BACK NUMBER過去の放送

Vol.1214
2022年08月21日(日) 放送分

峯水亮[ 海洋生物写真家 ]

異星人のような、宝石のような、
海中漂う神秘の生命に魅せられて…

「海洋生物写真家」と聞けば、多くの人はクジラやイルカ、マンタといった誰もが知っている生き物を撮影する様子をイメージするかもしれない。しかし、峯水亮(51)が被写体として追うのは、広大な海の中で自ら泳ぐことすらままならない小さな"プランクトン"だ。体長数ミリから数センチ程度の魚や甲殻類、クラゲなどの赤ちゃんを専門に撮り続けている。

 

ミクロの生命体たちはとてもユニークな姿をしている。あるものは異星人を、あるものは宝石を連想させる。映画「エイリアン」に登場するクリーチャーのモデルになったともいわれる甲殻類『タルマワシ』は、『サルパ』というホヤの仲間を樽のように加工し住処にする。『セミエビ類』の幼生は、クラゲに乗って浮遊生活を送る。『ジェリーフィッシュ・ライダー』とも呼ばれ、クラゲを自在に操縦し、餌まで獲らせて成長する。

普段、その存在を意識することすらない小さな生き物たちは、しかし、一生懸命に生きている。

 

「彼らの命の繋ぎ方は、自分たちの想像をはるかに超えている。その世界を、もっと世の中に広めたい。」

 

国内外の写真賞を受賞し、研究者からも高い評価を受ける峯水。

今回番組は沖縄・久米島などの海である希少生物の撮影に挑む様子に密着。潮の流れを読み、昼夜を問わずダイブを繰り返す。漆黒の海中にそうして浮かび上がる神秘の生き物は、息を飲むほど美しい...。

PROFILE

1970年 大阪府枚方市生まれ。
1990年 二十歳の時、生まれて初めてダイビングを体験。その後、西伊豆大瀬崎でダイビングガイド・インストラクターとして働く。
1997年 写真家として独立。国内外の海でプランクトン(浮遊生物)を撮り始める。
2016年 日経ナショナルジオグラフィック写真賞2016 グランプリ受賞
2022年 第11回ハムダン国際写真賞1位受賞
著書に「ネイチャーガイド-海の甲殻類」、「世界で一番美しいイカとタコの図鑑」、「日本クラゲ大図鑑」、「Jewels in the night sea」などがある。プランクトンを観察する夜のダイビング・イベント「Black Water Dive®」をプロデュースしている。

STAFF
演出:畠山真弘
構成:浜田悠
ナレーター:窪田等
撮影:速形豪・関照男
音効:井田栄司
編集:佐藤雅哉
制作協力:放送映画
プロデューサー:中村卓也・沖倫太朗

このサイトをシェアする