あたたかな場所と時間

2020年1月 9日

年末に、和歌山太地の親戚と合流して

白浜に一泊旅行にでかけてきました。


最近、新しくリゾートホテルとして生まれ変わった人気のお宿

「ホテル シーモア 白浜 キー テラス」です。IMG_1392.jpgIMG_1393.jpg

お部屋からは海が一望。バルコニーからは白良浜の海岸も見えました。


1階ロビーの外にはインフィニティ足湯があり

太平洋を見ながら足湯でのんびり女性チーム。IMG_1401.jpg

男性チームは、卓球やビリヤード、ボルダリングなど

おしゃれなプレイルームで汗を流し

美味しく新鮮な海鮮料理を楽しんで、ゆったり温泉に浸かってのんびり旅。IMG_1352.jpg


近くには三段壁もあり、地下までエレベーターで降りて

昔の熊野水軍が船を隠していたといわれる鍾乳洞を見学したり

芸能と金運の神様、大きな弁財天様に手を合わせたり、、、IMG_1461.jpg

帰りは、とれとれ市場で、マグロの解体ショーを見て

切り分けたばかりのマグロをサクで買って、自宅で丼にして食べました。IMG_1480.jpg

たった10日前のことなのに、去年、、となると、はるか遠くに感じる。。。

12月は体調不良で、仕事も普通の生活もままならず、不甲斐ない時間をすごしましたが

やっぱり、元気にしゃべったり、食べたり、笑ったり、、、

あらためて「普通の日々」は、ありがたいものですね。

和歌山の白浜温泉。また、行きたいな。。。と思わせてくれる素敵なあたたかい場所でした。IMG_1353.jpg

今年もよろしくお願いします

2020年1月 7日

昨日、仕事はじめでした。

2020年の日本は一体どんなことになるのでしょうね。

今から、ドキドキ、ワクワク、、

ただ、まだ片付ていていない問題もたくさんあるこの世の中で

見ずに済ませられないこともありますし

興味を失わず、気にしつつ。。

少しでも安全に、みなさんが安心して心健やかに過ごせる毎日の積みかさね、

これが一番大事なのかもしれません。

さて、今朝は七草がゆを作って食べてきました。IMG_1526.jpg

個人的にも「家内安全」「健康第一」祈願です!!


どうぞ、今年もよろしくお願いします。

ありがとうございました。2019

2019年12月27日

みなさんの平成31年と令和元年は、どんな年でしたか?


私は、少し子離れをし、大人の階段を、心身ともに?少しだけ上がりました。笑っ


新しい時代に、変わっていく日々。

その変化を楽しみたいと思うときも、

ちょっと淋しいと思うときも。。。


瞬間瞬間で変わる感情。まぁそれが、人間なんでしょうね。IMG_1174.jpg

これからも、世の中ができるだけ平和で、まわりの人に優しくおもしろく、、、

そして、自分自身も幸福であることにきちんと気づける毎日でありますように。

幸せかどうかは、自分自身が決めるものだから。

みなさん、今年もありがとうございました。

いろいろありましたが、私は充分幸せです(笑)


来年もこれからも、どうぞ、みなさんもお幸せに。。。

おさななじみ。

2019年12月24日

子供が小さいころのおさななじみとは

年に2~3回、母子そろって、食事会やイベントをします。

ともに子育てでもがいたり、悩んだり喜んだり・・・

気の合うママ友に恵まれたこと、

子供たちも、多感な年ごろになっても

久しぶりに会うと、また自然に笑い合えること、


その場にいる全員が幸せな時間。


この日は、薬膳の資格を持っているママと一緒に

「冬の免疫力を上げる薬膳料理でクリスマスパーティー」でした。IMG_1235.jpgIMG_1256.jpgIMG_1258.jpg


冬は「腎」にトラブルが起きやすいので

「黒い食材」をとるのが良いそうです。
黒豆、黒ゴマ、黒きくらげ、わかめ、昆布、サザエ、はまぐり、牡蠣など。。。

その食材をメインに子供用にお肉を焼いて・・・IMG_1286.jpg

料理好きの息子たちにまかせてママは見学。笑っIMG_1271.jpg


久しぶりに、ゆっくり、楽しいひとときでした。

みなさまも、素敵なクリスマスを♪

やみあがり。。

2019年12月19日

今年の師走は、

生まれて初めてのインフルエンザ罹患から

声帯の炎症で声が出なくなり、仕事を2週間もお休みしたので

あっという間に時間が進み、何だかふわふわとしまま過ぎ去りそうです。

高熱にうなされながら、母親に来てもらい、家事と看病をしてもらいながら

身を硬くして寝ていたとき


2年前に亡くなった父親の気配を感じました。

幼いころ、深夜に3きょうだいの部屋に来て、冬場には必ず首元に毛布をぐっと差し込んでくれていた父。

冷気が入らないように風邪を引かないように温めてくれていたのだと思いますが

猛烈サラリーマンで、子供の寝顔しか見られなかった父の日課が

きょうだいの毛布を首元に差し込むこと。。。ちいさいころの愛情の記憶。

大人になっても、、この世からいなくなって姿は見えなくても

ぐっと毛布を入れてくれた。あの日、確かに。


あぁ、今お父さん来てくれたね。。。。ありがとう。まだ心配かけてごめんね。


2週間ぶりに復帰できた現場でも

みなさんに迷惑をかけたにも関わらず

笑顔で明るく迎えてくれて、まだ声が完全ではなかった私に気遣いまでしてくれて

ありがたいのと申し訳ないのとで、恐縮しっぱなしです。。。


戻る場所があることも、待っていてくれる人がいることも

当たり前ではなく、日々奇跡の積み重ねなのだと再認識。


とにかく、健康が一番です。

みなさん、寒暖差で変な気候ですがどうぞご自愛くださいね。IMG_1193.jpg

音声さんが自宅で作った「晩白柚のグラッセ」のどにいいから、といただきました。IMG_1191.jpg

住吉高校の同窓会誌のインタビューで1期後輩のアンミカちゃんと会ったとき
一緒にいただいた、同じく高校の先輩のバラ農家さんが作っている「食べるバラジャム」
お湯で薄めて飲むと心地よい香りに包まれ体が温まります。

みなさんのお気遣いに感謝しつつ、少しずついつものペースに戻していけますように。。