近畿大会組み合わせ決まる

2017年10月17日

21日に開幕する秋季近畿大会(大阪・舞洲)の組み合わせが決まりました。
A智弁和歌山(和歌山1位)-履正社(大阪2位)
B法隆寺国際(奈良3位)-比叡山(滋賀2位)
C乙訓(京都1位)-神港学園(兵庫3位)
D智弁学園(奈良1位)-西脇工(兵庫2位)
E近江(滋賀1位)-日高中津(和歌山2位)
F明石商(兵庫1位)-彦根東(滋賀3位)
G大阪桐蔭(大阪1位)-京都翔英(京都2位)
H近大付(大阪3位)-高田商(奈良2位)
準々決勝A-B、C-D、E-F、G-H
抽選は、予選1位を3校ずつ均等に分け、2位校と決勝まで当たらないように振り分けます。残る3位4校は、初戦で同府県対決にならないよう配慮して、制約のあるチームから順に抽選(一応、順序抽選はありますが)していきます。今回は1位校の充実が目立ち、公立が7校と例年以上に多いのも特徴です。下位(2位以下)でも履正社はトップクラスの実力で、いきなり優勝候補の智弁和歌山と当たる目の離せないカードに。初出場の乙訓は、2枚の好投手を擁し、上位進出が期待されます。明石商の加田くん、彦根東の増居くんは近畿を代表する左腕で、投げ合いに期待。一般的に、下位校同士の勝者は、4強入りが必須で、特に近大付と高田商の勝者は上位校の勝ちあがり次第ではありますが、ふたつ勝たないと厳しいと思います。

センバツをめざして!

2017年10月 4日

お久しぶりです。
センバツをめざす近畿各府県の予選も終盤戦に入ってきました。
国体出場を控えた大阪桐蔭、天理(奈良)はそれぞれ準々決勝を終え、桐蔭は4強に残って近畿大会まであと1勝。天理はセンバツ出場の高田商に惜敗し、3位決定戦にセンバツへの望みをつなぎます。
滋賀は台風の影響で進行が遅れ、この週末3連戦で近畿大会出場校が決まります。
A彦根東-伊香
B八日市-比叡山
C近江-膳所
D近江兄弟社-日野
準決勝A-B、C-D
今夏出場の彦根東はエースの増居くんが健在で、安定感で一歩リード。選手層の厚い近江がこれを追う展開です。彦根東が連戦でどんな投手起用をするか、注目です。3年連続のセンバツを狙った滋賀学園は3回戦で近江に敗れました。滋賀は3校が近畿大会に進みます。

京都は順調に試合を消化し、4強が決まりました。京都は2校が近畿大会出場ですから、準決勝を勝ち抜かないといけません。
立命館宇治-乙訓
京都翔英-西城陽
2試合とも私学対府立の対戦。立宇治の里井監督と乙訓の市川監督は鳥羽の先輩後輩(市川さんが1年上)で、ともに名将・卯瀧監督の教えを受けました。投手陣の層が厚い乙訓と、上位打線が好調の立宇治の攻撃力が激突します。翔英は、優勝候補筆頭だった龍谷大平安をサヨナラで破っての進撃。2年連続の近畿出場を狙います。

大阪は、準々決勝組み合わせが以下の通りとなっています。
A履正社-大商大堺
B興国-池田
C近大付-箕面学園
D大阪桐蔭
準決勝A-B、C-D
桐蔭の国体出場で、C-Dは11日(水)に行われる予定です。公立で唯一残った池田は、昨秋も8強に進んでいて、健闘が光ります。相手の興国は49年前の夏の甲子園王者で、古豪復活の兆しが見えます。履正社は投手陣の不安定さが気がかり。桐蔭の実力は群を抜いていて、国体の疲れが出なければ不安材料はありません。投手力のいい近大付も楽しみです。大阪は3校が近畿大会に出ます。

兵庫は強豪がつぶし合い、4強のうち3校が公立と波乱の展開です。
西脇工-神港学園
市尼崎-明石商
優勝候補筆頭の明石商は報徳に完勝。神港学園は初戦で夏の甲子園出場の神戸国際大付を破ると、滝川二、東洋大姫路を連破。ベテラン・北原監督の勇退が決まっていて、「恩師に大舞台を」と選手たちが奮起しています。兵庫は、準々決勝で姿を消しましたが、尼崎小田、淡路三原も健闘し、予選を盛り上げました。3校すべてが公立になるか、神港学園が意地を見せるか、注目です。

