鈴木梨央・岸部一徳

最悪の出会いが最高のはじまりだった-

最強のオンナ

10月5日(日) よる9時 TBS-MBS系全国ネット

◆ 「最強のオンナ」再放送のお知らせ
TBS(関東地区):2016年1月6日(水) ひる1時55分~
MBS(関西地区):2016年1月9日(土) ひる2時54分~
◆ 10月3日(金)「ひるおび!」(ひる11時30分~) 藤山直美さんが出演します。
◆ 10月3日(金)「ちちんぷいぷい」(午後1時55分~) 鈴木梨央ちゃんが出演します。
 ※MBSローカル
◆ 10月4日(土)「サワコの朝」(あさ7時30分~) 藤山直美さんが出演します。
◆ 10月4日(土)「知っとこ!」(あさ8時~) 千葉雄大さんのゲスト出演が決まりました。
◆ 10月4日(土)「せやねん!」(あさ9時25分~) 鈴木梨央ちゃんが出演します。
 ※MBSローカル
◆ 10月4日(土)「オールスター感謝祭」(午後6時30分~)
 鈴木梨央ちゃん、千葉雄大さん、山村紅葉さんが登場します。
◆ 10月5日(日)「アッコにおまかせ」(ひる11時45分~)  鈴木梨央ちゃんが出演します。
◆ 千葉雄大さんのインタビューが「テレビドガッチ」に掲載されました。(※外部のサイト)

イントロダクション

藤山直美&寺島しのぶ、二大女優が夢のテレビ初競演!演技巧者の出演陣がおりなす、ユーモアあふれる無敵の友情物語!!

 天涯孤独でひょんなことから女社長宅の家政婦に抜擢された浪速のおばちゃんと、亡き夫の遺した店の経営に奮闘する「鉄の女」。 生まれも育ちも性格も何もかもが違う二人だったが、本音と本音のぶつかり合いは、いつしか世代を越えた友情へとつながっていく。

 定職も家族もなく、ふらふらと気ままに生きてきた「女風来坊」・みどり役を演じるのは、主演の藤山直美。第一線で舞台に立ち続ける「喜劇役者」が、圧倒的な存在感で笑いと涙をお届けする。 そんな彼女と夢のコンビを組むのは、映画『キャタピラー』で日本人として35年ぶりにベルリン国際映画祭・銀熊賞(最優秀女優賞)を受賞(2010)した寺島しのぶ。 洋食店のシェフだった夫の死後、周囲の重圧に耐え、洋食チェーンを展開する女社長・玲子役を演じる。異色な二人に扮する二大女優を支えるのは、人気ドラマにひっぱりだこの個性派俳優・岸部一徳。 昨今、子役としてますますの注目を集める鈴木梨央が、愛情不足の家庭で心を閉ざす娘役を演じるのも、みどころの一つだ。また、若手人気俳優の千葉雄大が、みどりの謎の過去を解き明かすキーパーソンを、印象的に演じる。

 七転八倒しながらも前を向いて生きてゆく、オンナ二人。 舞台に映画に活躍中の二大女優のTVでのプレミアムな共演に、実力派俳優が華を添える「最強のオンナ」は、ドラマ好きにはたまらない極上のヒューマンコメディ。 日本中に元気と心地よい感動を届ける愛のエンターテインメントに、今秋、是非ご期待下さい。

スタッフ

 ある日、みどり(藤山直美)は広告を見て、ハンバーグが売りものの洋食チェーン「ミレニアム・コーポレーション」の求人に応募する。 採用面接の場で出会ったのは、自分より年下の女社長・玲子(寺島しのぶ)。玲子はシェフだった夫の死後、一人娘の麻衣(鈴木梨央)を育てながら、会社を発展させてきた。 作業の効率化とコストダウンはすさまじく、その様子は会社の専務・長谷川(岸部一徳)も先行きを心配するほどだ。 みどりの面接での傍若無人とも思える態度に激怒した玲子だったが、折りしも、麻衣の世話をするお手伝いさんが必要になり、社員ではなく、「家政婦」としてみどりを雇うこととなった。

 玲子は店舗数100を目指し、奔走する。ハンバーグの味が落ちていることに気づきつつも、売り上げが下がる中、後戻りは出来ない。一方、家では娘の麻衣が小学校でのいじめに悩んでいる。 忙しい母との時間は少なく、当初、みどりにも冷たかった麻衣だったが、おせっかいで人間くさいみどりと接するうちに、次第に心を開き・・・。

 人目もはばからずぶつかるみどりと玲子だったが、やがて、世代を越えた友情にも似た関係を育んでいく。敏腕社長で重責も担う玲子に比べ、定職も家族もなく、気ままに生きてきたかに見えるみどり。 そんな彼女にも、繁華街で不良仲間とたむろする青年・拓也(千葉雄大)との間には、何か 「人知れず悲しい過去」があるようで・・・。

登場人物

浪速のおばちゃん、自称・天涯孤独の「女風来坊」。ひょんなことから桐原社長宅の家政婦に抜擢されるが、本音のトークで波乱を巻き起こす。

「ミレニアム・コーポレーション」の女社長。洋食店のシェフだった夫の死後、その店を引き継ぎ、女手ひとつで店舗数を伸ばした「鉄の女」。

玲子の一人娘。私立の小学校に通うが、そこで「いじめ」に。家に来る家政婦を次々に辞めさせてしまう。

玲子の会社の専務。コスト削減に励む玲子を支えつつ、対照的なみどりには人間味を感じている。

繁華街でたむろする不良グループの青年。なぜかみどりに気にかけられている。

スタッフ

     脚本 : 吉田紀子(『成田離婚』『Dr.コトー診療所』、映画『涙そうそう』『ハナミズキ』)
 メインテーマ : 森恵 「星に願いを」(cutting edge)
プロデューサー : 志村彰(The icon) 関川友理(The icon) 竹園元(MBS)
     演出 : 竹園元
     制作 : The icon
   製作著作 : MBS