Introduction

鈴木伸之×佐野勇斗ダブル主演で連ドラ史上“最も後ろ向き”な刑事に!?
コスパ重視な今どき刑事2人の全く“あぶなくない”さぼりライフを描く!
クールでスタイリッシュなポリス・コメディ!

令和2年。日本人の多くにも、令和の生き方というものが身についてきた頃だろう。
令和の生き方とはずばり“コスパを重視”すること。昭和の刑事は熱かった。平成の刑事は下り坂でも世のため人のために踏ん張った。でも令和の刑事は、見切っている!これからの自分の未来と平和のために戦うのだ!
人生百年時代の若者は、あぶない橋を渡らない。己のライフスタイルを守るのが彼らの正義なのである!
そう、このドラマは全く“あぶなくない刑事”を描く、新時代のポリス・コメデイである!

舞台は、警視庁麻布中央署。ここには未来を期待される2人の若手刑事がいる。
鈴木伸之演じる、常にコスパを考え昇任試験と署内政治に忙しい「出世刑事」高野心(たかのしん)。
そして佐野勇斗演じる、愛されキャラを生かしつつ転職活動に勤しむ「世渡り刑事」世中渡(よなかわたる)の2人である。
高野と世中は麻薬や半グレ集団など、都会にはびこる数多の犯罪と立ち向かう過酷な現場に身を置いている・・・にも関わらず!定時を超えて働かない。無理はしない。あろうことか捜査もしない。とにかくコスパよくさぼることを常に念頭に置いて、クールにスタイリッシュに毎日を過ごしていく。意味のないことに無理をしない、まさに現代の若者にとってのカッコいい働き方を体現した刑事なのである。
脚本には、「バイプレイヤーズ」のふじきみつ彦、宮本武史ほか、コメディ作品を数多く出掛けてきた敏腕作家陣が集結。「さぼる」という史上最強に後ろ向きな働き方にも関わらず、いまっぽくて妙にカッコいい新時代のヒーロー像を描き上げた。

凶悪な事件を解決…しない!?あぶない橋は渡らない!?…だってコスパ悪いから。
令和2年9月17日、ドラマ特区よりとんでもなく後ろ向きだけど超カッコいい刑事2人が誕生する!

コメント

鈴木伸之(高野 心 役)

最初に台本を読ませていただいた時に、非常に面白くて、すぐに読み終えてしまい「なんだ、この本は!?」と衝撃を受けました。
撮影時は現場の雰囲気やチームワークが良く、本当に毎日楽しく撮影をさせていただきました。
効率よくサボり、刑事としてどのように活躍するのか楽しみにしていただきたいです!
今回連続ドラマの主演を初めて務めさせていただいた作品でもありますので、是非多くの方にご覧になっていただけたらと思います。

鈴木伸之…1992年10月14日生まれ。神奈川県出身。

佐野勇斗(世中 渡 役)

世中渡を演じさせていただきます。佐野勇斗です!
今回初めて刑事役を演じさせて頂きました。
とにかく、いい意味でぶっ飛んだお話です。笑
僕の役は刑事なのに、一刻も早く刑事を辞めたい!転職したい!という、なんとも現代っ子な、令和な刑事の役なのです。
鈴木伸之さん演じる先輩刑事、高野との全力のサボりを皆さんにお届けします!
一度見たら、笑い転げ、ハマること必須な作品になっていると思われます。
僕も現場で、笑いを堪えるのに必死でした…笑
ぜひご覧ください!

佐野勇斗…1998年3月23日生まれ。愛知県出身。

Story

シャレオツな街にある警視庁麻布中央署に勤務する若手刑事・高野(鈴木伸之)と世中(佐野勇斗)。
刑事たるもの、市民のために24時間駆けずりまわり、愚直に戦うべきだ…その考え方はもう古い!彼らは汗をかかない、捜査をしない。そんな彼らが目指すのは──さぼること。出世を目指す高野と、転職を目指す世中は、いかに効率的にさぼって自分の時間を作るか、それこそが彼らの“正義”であり、今の時代に合ったクールでかっこいい生き方なのだ!だから彼らは、あぶない橋を渡らない。今日も捜査するフリをしてコスパ良くさぼりまくる!…しかし、そんな彼らの思いとは裏腹に、ひょんな事から毎回事件に関わってしまう。万が一、間違いがあったときに責任を取らされないよう、さぼってるのがバレたくない二人は、あの手この手で切り抜ける!!出世と転職、令和に現れた最高にクールなコンビの目標は叶うのか!?