奈良は天理が高田商に5-6で敗れる波乱。ライバルの智弁学園は順調に勝ち進んでいて、近畿大会は目前です。
決勝
高田商-(智弁学園-法隆寺国際)
智弁と法隆寺国際の敗者が、天理と3位の座を争います。法隆寺国際は、斑鳩時代にセンバツ出場経験があり、智弁も油断できません。天理は、夏の甲子園で完封勝利の坂根くんが高田商相手に制球を乱し、痛恨の敗戦。これを糧に近畿大会出場、そしてどこまで盛り返せるか。

和歌山は、準決勝進出の4校が決定。今回は2校が近畿大会出場ですから、準決勝敗退は即センバツアウトになります。
智弁和歌山-箕島
和歌山東-日高中津
近年、近畿大会で苦戦が続いている和歌山ですが、智弁和歌山が久々に充実した戦力。夏の甲子園で大阪桐蔭と互角に渡り合ったメンバーを多く擁し、近畿でもトップクラスの戦力。昨年、あと一歩でセンバツを逃した和歌山東や打線好調の箕島もチャンス十分です。

近畿大会は21日から、大阪舞洲で行われます。近畿の一般枠は6校で、4強進出が選出の目安。予選1位同士が当たることはありませんが、すでに天理の下位が決定。大阪の2強が決勝に進出しても、いずれかは下位になりますから、1位校にとっては脅威です。
・下位校は4強入りが必須
・21世紀枠も含め、必ず公立が選ばれる
などが近畿におけるセンバツ選考の傾向です。

夏の甲子園  近畿の予選展望~2~

2017年7月 4日

近畿でもいよいよ週末、球音が響き始めます。近畿の予選展望を続けます。

~兵庫~
報徳、神戸国際大付など激戦
センバツベスト4の報徳学園は、大角監督が就任して初めての夏になる。初陣となった春の県大会を制し、順調なスタートを切った。センバツで好投したエース・西垣や左腕の津高、三塁手兼任の池上など投手陣も充実し、試合運びの安定感は随一だ。
kozono.jpg
トップの小園(2年=写真)は長打力が増し、打線に活気を与える。小園が出塁してかき回し、主軸の篠原らで返すパターン。終盤の粘りも健在で、競り合いに強い。
センバツではまさかの初戦敗退を喫した神戸国際大付は、県下一の選手層を誇る。左腕の黒田はマウンド経験豊富で、大崩れしない。岡野ら控え投手陣のレベルアップと起用がカギになる。打線も強力だが、後手に回るともろい面もあり、精神面での逞しさが課題。明石商や報徳とは以前から相性が悪い。
秋の近畿大会に出た育英は、春も3位で上位は堅い。好投手がいる東洋大姫路や神戸弘陵、選手層が厚い神港学園も差はない。100人を超える部員がいる関西学院は、強豪集中ゾーンに入った。伊原木、高木の両輪がどこまで牽引できるか。
公立の強豪が強いのも兵庫の特徴。春の県大会で準優勝した社は、関学や神港学園を破っていて、投打に力がある。昨春センバツ8強の明石商も下級生が伸びていて、昨年決勝敗退の雪辱を期す。春に右腕・山本がクローズアップされた市西宮も楽しみなチーム。練習試合で大阪桐蔭もてこずった速球でどこまで勝ち進むか。昨年代表の市尼崎や、好投手・翁田のいる西脇工もチャンスは十分だ。

~奈良~
智弁学園が4大会連続を狙う
昨春、初めて甲子園優勝を果たした智弁学園が先頭を走る。旧チームから県内では負けなしで、春も苦戦しながら優勝した。
matsumoto.jpg
エースの松本(写真)が、決勝の奈良大付戦で中盤に大量失点し、主砲・太田の2本塁打で逆転サヨナラ勝ちした。昨夏の旧チームが、磯城野や郡山に追い詰められながらもひっくり返したように、このチームにも底力がある。肩の不調で心配された左腕の岩井も高田商に完投勝ちし、小坂監督を安心させた。
春は、智弁を追うライバルが実力通り4強に残り、シードされた。宿命のライバル・天理は順当なら準決勝で智弁と当たる。元近鉄の中村監督にとっては、2度目の夏の采配。打線の力は伝統だが、投手陣の失点が多いのは気になる。
センバツ出場の高田商は、左腕・古川、右腕・杉田に赤井(2年)も加わり、投手力は県下一。春は智弁戦で古川を温存し、夏に備えている。春の準優勝の奈良大付は、あと一歩で金星を逃した。攻守とも秋より戦力が大幅にアップしている。春の準決勝では、天理相手に打ち勝ち、自信を深めたはずだ。高田商と奈良大付の準決勝になるかどうか。
ノーシード勢では、伝統の郡山、御所実、橿原学院なども虎視眈々と上位を狙うが、春の4強が実力通りだったことから、準決勝以降はレベルの高い熱戦になりそうだ。

