MBS 毎日放送

座員紹介

「よしもと新喜劇」に出演中の座員の皆さんを順番にご紹介します。ベテランから若手まで90人以上の座員を抱える吉本新喜劇。かつて「吉本ヴァラエティ」と言われた頃の話や、初舞台の話、今まだ舞台の端にしか立てない若手の夢まで、さまざまな話から新喜劇の現在・過去・未来が見えてくればと思います。

NSC27期生の大黒ケイイチさん。NSC卒業後、一旦お笑いを辞めて東京でタレント活動をしていた時、たまたま深夜に見た「新喜劇」でお笑いへの思いが再燃。心機一転、大阪へ戻って8個目のオーディションに合格。が、“男前”と思い込み、なかなかプライドを捨てられなかったとか。
「しくじりの日々」を語ってもらいました。

第88回 大黒(だいこく)ケイイチ
やっとプライドもなくなって、今、新喜劇がメチャメチャ楽しいです!
―もともとお笑いが好きだったんですか? 興味を持ったのは、小学校の時ですね。父親が「お笑いネットワーク(読売テレビ)」という漫才番組を見てて、その頃から、夢路いとし・喜味こいし師匠とかが好きで、小づえ・みどり師匠とかも…。