毎日放送(MBS)


「よしもと新喜劇」に出演中の座員の皆さんを順番にご紹介します。ベテランから若手まで90人以上の座員を抱える吉本新喜劇。かつて「吉本ヴァラエティ」と言われた頃の話や、初舞台の話、今まだ舞台の端にしか立てない若手の夢まで、さまざまな話から新喜劇の現在・過去・未来が見えてくればと思います。
年1回、吉本新喜劇の「女座長」としての舞台にも立つ未知やすえさん。歌手を目指した女子高生が、漫才コンビを組まされ、補欠で出場した「素人名人会」でいきなり名人賞を獲得、笑いに目覚めることに。


第15回 未知やすえ
考える余地もなく入れられた新喜劇は、居ごこちが良かった。

―高校時代にポケットミュージカルスに出られていたんですね。
吉本のうめだ花月、なんば花月でダンサーとして出てました。もともとは小さい頃から歌手になりたかったんです。中学校の時に同級生といろんなオーディションに応募して…。