~和歌山~
智弁和歌山が先頭を走る
智弁和歌山が、投打に他校を引き離している。1年からレギュラーの文元、林(写真)ら2年生が軸の打線は、破壊力抜群。
hayashi.jpg
昨秋の近畿大会、滋賀学園戦で2本塁打を放った林は、春はケガに泣いた。秋に一番を打っていた蔵野が4番に座り、1年生の新戦力も加わった。投手陣は多彩。秋に主戦だった右腕の平田(2年)は速球が武器で、エースナンバーを背負う左腕の黒原は、キレのいい変化球と威力のある速球のコンビネーションが冴える。春に登板機会が増えた左腕の北もいて、不安はない。
秋に県で優勝しながら、近畿大会では4点のリードを守れず延長で散った和歌山東は、巻き返しを狙う。杉本(1年)が試合を作り、主将の野口で逃げ切る勝ちパターンを持つ。秋は2年連続で近畿大会に出ている高野山も力がある。両校とも春は早々に敗退したが、近畿大会では県外の強豪と好勝負を演じていて、侮れない。
春の県大会準優勝の和歌山商は、下手投げの宇田が面白い存在。秋、春とも智弁に敗れている。田辺は好投手を擁し、安定した成績。試合経験豊富な3年生世代が最後の夏になる名門・箕島は、このチームとしては実績に乏しいが、選手の力は智弁に次ぐ。昨年春夏連続出場の市和歌山は、速球派の宮本が相手校にとっては手ごわい。
和歌山勢は、甲子園だけでなく近畿大会でもここ数年ほとんど勝てておらず、野球王国復活を願うファンをやきもきさせている。

夏の甲子園  近畿の予選展望~1~

2017年6月28日

沖縄と南北北海道では、すでに甲子園をめざした戦いが始まっています。近畿でも組み合わせ抽選がほぼ終わり、いよいよ目標も決まって、臨戦態勢は整いつつあるでしょう。
それでは、近畿の展望を2回に分けて!学年は、注釈ない選手は3年です。

~滋賀~ 
彦根東と滋賀学園、近江が伯仲
秋優勝でセンバツ出場の滋賀学園と、春の覇者・彦根東が順当なら3回戦で当たる。
彦根東は、春の県大会で優勝。続く近畿大会でも京都王者の龍谷大平安を破った。原動力は左腕の増居(2年)。大事な試合を任され、滋賀学園に1失点完投。県決勝でも草津東を完封し、平安戦では2安打2失点で完投した。右腕の松井と左腕横手の原(2年)もいて、投手陣は万全だ。近畿準決勝では、大阪桐蔭を相手に8回までリードするなど、自信をつけている。
対する滋賀学園は、打線の奮起がカギ。エースの棚原を立てて彦根東に敗れたが、秋に猛威を振るった打棒は、センバツ以降鳴りを潜めている。神村、宮城(2年)、光本(2年)ら投手力は差がないだけに、後藤、武井らのバットに期待を寄せる。彦根東と当たる前に好左腕を擁する比叡山と対戦する可能性もあり、滋賀学園にとっては極めて厳しい抽選運となった。
2年連続出場を狙う近江は選手層が厚い。

kitamura.jpg

投手陣は、村田、香水(かすい)の上級生が力をつけ、秋に主力だった2年生の松岡、佐合(さごう)、金城らが控えに回る。入学早々、本塁打を量産し注目された北村(2年=写真)は、同校にとって待望久しかった右のスラッガーで、甲子園では安打を放ったが、長打力の本領は発揮しておらず、再度の大舞台で飛躍を誓う。今回は比較的恵まれたゾーンに入り、4強までは戦いやすい。
好左腕・木田のいる伊吹は、近年、力をつけシードされた。このゾーンの有力校は、瀬田工、水口など。また、サッカーの強豪として知られる草津東も春は近江に勝つなど楽しみなチーム。このゾーンには北大津が入った。名将・宮崎監督の異動(安曇川)で実質・新体制の北大津が優勝戦線をどこまで脅かすか。

