座員紹介

「よしもと新喜劇」に出演中の座員の皆さんを順番にご紹介します。ベテランから若手まで90人以上の座員を抱える吉本新喜劇。かつて「吉本ヴァラエティ」と言われた頃の話や、初舞台の話、今まだ舞台の端にしか立てない若手の夢まで、さまざまな話から新喜劇の現在・過去・未来が見えてくればと思います。

金の卵7個目の前園健太さん。25歳で俳優を目指してNSC大阪タレントコース1期生に。が、大阪には仕事があまりなく、東京へ行くか迷っていた時に、オーディションを受けて新喜劇へ。殺陣を習ったり、30歳を過ぎてバイオリンに挑戦したり、周囲からは「ヘンな奴やな」と言われるという前園さんに話を聞きました。

第107回 前園健太(まえぞの・けんた)
自分ではわからないんですが、「ヘンな奴やな」とよく言われます。
―NSC大阪タレントコース1期生ですね。 もともとはお芝居に興味がありまして、「俳優をやりたいな~」と思って、ネットとかで検索してた時に、たまたま「NSCタレントコースが出来ます」というのを見つけて…。
SHARE
Twitter
Facebook