林 要

ロボット開発者 Vol.1033

201812.23
11:15

「愛される」ためだけに生まれた革新的な家庭用ロボットとは?開発舞台裏に1年間独自密着!

ロボット掃除機やスマートスピーカーなど、私たちの身の回りの生活家電に俄かにAIが搭載されるようになり、全てのものがインターネットで繋がる「IOT」という言葉が使われるようになって久しい。「ロボット」を人間の生活を快適にする実用的な機械とするならば、林要が開発しているのは"人間に愛されるための機械"、その名も「LOVE」と「ROBOT」を掛け合わせた「LOVOT(ラボット)」だ。
愛くるしい外見とは裏腹に、最先端の技術が詰まった超精密な機体を持つが、荷物を運ぶわけでも、運転をするわけでもない。ただ「愛される」ことを目的とした存在...。いわば"役に立たないロボット"の開発を林は丸3年かけて秘密裡に進めて来た。
幼いころから機械いじりが大好きで技術工学系の大学院を卒業後、大手自動車メーカーや通信会社でエンジニアとして活躍を続けてきた林は2015年、家庭用ロボット事業を手掛けるベンチャー企業を立ち上げた。これまでのロボットの概念を覆すLOVOT開発への挑戦には、次世代の日本の産業を見つけたいという昔年の思いとともに、彼が少年時代から感じ続けていた"ある理由"があった。
番組では、約1年間にわたり開発過程を独自取材。「命はないのにあったかいロボット」がついに秘密のヴェールを脱ぎ、この世に誕生するまでの十月十日をじっくりご覧戴きたい。

KANAME HAYASHI

1973年愛知県出身。エンジニアだった父の影響で「風の谷のナウシカ」に登場する飛行装置「メーヴェ」の虜になる。東京都立科学技術大学(現・首都大学東京)大学院卒業後大手自動車メーカーに入社。その後大手通信会社のエンジニアを経て2015年家庭用ロボット事業ベンチャーのGROOVE Xを設立。現在開発中のLOVOTを12月18日に正式に製品発表し、予約受付を開始する。45歳。

BACK NUMBER

このサイトをシェアする