MBS(毎日放送)

元暴力団組員キンちゃんが営む西成のうどん店『食事に本当に困っておられる方は一杯無料』恐喝や薬物を繰り返した過去から「お金ないから飯食えない、飯食えないから犯罪に」

編集部セレクト

SHARE
X
Facebook
LINE

 大阪・西成のあいりん地区で、生活に苦しむ人に、うどんを一杯無料で提供するうどん店があります。店主は元暴力団組員。なぜ無料うどんを始めたのか、そして来店する人たちの事情とは。

『食事に本当に困っておられる方 かけうどん一杯無料』

 大阪・西成。カウンターだけの小さなうどん店「淡路屋」。厨房に立つのは店主の大前孝志さん(48)。身長184cm、体重130kgの大前さんは、キンちゃんと呼ばれています。

 (客)「うまいっす」 
 (キンちゃん)「見た目怖い?」
 (客)「めっちゃ怖いです笑」

 (キンちゃん)「(漫画の)ビーバップ・ハイスクールの登場人物で大前均太郎っておったじゃないですか、体のデカい。同じ名字なんですよ。だからキンちゃんになったんです」
3.jpg
 キンちゃんは西成でちょっとした有名人。プライベートの出来事を発信するYouTube「西成キンちゃんのワッショイTV」が人気を集めファンが全国から訪れます。
4.jpg
 (客)「キンちゃんに会いたい、西成を見たいということで来ました。生キンちゃん初めてなんですよ」
 (客)「茨城県からです。感動しましたね。本当にいるんだみたいな」

 日雇い労働者の街には観光地の顔もあります。しかし生活に苦しむ人が多いことに変わりはありません。

 (客)「無職、無職。生活保護者や」
9.jpg
 そんな西成に店を構えて7年になります。店の立て看板にはこう書かれています。

 『食事に本当に困っておられる方、どなた様に限らず、かけうどん一杯無料にて提供させて頂きます。お子様も御遠慮なく、お声かけください。淡路屋 店主』
10.jpg
 一杯250円のかけうどん。新型コロナが世界を襲った2020年、客足が遠のき、余ったうどんを「捨てるくらいなら」という気持ちで始めました。

暴力団員だった過去 人生を変えたきっかけは…

 (キンちゃん)「ここらの人もお金ないから飯食えない。飯食えないからどないする。やっぱり犯罪、万引き、恐喝、そういったことになると思うんですよ」
13.jpg
 こう話すキンちゃん。高校を中退してすぐに暴力団に入りました。20代半ばで暴力団を脱退しましたが、恐喝や覚せい剤を繰り返し服役したこともあります。

 (キンちゃん)「(Q覚せい剤は完全に断ち切れている?)難しいですよ。やっぱりね、ジャブとかそういうのは体が覚えているでしょ。だからいまでも僕ら酒飲んで飲み過ぎたら思い出すもんね」

 39歳から事情があってフィリピンで2年間生活。しかし、異国の地で食べることに困り、ホームレスになったこともありました。過ちを繰り返す人生。現地の人が手を差し伸べてくれたことで心が変わりました。

 (キンちゃん)「海外なんて誰も知り合いいないし、飯食えないじゃないですか。じゃあどないすんねんってなった時、恐喝みたいなことをやっていましたね。それに対して現地の女の人が『おなか減ってないか、ごはん食べや』って、あのひと言はいまでも忘れられないですよね」
20240223_udon_youtube-000431334.jpg
 帰国後、真面目に生きようと店を始めたキンちゃん。コロナ禍で客足が遠のき、余ったうどんを捨てていましたが、フィリピンで救われた経験を思い出して“無料うどん”を始めました。

 (キンちゃん)「おなかさえ満たされとって住むところあれば、犯罪って少なくなるんちゃうかなと思うんですよね。俺も腹減っていたからそういうことしていたし」

空腹に耐えられず店に 年金暮らしの女性

 年の瀬に1人で店に来た女性がいます。従業員の亜衣さんが優しく声をかけます。

 (亜衣さん)「きょうは無料のおうどん?」
 (客)「いいの?」
 (亜衣さん)「大丈夫よ」
18.jpg
 (客)「すみません、いただきます」
 (キンちゃん)「いらっしゃい、こんにちは。いっぱい食べていってな」
 (客)「おいしいわ」
 (キンちゃん)「おいしい?よかったよかった」
 (客)「食べたいなと思ってここ通っているんやけどね、なかなか入られへんかった」
 (キンちゃん) 「声かけにくかった。遠慮せんと声かけてくれたらええで」
 (客)「ええの?」
 (キンちゃん)「かまへんかまへん」

 (客)「年金だけだから。家賃が4万7000円だけど2か月分払わないといけない。年金が2か月にいっぺんでしょ、9万4000円払っている」

 近くで一人で年金暮らしをする74歳の女性。空腹に耐えられず初めて店に入りました。年金は2か月分で13万円。家賃や光熱費を払うと残るのは2か月で3万円ほどです。

 (キンちゃん)「無理やでな」
 (客)「だからお米を買うのが精いっぱい。ごはんにみそ塗って食べてんねん」
 (キンちゃん)「ごはん食べるのはここで食べたらええからな。そのかわりうどんしか出ないで、ごめんやけど」
 (客)「それで十分や。本当にいい味している」

