子)と会っていた。そして、令児がナギと会っていた本当の理由を知ってしまい…?!
閉ざされた町で、複雑に絡み合う人間たちの“真っ暗な”心の内が、徐々に明らかに。少年は、本心アビスへ―…。

第4話

憧れの小説家・似非森浩作(和田聰宏)から抱きしめられ、関係を迫られた秋山朔子(本田望結)。突然の出来事に驚いた朔子は、そのまま部屋を飛び出してしまう。一方、黒瀬令児(荒木飛羽)は、担任の柴沢由里(松井玲奈)から1000万近い預金の入った通帳を渡され、そのお金で東京に行くことを促される。しかし、その代償として由里からは“ある条件”を提示される。そして放課後、朔子の家に遊びに来た令児は、朔子とお互いの秘密を暴露し懺悔する『告解ごっこ』をすることに。そこで朔子の意外な心の内を知ってしまった令児は、とある行動に出て…。少年は、深憂アビスへ―…。

第5話

青江ナギ(北野日奈子)と、ついに対面することになった秋山朔子(本田望結)は、憧れのアイドルに会えた喜びと、大好きな幼馴染・黒瀬令児(荒木飛羽)を心中に誘った張本人という事実に苛まれ、複雑な心境だった。そして、単刀直入に朔子はナギにあることを切り出す。一方、令児が町から出ようとしていると知った峰岸玄(堀夏喜)は、令児を連れ出し、令児の母・夕子(片岡礼子)の“ある秘密”を暴露し…?!衝撃の事実を知ってしまった令児は、担任の柴沢由里(松井玲奈)にお金を貸してほしいと懇願。だが、これが思わぬ方向に動いてしまう。幼馴染、教師、そして母親…令児への固執は、さらに大きく深くなっていき―。少年は、混迷アビスへ―…。

SHARE
Twitter
Facebook