和名・こえんどろ

2017年5月 9日

特にパクチー好き、
ということでもないんですが。

むしろ昔は嫌いだったものが
いつからか大丈夫になった、
という程度なもんで。

ただ世間では空前絶後のパクチーブーム。
どちらかというと女性にファンが
多いようで、
そもそも女性と男性では
味覚に差があるのか、
なんてことが気になったり。

そんな時にコンビニで見つけたのがこれ。

2c38c754c80f333433ffe51ce96557f2c49cfad5.jpg

とうとうこんなものまで登場したのか。

ただただ興味だけで手にとって
レジで購入して、、、

このパクチーチップスと飲み物と
ゼリーかなんか買って
だいたい500円前後かな、
との予想を大幅に上回って
レジで告知されたのは930円!

???

なぜそんなに高い?!

思わずレシートをその場でまじまじと
眺めて発見、
なんと!
パクチーチップス400円以上もしてる!

いや、なかなかどうして。
かなりの高級お菓子じゃない。

値段よく見ずに買ったこちらも悪いんだけど
まんまと釣られた気分もあったりで。

気になるお味は、、、
皆さん是非試してみて下さい♪

IMG_2254.jpg

【今日の言葉】

パクチー・・・各地で古くから食用とされてきた植物。葉や茎に独特な香りがあり香味野菜として使われる。パクチーはタイ語。英語ではコリアンダー、中国語では香菜(シャンツァイ)と呼ばれ、日本では正式な和名ではないがカメムシソウと呼ばれることも。

パクチー、コリアンダーの花言葉・・・
辛辣、隠れた才能、隠れた価値

なんか納得の花言葉。
今回の場合、隠れた価格、だったけど。
まんざら遠くないし。

無謀な挑戦、ドジョウの地団駄

2017年5月 6日

我ながら無謀なチャレンジといいますか、
後先考えてないといいますか。

藪をつついて蛇をだす、
ってことになりそうな。

このブログ、最近新しくなってからは本文の最後に【今日の言葉】ってのを載せはじめています。

SNS全盛のこの時代に
わざわざこのページにきて
読んで頂くブログですから
少しでも楽しんでもらえたら、
と軽い気持ちで始めたんですが。

これがなかなかどうして、
とっても難しい。

何が難しいって、
どんな言葉をチョイスするか、
これって僕の知識レベルを
晒してるようなもんでして。

この言葉、僕ちょっと難しいと思ってます、ってあらわれですもんね。

あんまり簡単な言葉を選んだら、
おまえアナウンサーなのにこんな言葉も
ちゃんと知らなかったんか、
となるだろうし、
かといってあまり難しい言葉ばかりを
選ぶのもそれはそれで
なんか偉そうに教えてるみたいだし、
だいたいそんなお勉強ブログ
面白いか疑問だし
そもそもそんな難しい言葉
ほとんど知らないし。

ってことで、どんな言葉を選ぶのか、
どう説明するのか、どう遊ぶのか、
かなりややこしいことを
はじめちゃったな、と。

新しくなって取材先や自宅でも
簡単にブログ更新できるようになったので
写真と一言、みたいな感じで
気軽にブログを更新していこうと
思ってたのに、
この【今日の言葉】を考えるのが大変で
結局なかなか更新できなかったりして。

