情熱大陸

切手デザイナー Vol.1307

日本郵便
切手・葉書室

NEXT

06.30(日)

よる11:00

情熱大陸 THE TEAM #2
“小さな宇宙”に精魂を込めて
知られざる 切手デザインチーム

大切な人への手紙に、どんな切手を貼ってみようか。
私たちのささやかな幸せは、日本にたった7人しかいない切手デザイナーによって生み出されている。
7人は日本郵便の社員で、切手・葉書室に所属。日常で使う普通切手はもちろん、コレクターも多い記念切手や、地域・季節などをテーマにした新作デザイン全てを担当している。発行まで約9ヶ月、取材、デザイン、印刷から広報活動に至るまで、手のひらにのる小さな切手に精魂を込める。

デザイナー歴10年の山田泰子デザイナーのこだわりは「手書き」の味わい。この夏発行の切手の原画として、ひまわりや朝顔など夏の風物詩を、実物も観察しながら水彩絵の具と色鉛筆で丁寧に描いていく。デザイナーになる前は、中学の美術教師・京都の山間部の郵便局員という異色の経歴。郵便配達をしながら出会った客の笑顔が、山田の創作の原点だ。

原画ができたら、チームの出番。毎回必ず7人のミーティングで内容を検討する。郵政省時代を知るチームリーダー・玉木明、誰もが使う普通切手を手がける貝淵純子、先輩デザイナーたちが山田のデザインにアドバイスを送る。料金表示、使える色、印刷技術...切手づくりには、とにかく制約が多い。それでも山田は「制約があるから面白い」とあきらめない。
とある日の会議...山田の発言がきっかけで「切手デザイナーとは何者か?」という議論が起こる。7人が語った切手デザイナーの「矜持」とは?

JAPAN POST Postage Stamps and Postcards Office

日本郵便 切手・葉書室
現在7人の切手デザイナーが所属。切手・はがきの企画やデザイン・発行、それから手紙に触れてもらうためのイベントやワークショップなど、切手・はがきに関する業務全般を行う。中でも、特殊切手のデザインは代表的な仕事で、新作全てを担っている。

BACK NUMBER

このサイトをシェアする