~京都~
龍谷大平安、東山の古豪が激戦の同ゾーンに
近年まれに見る混戦。
秋、春とも4強に残ったのは龍谷大平安(秋3位、春優勝)だけで、古都の盟主がやはりこの夏も中心になる。エースの小寺(2年)は、速球を軸に変化球とのコンビネーションが秀逸。大型速球派の島田(2年)と春から好調の左腕・高井もいて、投手は質、量とも申し分ない。打線は、入学時から逸材として注目を浴びた岡田が最後の夏に一皮剥けるか。
今チームに関しては、小寺を始めレギュラーの過半数が下級生で、ここが弱点でもある。ベテラン・原田監督は、「最後の夏と言っても、2年生と3年生では考え方が全然違う。3年生がいかに変われるか」と上級生の発奮を促している。
対抗は、秋に平安を破って優勝した東山。

kanawa.jpg

エースの金和(写真)は、緩急をうまく使って粘り強い投球をする。控えの小山(2年)らのレベルアップが不可欠だ。打線は、秋に1番で春は3番を打った田中が軸。長打力があり、好機に強い。春は京都の公式戦で初めてのタイブレークを経験し、京都国際に敗れたが、戦力的には府下トップクラスと言える。
この両古豪が同じゾーンに入り、順当なら準々決勝で当たるが、東山は初戦で乙訓と対戦する。秋は公立で唯一、4強入りし、春のオープン戦では滋賀学園を完封するなど投手力の充実ぶりが目を引く。右腕・田中、川畑に左腕・冨山とエース級が揃い、強豪私学も羨む陣容。この試合が優勝争いを左右することは間違いない。このゾーンでは、洛星と鳥羽が初戦で激突するなど、突出した激戦となっている。
また、秋2位の京都翔英は、春2位の綾部と同じゾーンになった。好投手・北山のいる京都成章のゾーンでは、福知山成美と立命館の初戦に注目。この勝者は次戦で立命館宇治と当たる公算大。春日丘(大阪)で甲子園経験のある神前監督率いる京都共栄も力をつけ、京都国際と同じゾーンで上位を狙う。

~大阪~
王者・大阪桐蔭に待ったをかけるのは履正社しかない
センバツを制し、続く春の府大会、近畿大会でも優勝した大阪桐蔭が全国から注目を浴びる。近畿決勝は、春の府大会で履正社を破った東海大仰星に毎回得点の18-0で粉砕した。前日の彦根東戦で苦戦(9回逆転)した反省から、気合が入っていたこともあるが、夏の本番を前に力の差を見せつけた。
エース徳山はもちろん、左腕・横川、右腕・柿木(ともに2年)に経験を積ませ、底上げは万全。切り札・根尾(2年)もいて、投手陣に死角は見当たらない。骨折でセンバツを棒に振った捕手の岩本も復帰し、頼もしい。打線も藤原、中川、根尾らの下級生が順調に伸びていて、全国一の戦力であることは明らかだ。この「最強軍団」を倒すチームはあるのか?
ライバルの履正社は、春の府大会で下級生投手を起用して、桐蔭との直接対決を前に敗れた。センバツ決勝での敗戦ショックは少なからずあるようだが、残された時間はわずかしかない。

takeda.jpg

すべてはエース・竹田(写真)の復調に懸かっている。桐蔭が徳山以外の投手も力強いのに対し、履正社は竹田の力が飛びぬけているため、竹田が直接対決をいかにいい状態で迎えられるかが最大のポイントだ。センバツでも投げた左腕・松井、下級生の位田(いんでん)や岡田らがエースをしっかりサポートしたい。打線は全国屈指の強打・安田や主将・若林が健在で、全国を見渡しても、桐蔭と遜色ない戦力なのは履正社しかない。このライバル対決は、夏の甲子園決勝よりもレベルが高いと断言する。桐蔭が敗れるとすれば、甲子園より、予選の方が可能性が高い。
2強を追うのは古豪・大体大浪商。宮本、田村の左腕二枚を擁し、昨夏に続き投手力で勝負する。春の近畿では、智弁学園(奈良)を延長タイブレークで破った。秋優勝ながらセンバツを逃した上宮太子は、エース森田が頼みの綱。秋の履正社撃破は自信になっているはずだ。東海大仰星も近畿初戦で、センバツ4強の報徳学園(兵庫)に競り勝つなど、2強に続く有力校も全国レベルの力を持つ。しかし、近畿決勝のワンサイドで明らかなように、ツートップとはかなりの差があると言わざるをえない。