本末転倒、舎本逐末。

なんとかうやむやにして
もう何もなかったかのように
【今日の言葉】をやめてしまう、
という手もあるんでしょうけど、、、

このために慣用句やことわざの辞典でも
買おうかしら。

いつの間にか【今日の言葉】が
なくなってたら
そういうことです、はい。

【今日の言葉】
うやむや・・・物事がはっきりせず
曖昧な状態。
あやふや、に近いが
あやふやに比べ意図的、わざと、の
ニュアンスを含む。
漢字では有耶無耶。

うやむやの語源について調べると、
諸説あるようだがはっきりはしないようで、
まさに語源がうやむや。

いいこと言います、ミースさん

2017年5月 2日

お気づきの方もいるかもしれませんが。

このブログ、トップの写真が変わっています↑

というか、お願いして変えてもらいまして。

せっかくなので南極での写真を、と。

ホームページの作成などをしている
ITクリエーションの部署の方に写真を送って変えてもらいました。

僕は正直軽い気持ちで

「こっちの写真に変えといてもらえます?」

とお願いしてすぐにでも変わると思っていたんですが、
次の日になっても変わらない。

忘れられてるのかな、と催促しにいってみると、

「今、作業しているところなんですが悩ましくて」と。

IMG_2213.jpg

聞くと、
僕の送った写真をどう切り取るのがベストか、
「山中真」の字体は?位置は?色は?と
デザインにいろいろ頭を悩ませてくれてたそうで。

「字体の色は白がいいと思うんですけど、
背景の氷や雪と一体化して見えにくいんですよね」などなど。

いや、なかなかどうして。

デザインや芸術って答えがないし
悩み始めたらきりがないわけで。

それでも、神は細部に宿る、
クリエイターの方々は手を抜かず
僕の写真一つにもそんなに考えてくれていたんです。

それなのに、それなのに、
僕ったら軽い気持ちでお願いしちゃったうえに、
さらに催促までいっちゃって、、、
顔向けできない、面目ない。。。

ってことでしばらくは
トップページの写真はこのままだと思います。
また変えて、とはもうとても言えないので。


あっ、もう一つお気づきかもしれませんが、
新ブログになって、以前のタイトル

「なかなかどうして」ってのがなくなってます。

僕としてはちょと気に入っていたんですが、
これはまた別のITクリエーションの担当者が

「あっ、あれあんまりオシャレじゃなかったから
もうなくしました」って。


・・・いやいや、おいおい、
これまたなかなかどうして。

【今日の言葉】

神は細部に宿る GOD is in the details.
・・・こだわった細部こそがその本質を決める、
何事も細かいところまでちゃんとしようね、
素晴らしいものは細かいところまで考えられてるよ、の意。

Wikipediaによると、
ドイツの建築家ミースが言ったとされる言葉。
彼の言葉には

「Less is more.」
(より少ないことは、より豊かなことだ)

という言葉も。

そう、このブログ、なるべく文字が少ないことがいい、
と思っているのに今回もこの文字量。反省。

スタッフ全員びしょ濡れ

2017年4月27日

再び先日訪れたタイリポートを。

4月13日~15日がタイでは旧正月。

年の初めに仏像に水をかけてお清めをする、
というところから・・・

今はこの3日間は激しい水かけ祭り!!

老若男女かまわず、地元の人から観光客まで
歩いている人、走っている車やバス、
バイクにだって
とにかく水をかけてかけてかけまくる。

バケツでもひしゃくでも
水鉄砲でもなんでもあり。

水道水でもお堀の泥水でも
氷水でもなんでもあり。

特にこれを楽しむために
各国から集まっている観光客は
水のかけ方が一段と激しくて。
その代わりこちらがいくらかけても
たとえどぶ水が口に入ったとしても全然気にしない、
まさに蛙の面に水、ならぬ観光客の面に水。

戦いはヒートアップする一方ながら
水が足りなくなってる人に
お堀の水をくんであげたりすると
その人はその後会っても
さすがにこちらに水をかけてくることは
しなかったりして、
魚心あれば水心、って気持ちは
やはり万国共通なんですね。

いや、なかなかどうして、
こんな楽しいなんて。

やっぱり大人だってこうやって
おはしゃぎしたいのね。

こんなお祭り・イベント、
日本でもなにかやったら
観光客も集まって経済効果もあるし
何より楽しいし、
なんかマネできることないのかなーと。

この夏、水鉄砲でいっぱい遊ぼ。

IMG_2073.jpg

【今日の言葉】

魚心あれば水心・・・相手が好意を示してくれれば
こちらも好意をもって対応しようという例え。
魚がそこの水を好きになれば
水だって魚のことを考えてくれる、という意から。
元々は
「魚、心あれば、水、心あり」。

この気持ちは万国共通、
つまり英語でも同意の表現あり。

「Love is the loadstone of love」
・・・愛は愛の磁石である

英語も日本語もそれぞれ、
らしいな、と。


ファスナーでも窓でもないよ

2017年4月24日

この4月からVOICEに復帰しまして。

そう、復帰。

誰も覚えてないかもしれませんが
以前もVOICEを担当してたことがあるので。

自分でもちゃんと覚えてないので
ウィキペディアで調べてみたところ
実に10年ぶりの復帰みたい。

誰だかわからないけど
ウィキペディア書いてくれてる人
ありがとう(^^)

ということで
VOICE火曜日に
「山中経済研究所」
略して
「YKK」
というコーナーが始まってます。

コーナータイトルにいろいろツッコミたい
そのお気持ちは僕もよくわかってます、はい。

要はお金大好きな僕が
いろいろお金にまつわるニュースを、
もしくはニュースをお金の切り口から、
というようなコーナーでして。

ここまでなんの役にも立っていない
ファイナンシャルプランナーの資格が
ここにきてようやく日の目を見るのか
見ないのか。

さて明日のYKKは
「Yヤバい!K黒いあれがK高騰?!」

というテーマでお届けします。

今日取材途中に撮った写真を見ると

IMG_2197.jpg

全然ヤバそうじゃありませんが、
ほんとになかなかどうして深刻な問題です。

明日のVOICEでぜひ!

【今日の言葉】

ヤバい・・・江戸時代、犯罪者を収容する施設、牢屋を厄場(ヤクバ)と呼んでいた。
そのヤクバへ入れられるほど危ない橋を渡るといったような意味からヤクバ、
そこから転じ危険を表すような意味で「ヤバい」と。
元は盗人などの隠語として使われていた言葉と言われる。

アナウンサーが盗人の言葉を使うのはふさわしくないという理由で、新人の時に放送で使うことを禁止される言葉。

「俺、放送でついヤバいって
使っちゃいそうだな、ヤベーな」

はダメな使い方。