深夜連続ドラマ
『家族八景 Nanase, Telepathy Girl's Ballad』
   MBS:放送終了


人の心の裏側を暴く問題作登場!

文学界の奇才・筒井康隆の傑作小説『家族八景』を映像界の奇才・堤幸彦がドラマ化することになった。
人の心を読むことのできる超能力者〈テレパス〉・火田七瀬(ひたななせ)が、家政婦の仕事で入った家庭の、口に出せない秘め事を次々と暴いていく、SFホームドラマ。
一見、平和に暮らしている家族たちが、心の中では全く違ったことを考えていたら……? 
おそろしくもおもしろい本音の数々を、堤が斬新なビジュアルで表現!
あんなことやこんなこと……、驚きのアイデアを次々と繰り出してみせる。
これまでも、強烈なビジュアルインパクト、独特のギャグ……などで人気を博してきた堤が、深夜ドラマという自由な場を得て、これまで以上に暴れまくり、人の心の裏側というアンタッチャブルな扉をこじ開ける。

キャスト、スタッフも奇才ぞろい。

不思議な能力をもつヒロイン七瀬には、連続ドラマ初主演となる木南晴夏。映画『20世紀少年』、ドラマ『勇者ヨシヒコと魔王の城』などで活躍、変幻自在の若手演技派女優・木南が七瀬をミステリアスでキュートに演じる。
脚本も、ユニークな作家陣が集結した。
俳優としてもその唯一無二の存在感で人気、映画『memo』、ドラマ『ケータイ刑事 銭形シリーズ』等の佐藤二朗、人気劇団・猫のホテルと自身の劇団・表現さわやかで活躍する、映画『行け!男子高校演劇部』等の池田鉄洋、演劇界の芥川賞と言われる岸田國士戯曲賞、三島由紀夫賞作家で、映画『大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇』、NHKドラマスペシャル『迷子』等の前田司郎、劇団「毛皮族」、「財団、江本純子」主宰、アングラやヤンキー文化など昭和のニオイをもつ女性作家で、映画『非女子図鑑 魁!!みっちゃん』、ドラマ『東京少女』などの江本純子、SF作品を多く上演するヨーロッパ企画主宰、映画『サマータイムマシン・ブルース』、アニメ『四畳半神話大系』の脚本なども手がける上田誠。
プロデューサーは『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』などで知られる名物プロデューサー・大月俊倫。
それぞれの個性が合わさって、濃密なドラマが生まれること請け合いだ。


人は無防備な状態にある時、ロクなことを考えていない・・・と何かの本で読んだことがあります。 もしも心を覗けたら、案外このドラマみたいなものなのかもしれません。 シュールでアヴァンギャルドな世界が展開していきますが、 七瀬にも家族たちにもいろいろな意味で共感しながら楽しんで頂けると思います。(プロデューサー 平部隆明)
私はカメラ目線の映像が大好きなのだが、ついに「奇跡のカメラ目線ドラマ」が誕生した!しかも生涯、縁がないだろうと思っていた筒井康隆先生の原作のドラマ化!生きててよかった!
そして、主演は映画『20世紀少年』でびっくりキャラを演じた木南晴夏さん!よしっ!持てるアイデアを全面展開する!テレパスという「人の心を読む」能力をもつ七瀬が、毎週、違う家族の心を読む。……どうやって!?(監督 堤幸彦)



七瀬三部作の原点、ドラマ化!!

70年代に筒井康隆が発表したSF小説『家族八景』のヒロイン。人の心を読むテレパスで、その能力を他人に知られないように家政婦をしながら放浪している。続編『七瀬ふたたび』『エディプスの恋人』とをあわせて七瀬三部作と呼ばれている。
ヒロインの魅力、ストーリーのおもしろさで人気が高く、過去、『家族八景 』はドラマ化、『七瀬ふたたび』はドラマや映画、漫画化もされている。
今回、筒井康隆原作の本作品を 主演:木南晴夏、監督:堤幸彦でドラマ化!

ストーリー

火田七瀬は人の心を読むことができるテレパス。自分の能力を他者に知られないようにひた隠しながら、家政婦として様々な家庭を転々としている。 忌々しい能力に悩む一方で、ついつい、仕事先の家族たちの心を読んでしまう七瀬。
穏やかに食卓を囲む夫婦や親子たちの心の中に潜む、言葉とは裏腹の本音を明るみにしていくのだった。

スタッフ

企画:大月俊倫、菅井敦、丸山博雄
プロデューサー:平部隆明、神康幸、竹園元、深迫康之
原作:筒井康隆「家族八景」(新潮社)
脚本:佐藤二朗、池田鉄洋、前田司郎、江本純子、上田誠
監督:堤幸彦 ほか
音楽:野崎良太(Jazztronik)
制作:ホリプロ
制作協力:オフィスクレッシェンド
製作:「家族八景」製作委員会、MBS

主題歌

南波志帆 3rd Single「少女、ふたたび」
MBS・TBS深夜ドラマ
「家族八景 Nanase,Telepathy Girl’s Ballad」主題歌
3.7発売

オフィシャルサイトはこちら…http://kazokuhakkei.jp/