第1話「令和のデキる刑事はコスパが良くて超クール!」

泥臭い捜査には興味が無く、コスパ良く出世を目指す、「出世刑事」の高野心(鈴木伸之)と、愛嬌のみを武器にコソコソと転職活動に勤しむ「世渡り刑事の」世中渡(佐野勇斗)。
このコンビ、あぶない橋を渡らずクールにサボることだけに命をかける令和な刑事なのである!
ある日も事件の捜査会議の後、凶悪犯の捜査に出るとクールに見せながら、とある喫茶店でサボっていた2人。そしたら、うっかり犯人が現れて、まさかのあぶない展開に・・・!?

第2話「署長の誕生会を成功させよ!」

高野心(鈴木伸之)と世中渡(佐野勇斗)は署長の江良宗一(近江谷太朗)の誕生会の幹事という大役を任されていた。署長の誕生日会を華麗に盛り上げれば、高野は大量の出世ポイントを、そして世中は転職に繋がるでかいコネを掴むことが出来る。もはや捜査どころではない2人は宇和佐好江(三吉彩花)から署長の情報をもらい、店選びに真剣になっていた。
高野と世中がサボっていることを勘ぐる巡査部長の月賀梨男(矢野聖人)は、あえてトラブルが多い地域に聞き込みに行くよう提案。それを逆手にとった2人は、聞き込みをしながら店選びを開始。そう、今どきのコスパの良い刑事は聞き込み捜査と店探しを同時にこなすのだ!しかし店探しの最中、世中は偶然あることを聞いてしまい・・・・!?

第3話「捜査よりも危険なキャンプ!?あぶないグランピング!」

麻布中央署は、長州一家と若松組の対立抗争事件を追っていた。月賀梨男(矢野聖人)と伊喜利辰巳(猪野広樹)は、事件の犯人と思われる平野修一(永岡佑)に連日取り調べをするも、物証がなく苦戦していた。
高野心(鈴木伸之)と世中渡(佐野勇斗)はというと、平野を犯人と決定づける証拠探しのフリをして、山でクールにキャンプを楽しんでいた!釣った魚で優雅にバーベキューをしていると、一人の寂しげな男(内村遥)と出会う。食材を持て余していた2人は、男と一緒にコスパよく食事しないか提案。バーベキューを楽しんでいると、世中と高野はある違和感を抱き、宇和佐好江(三吉彩花)にリサーチを依頼。そこでとんでもない事実を知ってしまい・・・!?

Chart

写真をクリックすると人物紹介が表示されます

Cast

鈴木伸之 佐野勇斗
矢野聖人 猪野広樹 井上肇
近江谷太朗 三吉彩花

Staff

  • 監督:
    横堀光範、浅野敦也、浅利宏、島崎謙太郎
  • 脚本:
    ふじきみつ彦、宮本武史、石上加奈子、渡辺哲
  • 企画・プロデュース:
    浅野敦也
  • チーフプロデューサー:
    丸山博雄
  • プロデューサー:
    上浦侑奈
  • 制作:
    TBSスパークル
  • 製作:
    「俺たちはあぶなくない」製作委員会・MBS

Music

オープニング主題歌
GOOD ON THE REEL「ノーゲーム」
(lawl Records)


コメント

僕らにしてはとても珍しい曲調になりました。これも作品に対して作品を書くおもしろい所ですね。真っ向勝負が全てじゃない、常に違う道はあるはず。恐れや不安を盾に、逃げたいなら逃げてもいい。その人間としての本能は、とても大切なものだと思う。その先に光があるなら、戦わずして勝てるなら、それに越したことはない。こんな時代です。無駄に傷つけ合うことなんてない。どうか一人一人が、生きる為の選択を。
千野隆尋

エンディング主題歌
Hilcrhyme「グランシャリオ」
(Universal Connect)


コメント

僕が住んでいる新潟は日本海がとても綺麗です。そのシーサイドラインを夜、車の屋根を開けて満天の星空の下をドライブしている。
そんな情景を思い浮かべてこの曲を書きました。

「星空に常に輝く北斗七星を自分たちの“標”として、これからもずっと一緒に見よう」、という曲です。疾走感を第一に考えたトラックなので是非ドライブの時などに聴いてみてください。

On Air

  • MBS(毎日放送)
    2020年9月17日放送開始
    毎週木曜深夜0:59~
  • テレビ神奈川
    2020年9月17日放送開始
    毎週木曜よる11:00~
  • チバテレ
    2020年9月18日放送開始
    毎週金曜深夜0:00~
  • テレ玉
    2020年9月23日放送開始
    毎週水曜深夜0:00~
  • とちテレ
    2020年9月24日放送開始
    毎週木曜よる10:25~
  • 群馬テレビ
    2020年9月24日放送開始
    毎週木曜よる11:30~
  • OBS(大分放送)
    2020年10月16日放送開始
    毎週金曜あさ10:50~
  • ※放送日時は変更になる可能性があります
SHARE
Twitter
Facebook