7月8日に起きた安倍晋三元総理銃撃事件をめぐり、“政治と宗教”の関係のあり方が問われている中、にわかに注目を集めているのが「2世信者」の存在です。今回、『祝福2世』と呼ばれていた元2世信者の女性が、信者だった頃の苦悩やジレンマを語りました。

「いじめ」「パニック障害」…元2世信者が語った“信者だった頃の苦悩”

 横浜市の小川さゆりさん(26・仮名)。夫と3か月の息子と3人で暮らしています。さゆりさんは6年前まで『旧統一教会』の信者でした。
2.jpg
 (旧統一教会元2世信者 小川さゆりさん・仮名)
 「これは韓国の修練会の写真です。教祖が『2世たちは結婚する前に韓国で40日の修練会に出なきゃいけない』と」

 両親も旧統一教会の信者で、合同結婚式で出会い生まれたさゆりさんは“祝福2世”と呼ばれていました。

 (小川さゆりさん・仮名)
 「『神の子です』って言われてきて、自分たちを神様から預かっている。親は私達を(神様から)借りて育てている立場だと聞かされていて」
3.jpg
 教会の中でも特別だという“祝福2世”。しかし、その生活は全く逆でした。

 (小川さゆりさん・仮名)
 「お年玉とかが全部親に没収されたりとか、誕生日やクリスマスはプレゼントとか買ってもらえたことはなくて。小学校のころ6年間ずっと登下校でいじめを受けていて、お金がない貧乏な子たちというのが分かっていたみたいで、そういう理由で『くさいから』とかそんな理由も聞きましたし」
4.jpg
 お金がない代わりに自宅には壺や印鑑が…。それがどんなに高額なものか幼いさゆりさんは知る由もなく、教会の教えに違和感を覚えながらも中高生向けの勉強会や修練会に参加するなど真面目な信者でした。

 (小川さゆりさん・仮名)
 「『堕落』とか、『サタンの世界に染まってしまうと地獄に落ちる』というのはずっとずっと怖かった。親も喜んでくれるし、自分がいま一番正しいことをしていて何も間違ったことをしていないからすごく安心感があって、そういうことで依存していた感じもあります」
5.jpg
 両親が好きだからこそ“2世”の生活に耐えてきたさゆりさん。脱会のきっかけとなったのは、祖母の介護でした。介護に疲れた母親から強く当たられるようになり、こうしたストレスでパニック障害になったのです。その時、父親にかけられた言葉がいまも忘れられません。

 (小川さゆりさん・仮名)
 「(父親から)『試練を与えられるってことはすごいことだぞ。それだけお前は教会でも活躍していたし、神様が期待しているから』という話になって、本当に腹が立ちましたね」

『私が死んだのはお前らのせいだ。でも大好きだったことも嘘じゃない』両親に向けて書いた“遺書”

 脱会して6年。新たな家族もでき、信仰を続ける両親らと距離を置けるようにもなりました。ただ一方で、いまでも捨てられないものがあります。

 (小川さゆりさん・仮名)
 「脱会したあとか、する前くらいのとき、自分は本当に死のうと思っていて、その時に最後に死ぬ前に親に向けて思っていることを書いたんですよね」

 19歳の時に書いた“遺書”です。

 【遺書の内容】
 「お父さんお母さんがしてしまった間違いは、やはり消化しきれない。私が死んだのはお前らのせいだ。でも大好きだったことも嘘じゃない。悔しい。悔しい。悔しい。生きていたかった。愛し愛されたかった」
7.jpg
 (小川さゆりさん・仮名)
 「(教会を)抜けてからも5年以上とか経つんですけど、許せなくて。でも、その苦労って、親が旧統一教会にそんなお金をつぎ込んだりとか、そういう変な罪悪感を埋め込まれなければしなくて良かったんじゃないかなって。旧統一教会のせいで自分の人生をめちゃくちゃにされたんじゃないかって」

『両親普通の出会い方でいいね』脱会の思いを家族に伝えられず苦しむ2世信者も

 一方で、脱会したい思いを家族に伝えられずに苦しむ“祝福2世”もいます。中部地方に住む大学2年生の佐藤光樹さん(19・仮名)。

 (旧統一教会2世信者 佐藤光樹さん・仮名)
 「僕たちは『神様の子』で、普通の子は『サタンの子』『悪魔の子』と教えられてきました」
9.jpg
 光樹さんも2年前まで毎週のように教会に通う熱心な信者でした。ただ、コロナの影響で教会に行く回数が減ったことで脱会を意識するようになりました。

