職場で死なせない ~過労死家族の終わらぬ闘い~

2018年5月27日(日)放送

職場で死なせない ~過労死家族の終わらぬ闘い~

内野博子さんは2002年、30歳の夫を過労死で亡くしました。認められるまで、辛く長い闘いを強いられました。その経験から過労死家族の力になれればと去年「名古屋過労死を考える家族の会」の代表になりました。子育てと仕事を両立させながら、支援を続けています。そんな中、安倍政権が、働き方改革を標榜し、長時間労働に上限を設ける法案を国会に提出することになりました。しかし、上限は過労死ラインに設定され、内野さんたちを失望させました。
いま裁判では、過労死ラインに届かなくても個人の事情を考慮し、過労死が認められる時代になりました。粘り強い過労死家族たちの取り組みが、少しずつ報われ始めているのです。しかし、国が長時間労働の上限を過労死ラインに定めてしまうと過労死認定のハードルが引き上げられはしないかと内野さんたちは危惧します。
去年秋の国会で法案が提出されようとしていましたが、突然の衆議院解散で法案提出は延期。さらに裁量労働制に関するデーター問題や森友学園問題などで議論は、一向に深まりません。内野さんの日常を見つめながら、この国のこれからの働き方を考えます。

次回は、12月 5日(日)深夜 0時50分から放送

映像シリーズ500回スペシャル ~時代を映し続けて~

映像シリーズ500回スペシャル ~時代を映し続けて~

映像’21は、1980年4月に「映像’80」のタイトルでスタートした
関西初のローカル・ドキュメンタリー番組です。

月1回、それも日曜日深夜の放送という地味な番組ながら、ドキュメンタリーファンからの根強い支持を頂いており、2020年4月で放送開始から40年になります。
この間、番組は国内外のコンクールで高い評価を受け、芸術祭賞を始め、日本民間放送連盟賞、日本ジャーナリスト会議賞、更にはテレビ界のアカデミー賞といわれる国際エミー賞の最優秀賞を受賞するなど、輝かしい成果を上げてきました。また、こうした長年にわたる地道な活動と実績に対して、2003年には放送批評懇談会から「ギャラクシー特別賞」を受賞しています。
これからも「地域に密着したドキュメンタリー」という原点にたえず立ちかえりながら、より高い水準の作品をめざして“時代を映す”さまざまなメッセージを発信し続けてまいります。

トップページへ
SHARE
Twitter
Facebook