センバツ回顧

2017年4月11日

お久しぶりです。センバツが終わって、はや10日。プロ野球も本格化してきました。
今センバツは、史上初めて大阪勢同士の決勝になりました。大会前の評判どおり、大阪の2校をはじめ近畿勢が強く、ベスト4に3校が残りました。
秋の近畿、神宮大会を制した履正社(大阪)は、初戦で日大三(東京)を破って、最大の関門を突破。
準決勝で、永田監督勇退の花道を飾ろうと闘志を見せる報徳学園(兵庫)に苦戦しましたが、9回に逆転して、3年ぶりの決勝進出を決めました。
大阪桐蔭は、日程が厳しい最後の登場になりましたが、選手層の厚さを存分に発揮しました。
静岡との2回戦が最も苦しく、序盤でリードされ、終盤に突き放される展開をひっくり返しました。
準決勝の秀岳館(熊本)とは、意外な投手戦になりましたが、エースの徳山くんが踏ん張って1点差で勝ちました。
桐蔭の強さは、どんな展開になっても対応できる落ち着きで、窮地に立っても慌てず、ミスをせず、最後は自分たちの形に持っていけるところです。

それが決勝でも出ました。
3本のソロ本塁打で主導権を握り、逃げ切るかと思われた終盤、履正社に追いつかれ、流れを持っていかれそうな雰囲気でした。
そんな展開で、エース徳山くんの代打・西島くんが決勝本塁打を放つのですから驚きです。
改めて、西谷監督の采配、それに応えられる選手の能力に感服しました。
しかも、終盤勝負とみた西谷監督は、2年生のスーパープレーヤー・根尾くんを投手として待機させ、徳山くんを思い切って交代させました。
秋は履正社が7-4で勝っていましたが、しっかり甲子園でお返しし、5年ぶり2回目のセンバツ制覇を成し遂げました。
履正社は、エースの竹田くんが力投していましたが、最後は投手層の厚さ、桐蔭の控え選手の力量に屈しました。
大阪2強は、戦力的にそれほど差があるとは思えませんが、甲子園での実績、ここ一番での直接対決では、桐蔭が大きく水を開けています。
夏の予選はいずれかしか代表になれませんから、履正社には、この敗戦を糧に「打倒桐蔭」で頑張って欲しいものです。

IMG_4329.jpg

ところで、センバツの決勝は大阪2強対決でしたが、夏の甲子園でこの顔合わせはあり得ません。
現在の高校球界を牽引する2強の対戦は最高レベルであり、ある意味、「夏よりもレベルが高い」ともいえます。
また、桐蔭は下級生に有望選手が多く、来年は春夏とも優勝確実とささやかれています。
この夏も勝てば、4回連続甲子園優勝というとてつもない記録も夢ではなさそうです。
大阪2強に隠れましたが、今大会は福岡勢が揃って8強に進出し、活躍しました。

IMG_4077.jpg

福岡大大濠は初めてセンバツで勝ち、滋賀学園との延長引き分け再試合でも勝利しました。
東海大福岡は、神戸国際大付(兵庫)、早稲田実(東京)の有力2校を破り、大阪桐蔭にも肉薄しました。
いずれも地元選手で構成された好チームで、夏の再挑戦に期待します。
報徳は、秋こそ小粒で、甲子園での大活躍は期待薄でしたが、投打とも変貌し、4強は見事でした。滋賀学園は、延長引き分け再試合に敗れ、2年連続の8強は逃しましたが、インパクトは昨年以上。
初戦の東海大市原望洋(千葉)の金久保投手。
大濠の三浦投手という右腕トップ級投手と互角に渡り合いました。
エース・神村くんを欠いての戦いでしたから、夏への期待は膨らみます。
注目の早稲田実は、初戦で明徳義塾(高知)に土壇場で追いつき、延長で振り切って、勢いがつくかと思われましたが、次戦の東海大福岡に投手陣が崩れて完敗。
夏の大きな課題が残りました。
夏は日大三との西東京代表争いになると思われますが、投手を含めた守りは、相当頑張らないと厳しい印象です。
今大会は、引き分け再試合が2つあり、「タイブレーク」導入が近いのでは、という声が聞かれました。
個人的には絶対反対です。
15回で引き分けにして以降、再試合が急に増えていることから、元の18回に戻すか、15回で打ち切って、続きはサスペンデッド(継続試合として16回から始める。1イニングで終わることもある)にすればいいと考えます。
サスペンデッドの場合は、一度退いた選手の再出場も認めれば、肉体的負担も減らすことができると思います。
高校野球は文化であり、100年以上守られた伝統があります。
単に「時代の流れ」という安易な選択をせず、実際に18回を戦った人たちも交えてじっくり考えて欲しいと思います。