MBS(毎日放送)

Back number

Episode

全体あらすじ

「これまでの人生が特に不幸だったとは思わない。でも……」
私立高校で非正規美術講師として働く佐藤民生(34)(渡辺大知)は、非モテの人生を歩む自分にコンプレックスを抱えながら生きている。せめて人並みの幸せがほしい、とマッチングアプリで婚活に勤しむも非正規を理由になかなかうまくいかない。
さらに、追い打ちをかけるように講師の仕事も契約が打ち切りに。次こそは正社員に、と意気込んで挑んだ就活も苦戦。まさに人生ドン詰まり状態。
そんな失意のある日。ふと入った風俗店で出会った女性・せりか(工藤遥)に一目ぼれ。お金や肩書など関係ない“運命の出会い”を感じ、店に通いつめるようになる。
客と風俗嬢という関係から始まった民生の恋。
せりかとの関係は徐々に接近していき、念願の恋人同士の“ような”関係になるも、せりかとの恋は民生に容赦なく現実を突きつけていく。
肩書、年収、年齢、世の中から求められる一般的な男性像。さらに、コンプレックスにまみれた自分の内側。目を背けることのできない現実に惑う民生が求める、真実の愛とはなにか。運命の恋はどこにあるのか。
“ありのままの自分”を認めてほしい。愛してほしい。
恋愛弱者のロマンス、ここに開幕!!

第一話

高校の非正規講師である佐藤民生(渡辺大知)は、学生時代に付き合った彼女と別れて以降、独り身が続いている。非モテの自分から抜け出したいと婚活に励むも、非正規を理由に相手にされず……。さらに講師の仕事の契約終了が決まっているが、就活もうまくいかない。
そんな自分を慰めるように入った風俗店で出会った風俗嬢・せりか(工藤遥)に一目ぼれ。せりかに運命を感じた民生は、風俗店に通いはじめる。いつも明るく笑顔のせりかに民生はどんどん惹かれていき、ついに店外デートの約束をとりつける。
デート当日。恋人のようにデートを楽しむ二人は自然といい雰囲気に……。
民生のせりかに対する気持ちも最高潮に盛り上がるが、せりかにはある秘密があって――。

第二話

せりか(工藤遥)が人妻だと知り、落ち込む民生(渡辺大知)。芝内理加(内田理央)はそんな民生を心配し正論で慰めるも、民生のせりかへの気持ちはますます盛り上がってしまう。
そんな民生の気持ちを知ってか知らぬか、せりかは何事もなかったように民生に会いにやってくる。民生が夫について尋ねると、せりかは夫との出会いから結婚生活まで、まるで他人事のように平然と民生に話しはじめる。彼女は幸せではないのでは……?そう思い始めた民生は、ますますせりかにのめりこみ、ついには自宅にやってきた民生の母ともせりかは対面。
自分を“民生の彼女”と話すせりかに母は大喜び。
すっかりせりかを気に入った母は、せりかを“息子の彼女”として実家に招待するが――。

第三話

突然、態度が変わったせりか(工藤遥)に動揺する民生(渡辺大知)
メッセージは無視され、風俗店ではNG客扱い。せりかに会う事ができなくなってしまう。
せりかとの幸せな未来を夢見ていた民生はその事実が受け入れられず……勤務あがりのせりかを待ち伏せ尾行、せりかの自宅をつきとめる。
しかし、そこにはせりかの大きな「嘘」が隠されていた――。
せりかの真意が分からず落ち込む民生。せりかのことを諦めようとするも、それはそう簡単な事ではなく……。心の隙間を埋めるように、ただただせりかの絵を描き続ける。
しかし、再びの就活失敗により自暴自棄になると、すがるようにせりかにメッセ―ジを送ってしまう。すると、それまでずっと既読スルーだったせりかからすぐに返信がくる。
途端に気持ちが復活。盛り上がる民生は、とある行動にでるが――。

第四話

なっちゃん(小野花梨)と同棲を始めた民生(渡辺大知)であったが、せりか(工藤遥)を忘れられず心の中は寂しいまま。
芝内(内田理央)の結婚式にて唯一の元カノ・えんちゃん(小林涼子)と再会。自分と同じように寂しさを抱えるえんちゃんを見て、なぜか民生は苛立ってしまう。
そんな苛立ちと寂しさを埋めるように、次々といろんな女性と関係をもっていく民生。
女性たちとのセックスは一瞬の高揚をもたらすものの、それはすぐに虚しさに変わってしまい……。かつて自分が女性たちにされたように、女性を肩書、年齢、女性としての価値で品定めしながらも、ただひたすらに女性たちの温もりに溺れて行く。
そんな民生の行動を知ってか知らずか、一緒に暮らすなっちゃんはいつも明るい笑顔で民生を迎え入れる。しかし民生は、その笑顔を心から受け入れる事ができず――。

最終話

深まっていくなっちゃん(小野花梨)との関係。不遇な生い立ちと環境に置かれつつも前を向くなっちゃんを見て、民生(渡辺大知)はこれが自分にとって“ちょうどいい幸せ”なのかもしれない、と思い始める。
一方、民生との出会いにより、諦めていた“穏やかな幸せ”を夢見始めたなっちゃん。風俗で民生以外の男性と肉体的に接触する事が出来なくなってしまう。
そんななっちゃんの変化に気付かない民生の心の中には、未だせりか(工藤遥)の存在が大きく影を落としていた。
寂しさを埋めるように寄り添う民生となっちゃんの前に、ついにせりかが現れる。心乱れる民生が再び風俗に癒しを求めると、そこに嬢としてやってきたのは意外な人物で――。
現実に惑い続けた民生が辿り着いたのは、果たして運命の恋なのか。

SHARE
Twitter
Facebook