 (佐藤光樹さん・仮名)
 「冷静になって考えるようになったというか。普通に考えたら矛盾しているじゃんってことにようやく気づき始めたというか」
10.jpg
 いまは実家を離れて一人暮らしをしています。奨学金で学費を払い、アルバイトをかけもちして生計をたてていますが、両親はなにかにつけて金を要求してくるといいます。

 (佐藤光樹さん・仮名)
 「(両親に)30~40万円くらい渡していますね。直近で渡したのが4月くらい。『スマホの支払いができなくてスマホ止まっちゃうから』と」
11.jpg
 幼いころから教会の教えにしたがってきたため、思春期に恋愛もできませんでした。誰にも打ち明けられない苦しみ。光樹さんはその思いをSNS上でつぶやきはじめました。

 【SNS上に投稿した内容】
 「両親普通の出会い方でいいね。俺も普通の恋愛がしたいし、普通に結婚したい」
12.jpg
 ただ、こうした苦しみを両親に一度も伝えたことはありません。だからなのか、去年夏、帰省する前の母親とのメッセージには…。

 【母親からのメッセージ】 
 「1階の神様の部屋でやすんでね」

 (佐藤光樹さん・仮名)
 「“神様の部屋”といって、白い壺が2~3個と経典があったりとか、教祖の写真があったりとか。『そこで寝てね』というふうに。ちょうどこのときは教会にそんなに行っていない時期だったので、親としては『(教会に)戻ってきてほしい』という意味もあって。(Q今後、両親との付き合い方は?)やっぱり嫌いになり切れないというか、恨み切れないというか。やっぱり親だからそういう面はあります」

『名前が上がらないような教団の中でも“2世問題”は起きている』

 旧統一教会などの2世信者の悩みに向き合う人がいます。自身も別の宗教の2世信者である京都府立大学の横道誠准教授です。2年前から様々な宗教の2世信者に向けたオンライン相談会を開いています。
14.jpg
 【オンライン相談会の様子】
 (2世信者のAさん)
 「大学生になったときに宗教を排除したんですけれども、20年近くもっていたアイデンティティを切り離したというところがけっこう精神的に負担になっていて」
 (2世信者のBさん)
 「今回の安倍元総理が殺害された事件を聞いてからは、やはり体調を崩して夜も眠れなくなって」
15.jpg
 この日の相談会には3つの宗教の2世信者6人が参加しました。2時間の会で多くの時間を割いたのは、やはりあの銃撃事件でした。

 【オンライン相談会の様子】
 (2世信者のCさん)
 「権力者と呼ばれる方が殺されたことで、ようやく(2世信者の)報道がはじまった。旧統一教会だけバッシングして日本から追い出して、『はい、一件落着』とならないか不安」
 (京都府立大学 横道誠准教授)
 「旧統一教会ほど危険ではないと言われてスルーされ出したところが、みんな不満に思ってしまいますよね。私たちは人生の一生問題として苦しんできているのに」
 (2世信者のAさん)
 「名前が上がらないような教団、いわゆる一般的にカルトと呼ばれることのない教団でも2世問題は起きていることなので、取り残されてしまうのではないかと」
16.jpg
 横道准教授は、2世信者の問題に対する理解が足りていないと指摘します。

 (京都府立大学 横道誠准教授)
 「子どものためのホットラインにかけても、虐待の問題として聞いてくれたけど、宗教に関しては『自分の家で解決してね』と見放されたりとか。カウンセラーも宗教の問題とわかると鼻で笑ったりひいてしまったりして、『ちょっとそれはわかりません』ということで。支援者に対する不満というのは非常にありますね」

『みんなの意識が少しでも変わるなら今だけでも発信したい』

 旧統一教会の2世信者だった小川さん。一時は自殺も考えましたが、両親と距離を置いたことで少しずつ自分の人生を取り戻すことができました。事件をきっかけに声を上げ始めた2世たち。小川さんはその声に耳を傾けてほしいと訴えます。

 (小川さゆりさん・仮名)
 「この国が宗教2世たちの問題について向き合うかどうか、すごく重要なときだと思っていて、何かもしちょっとでもみんなが共感してくれてみんなの意識が少しでも変わるなら、今だけでも発信したいなと思っています」