「よしもと新喜劇」に出演中の座員の皆さんを順番にご紹介します。ベテランから若手まで90人以上の座員を抱える吉本新喜劇。かつて「吉本ヴァラエティ」と言われた頃の話や、初舞台の話、今まだ舞台の端にしか立てない若手の夢まで、さまざまな話から新喜劇の現在・過去・未来が見えてくればと思います。

子どもの頃から「芸能界に入る」と想い続けた宇都宮まきさん。本人曰く、「コネで入った新喜劇」は、見ていた時と自分でやるのは大違い。「全然うまくならない」と思い詰めて、引きこもってしまったことも。そんな時、声をかけて励ましてくれたのは…。


第28回 宇都宮まき
15年続いているのは、新喜劇が好きなんやな、と思います。

―いつ頃から、この世界を目指されましたか?
子どもの頃から芸能界以外は、頭になかったですね。うちはそんなに裕福じゃなかったんで、漠然とテレビに出たらかわいい服が着れたりとか、美味しいものがいっぱい食べられたりとか…。