毎日放送(MBS)



次回の放送

2014年04月27日

チームキズナ

競馬

世界最強馬へ突き進む新怪物・キズナと、深い愛情で支え続ける人間たちの1年に密着。

年の暮れに中央競馬で開催される総決算レース『有馬記念』。昨年、ファンの期待を背負いながら、体調不良により出走を見送った競走馬・キズナが、今年4月6日の『大阪杯』で華麗なる復活を遂げた。
競馬といえばギャンブルという意識が強いが、見方を少し変えれば“競走馬の徒競走”。日々早く走ることだけに練習(調教)を重ね、大きなレースに挑む。そして、競走馬たちにもコーチは居る。物言わぬ競走馬たちを何人もの人間が深い愛情とともに陰で支え続けているのだ。
今回番組では、競馬界の新怪物と呼ばれるキズナとそれを支える人間たち「チームキズナ」に昨年の夏から密着。キズナが3歳の夏、秋、冬と4歳を向かえた春まで、約1年にわたり彼らの姿を追った。
普段は目にすることが少ないレースの裏側も随所に交えながら、キズナの日常やトレーニング風景を撮影。更に、フランス調教馬しか勝てないといわれる世界最高峰のレース『凱旋門賞』で、このレースに自身6度目の出場となる武豊騎手とともに挑む姿も…。新怪物・キズナが復活から更なる進化を遂げ、再び世界最強馬へと突き進む姿に密着する。

プロフィール

チームキズナ

チームキズナ

2010年3月5日生まれ。現在4歳・オスの競走馬。主な勝ち鞍は2013年の東京優駿、ニエル賞、京都新聞杯、毎日杯、2014年の大阪杯。デビュー戦、2戦目は佐藤哲三騎手が騎乗しレースを学ぶ。佐藤騎手の負傷により、3戦目より武豊騎手に代わる。武騎手は東京優駿において、父・ディープインパクトにも騎乗し優勝したことがある。キズナが東京優駿を制したことにより父仔制覇の記録となる。調教後のシャワーが一番の至福のとき。トロンと目を優しくさせ、気持ちよさそうな顔を見せる。


800回記念特別企画《2週連続放送》

情熱大陸アプリニューアル版リリース

情熱の伝え方 3月24日発売予定

情熱大陸SPECIAL LIVE SUMMER TIME BONANZA'14

jounetsuをフォローしましょう

ページトップへ