座員紹介

「よしもと新喜劇」に出演中の座員の皆さんを順番にご紹介します。ベテランから若手まで90人以上の座員を抱える吉本新喜劇。かつて「吉本ヴァラエティ」と言われた頃の話や、初舞台の話、今まだ舞台の端にしか立てない若手の夢まで、さまざまな話から新喜劇の現在・過去・未来が見えてくればと思います。

NSC21期生、漫才コンビ「カナリア」として東京で活躍、M-1グランプリ決勝にも進出したボンざわーるどさん。自身の目指す笑いを求めてコンビを解散、ピン芸人を経て、生まれ育った大阪に戻って新喜劇に入団することに。実は17年前に小籔座長から誘われていたことが!? 素顔は子煩悩で家族思いのボンざわーるどさんに話を聞きました。

第102回 ボンざわーるど
新喜劇って、毎日毎日芸人が闘える場所なんですね。
―芸人になろうと思われたのはいつ頃ですか? 僕、今41歳なんですけど、決意したのは18歳の高校生の時ですね。大阪の阿倍野出身で、小学校、中学校、高校の文化祭とか修学旅行でずっと…。
SHARE
Twitter
Facebook