いつか帰れる日まで~異国で願うミャンマーの民主化~

2021年6月27日(日)放送

いつか帰れる日まで~異国で願うミャンマーの民主化~

2021年2月、ミャンマーで国軍のクーデターが起こり、これに反対する民間人と軍との衝突が激化。多くの民間人が、犠牲になっている。 日々、流れる祖国の映像を大阪で見ながら、行く末を案ずる男性がいる。アウン・ミャッ・ウィンさん、47歳。大阪市でミャンマー料理店を営んでいる。
今回のクーデターで技能実習生や留学生など若い在日ミャンマー人たちは、難しい問題に直面する。ミャンマーで民主化運動に参加した親族が逮捕された状況では、自分もミャンマーに帰ったら拘束されるのではないか、というのだ。
さらに技能実習生として日本で働く人たちの中には、コロナ禍で勤務先から解雇されるケースもあり、生活に困窮する人は少なくない。ウィンさんは、自らが営む料理店でこうした若いミャンマー人の相談に乗り、時には仕事や住まいを提供するなどしている。
ウィンさん自身、14歳から民主化運動に参加。1989年にアウンサン・スーチー氏が、自宅軟禁されるとウィンさんは、活動家として狙われるようになり1995年、逮捕された。その後、ブローカーを介して祖国を脱出。幸いにも2004年、日本で難民認定された。
祖国の動向を憂いながらも、在日ミャンマー人たちの力になりたいと取り組むウィンさんを通して、祖国ミャンマーと日本の間で揺れ動く人たちのいまを描く。

次回は、9月26日(日)深夜 0時50分から放送

学知と骨~琉球人骨返還訴訟が問うもの~

学知と骨~琉球人骨返還訴訟が問うもの~

映像’21は、1980年4月に「映像’80」のタイトルでスタートした
関西初のローカル・ドキュメンタリー番組です。

月1回、それも日曜日深夜の放送という地味な番組ながら、ドキュメンタリーファンからの根強い支持を頂いており、2020年4月で放送開始から40年になります。
この間、番組は国内外のコンクールで高い評価を受け、芸術祭賞を始め、日本民間放送連盟賞、日本ジャーナリスト会議賞、更にはテレビ界のアカデミー賞といわれる国際エミー賞の最優秀賞を受賞するなど、輝かしい成果を上げてきました。また、こうした長年にわたる地道な活動と実績に対して、2003年には放送批評懇談会から「ギャラクシー特別賞」を受賞しています。
これからも「地域に密着したドキュメンタリー」という原点にたえず立ちかえりながら、より高い水準の作品をめざして“時代を映す”さまざまなメッセージを発信し続けてまいります。

トップページへ
SHARE
Twitter
Facebook