MBS(毎日放送)

ドラマイズム「明日、私は誰かのカノジョ Season2」

  • Introduction
  • Episode
  • Character
  • Cast/staff
  • Music
  • Original
  • On Air/Stream

\follow us/

Twitter

Instagram

TikTok

Episode

全体あらすじ

登場人物たちのリアルすぎる心理描写が話題となった、「明日、私は誰かのカノジョ」の続編ドラマがついに開幕。
シーズン1に登場した、ゆあの前日譚を描く特別編も映像化。

生活費、学費を自分で稼ぐために高級ソープランド店で働く女子大学生の留奈(茅島みずき)は、ある日人気歌い手アイドルの隼斗を接客する。メンタルが弱く、SNSでの誹謗中傷に悩んでいた隼斗はリピーターとなり、悩みを聞いているうちに、二人は店外でも関係を持つことに。そんな二人はどんどん深みにハマっていくが……。
また、留奈と同じ店で働く江美(入山法子)は、元バンギャルでスピリチュアル信仰のある40代女性。父の死去に伴い実家に戻るも、心酔する占い師の導きにより地元のスナックで働くことに。そして、その店の常連である岩崎に関係を持ちかけられ……。
何かにすがることを否定してきた女性と、何かにすがりながら生きてきた女性、それぞれの幸せとは――。

特別編 前編

ゆあ(齊藤なぎさ)は田舎町で暮らす高校生。田舎という狭いコミュニティの中、噂話や陰口が絶えないこの町の生活に嫌気がさしていた。父親は外で家庭を作り、体調の悪い祖母と2人で暮らしているゆあだったが、友達のみぽつとこの町を出て東京へ行くことを日々夢に見ている。そんなある日、ゆあは東京に遊びに行ったときにナンパをしてきた俊介と一夜を共にしてしまう。帰り際に1万円を渡され、複雑な気持ちになるゆあ。後日、みぽつに会いに行ったゆあだったが、帰宅すると祖母が倒れているのを発見し、祖母はそのまま帰らぬ人に。祖母をおいて家を開けてしまった自分を責める中、父親が金目のものだけ手にして出ていこうとする姿を見て憤慨するゆあは、精神的に限界を迎え、手元にあるお金を持ち、そのまま東京へ向かう。しかし、頼りにしていた俊介にも連絡を絶たれ、行く当てもなく新宿を1人彷徨うことに。するとある男性が声をかけてきて……。

特別編 後編

スカウトの牧(本田響矢)に声をかけられ、夜職を始めたゆあ(齊藤なぎさ)。ガールズバーなど接客が性に合わず、寮のあるデリヘルで働くことにしたが、地元の友人・みぽつからの連絡にはガールズバーの仕事を始めたと嘘をつく。気が晴れないゆあを気にかけ、牧はデートに誘う。牧は大学の学費を払うためにスカウトの仕事をしているが、3月になったら就職しすっぱりスカウトの仕事は辞めるというが、ゆあのことは放っておけないと、ゆあが稼げるように全力でサポートすることを誓う。頼れる人がいないゆあは、牧と過ごす時間がかけがえのないものとなっていく。牧はゆあも4月から昼間の仕事ができるようにと、短期間で稼げる出稼ぎに行くことを提案する。牧との約束を心の支えに、日々仕事を頑張るゆあ。ある日出稼ぎから帰ってきても、いつものように牧から返信がないことに気づき、電話をかけてみるが……。

第1話

女子大学生の留奈(茅島みずき)は、生活費、学費をなど全てを自分で稼いで生きていくために高級ソープランド店で働いていた。そんなある日、団体客の一人で若くてイケメン風の隼斗(綱啓永)を接客することに。隼斗は若いながらもハイブランドに身を包み、客商売をしていると言い、いかにも訳ありな様子だが、留奈は客の一人として通常通りに接客する。
その後、思いがけずも隼斗から再度予約が入る。しかし、現れた隼斗は生気がなくやつれた様子。心配になって話をきくと、隼斗は実はバシモトという名で活動する人気の歌い手アイドルということが判明。しかも、昔交際していた女性からSNSで過去の写真を晒され、炎上しているという。彼を不憫に思った留奈は親身になって相談に乗っていくうちに、隼斗から店外でのデートに誘われる。
営業活動の一環として誘いに乗る留奈だったが、良い雰囲気の会員制のバーで飲みすぎて、帰りのタクシーで寝てしまい……。

第2話

お酒の勢いで隼斗(綱啓永)と一夜を共にしてしまった留奈(茅島みずき)。朝すぐに帰ろうとするも「夜までいない?」という隼斗の誘いに負け、二人で時間を過ごすことに。しかし、勤めるソープランドの常連客からの連絡により現実に引き戻され帰宅する。そんな留奈は、友人からのアドバイスもあり、一度は自分を律してソープの仕事に集中しようと決意するも、やはり上の空になってしまう。
そんな留奈に対して隼斗は、「会いたい」とまっすぐなメッセージを送ってくる。もう店には来ないだろうから会うメリットがないとスルーしようとするも、粘る隼斗に根負けし、結局デートをすることになり、そこで二人は付き合うことに。
次第に二人の仲は深まっていき、いつしか留奈は隼斗の家に入り浸るように。しかし、そんな隼斗との関係が深くなるにつれて、ソープの仕事に後ろ向きな気持ちが芽生え、留奈はプライベートと仕事のバランスに悩みを抱えるようになる。

第3話

歌い手アイドルグループ“エルスト”のメンバー、バシモト(綱啓永)のファンの女子高生・心音(新井美羽)は、バシのフォロワーの中から、女子大生で風俗嬢の留奈(茅島みずき)の仕事アカウントを発見し、そのアカウントをファンの掲示板に晒してしまう。
一方、交際を続ける留奈と隼斗は、人目につかないよう家デートを重ねていたが、ついに二人で買い物に行くようになる。
交際をキッカケに、隼斗は留奈への想いを作詞作曲し、周りからも評価されはじめ、自信を取り戻していく。対して、留奈は、プライベートと仕事のバランスに悩みを抱えて、仕事での稼ぎが落ち始めてしまう。拠り所にしていたお金が目減りしていくことに恐怖を感じ始める留奈だったが、隼斗への想いを捨てられず、ついにソープの仕事を辞めたいと思いだす。そんな折に、隼斗から「仕事を辞めて欲しい」と切り出され…。そして、ネット上では心音が晒した留奈の仕事アカウントがついに…。

Back number

  • 全体あらすじ
  • 特別編 前編
  • 特別編 後編
  • 第1話
  • 第2話
  • 第3話
SHARE
Twitter
Facebook