 久しぶりの温かい食べ物。ゆっくりと味わいます。

 (客)「西成の人は情があるもんな。みんなガラの悪いところと言うけどな。世話になってばかりではあかん。お返しもせなあかん」
 (キンちゃん)「お返しなんかいらん」

 キンちゃん、「いつでも食べにおいで」と声をかけ見送りました。

 (キンちゃん)「ちょっと話聞いたらつらいね。ただ単に横着して仕事していなくて生活保護を受けている、それで飯食えないからここで食べるという人もおれば、今みたいに過去に何かがあってこっちに逃げるように来た人もいる。『こんなおいしいの久々に食べたわ』と言われたら、ああうれしいって思う」

取引先からの未払いで経営が行き詰まり「所持金0円」

 (客)「会社経営しているんですけど、未払いで所持金0円の状態なので。(友達に)きょうもおごってもらっているんですよ」

 コンサルティング会社を営む男性。取引先からの支払いが滞り、経営が行き詰まりました。

 (客)「犯罪を犯したくなりますよ。本当にもう誰かが1万円落としていればすぐとりたい。実行しないのは理性があるからやと思うんです。でも理性が崩壊するまで貧困になってしまった場合には、もうやむを得ないと思う。僕も実感したので。大変なことは大変。どう生きていくか、僕自身が問われている」
22.jpg
 絶望の淵に立った男性を見守る友人。

 (客の友人)「おなか膨らませないと、そら無理やろという。僕は無料うどんは知っているけど、ちゃんとお金払って食べようかなと思って、2人分払ったらええやんと思っているからさ。ほんまにその時は一人で来られたらええと思うし」

 西成に集まる人はそれぞれ事情を抱えています。

東京の職場でのパワハラで…逃げるように西成へ来た女性

 カウンターに若い女性が一人。無料のうどんを食べていました。33歳のアオイさん(仮名)。東京の飲食店で働いていましたが、上司からパワハラを受けて、数日前に逃げるように西成にやってきたといいます。

 (アオイさん)「すごく温かいものを久しぶりに食べました。食事はカツカツにしないと無理で、食べられても1日1食とか。西成だったら助けてくれる人がいるかもしれないと思って。うどん屋さんはグーグルで調べたんですよ。一か八かで行ってみようかと思って」

 所持金はごくわずか。スマートフォンのキャッシュレス決済に友人から送金をしてもらい、ネットカフェやゲストハウスに泊まっています。

 (アオイさん)「この世の中ってお金が必要じゃないですか、食べるにしても。お金がない自分たちにとっては、ああやって無料で提供してくださるのは本当にうれしいです」

 アオイさんは今後、大阪に住み、職に就こうと考えています。
24.jpg
 (キンちゃん)「ほんまに何度も悪い事してきたので、どっかで何かで返せたらというか。それはただの自己満足なのかわからないけど。俺がここの店を元気にやっている限りはずっとやっていこうかなと思っている、無料をね」

 元暴力団員が提供する一杯のかけうどん、西成で生きる人たちの支えになっています。

2024年02月26日(月)現在の情報です

今、あなたにオススメ

最近の記事

【食中毒】この土日は汗ばむ初夏の陽気...春の行楽シーズンからは"細菌性が増" 下痢止めはNG?薬剤師でもある気象予報士が「予防の3原則」も解説【MBSお天気通信】

2024/04/13

花見は今週末がラストチャンスも「季節外れの暑さ」に注意! "のんびり開花"の原因は3月の気温か...平均気温がほぼ2月並み【MBSお天気通信】

2024/04/13

令和に新発売、懐かしのラジカセ 音のチープな感じがいいと若者が買い求めるカセットテープに人気アーティストもアナログ回帰

2024/04/12

建坪9坪でも大人数が集える部屋!巨大ダイニングテーブルとワゴンに工夫と秘密を詰め込んだ、料理好き夫妻の"おもてなしハウス"【住人十色】

2024/04/12

【カツめし】新鮮&豪快!レパートリー無限の日替わり市場めし 市場で働くプロも大絶賛「大阪市中央卸売市場 大輝」

2024/04/11

ヒノキ花粉シーズン真っ只中!くしゃみをガマンすると危険?医師「くしゃみを無理におさえると別の病気につながるケースも」【MBSお天気通信】

2024/04/11

元TBSアナウンサーはなぜ教育長に?久保田智子さんに聞く...新たな職にかける想い「子どもを直接支援するのはメディアにいるとできない」そこに深く関わる『特別養子縁組』の経験

2024/04/11

【リニア中央新幹線】奈良・三重では駅やルートの調査動き「リニア来てほしい」鉄道アナリストは「東海道新幹線は限界...第2ルートに」静岡・川勝知事が辞表提出で...早期開業に期待の声

2024/04/10

SHARE
X(旧Twitter)
Facebook