BACK NUMBER過去の放送

Vol.1209
2022年06月26日(日) 放送分

服部由紀子[ ブライダルヘアメイクアーティスト ]

夫より先に選ばれる!?
花嫁の個性を引き出すカリスマ

"未来の結婚相手"ができるよりも先に、結婚式のヘアメイクは服部由紀子を指名しようと心に決めている女性たちがいる。それほど支持は絶大だ。
Instagramのフォロワーは約11万人(2022年6月時点)。イベントを開けば数百人の女性が集まる。これまでは式場の提携先の美容室でヘアメイクをしてもらうことが業界の通例だったが、そこに「指名制」という概念を初めて持ち込んだのが服部だった。

夫よりも先に選ばれる、人気の秘密は、3回のヘアチェンジの都度、花嫁のイメージを鮮やかに変えてみせる手腕にある。ヘアアクセサリーにもこだわり、生花で髪飾りを創作したり、海外デザイナーたちと提携して日本にひとつしかないプロデュース・アクセサリーを作ったりするなどして、その花嫁だけの個性を引き出す。こだわりはメイク道具やヘアスプレーの製作にまでおよび、これまでにないヘアメイクを実現させてきた。

人気の秘密はもうひとつ...花嫁ひとり一人としっかり向き合うこと。打ち合わせの際、ヘアスタイルの好みだけでなく、これまでの人生、夫とのなれそめや結婚後の生活、将来の夢などを聞き出し、人生のエッセンスをヘアメイクに取り込んで本人だけのスタイルをつくりあげる。
挙式当日は、花嫁や花婿に寄り添うだけでなく、両家親族のサポートも。

ただ、花嫁たちからの絶大な信頼がプレッシャーとなって、眠れない日々も少なくない。
華やかなジューンブライドの舞台裏と、ブライダルの枠を超えようとする服部の新たな挑戦を追った。

PROFILE

愛知県出身。年齢非公開の4月30日生まれ。
「誰かの支えになりたい」と考え大学で福祉を学び、同時に、傷やアザを隠すための特殊メイクを独学で勉強。就活中に結婚式場の募集を見て、華やかな世界に憧れを抱き就職。働く中で、結婚式のヘアメイクの仕事は“究極の福祉”だと気がつく。
25歳で名古屋のマンションの一室を借り、独立。噂が噂を呼び、行列店に。
2011年、セウ株式会社 代表取締役として会社を設立。
2019年には初の東京サロンを表参道にオープン。

STAFF
演出:小野さやか
構成:田代裕・和田萌
ナレーター:窪田等
撮影:水上智重子・井手口大騎ダグラス・立花宣
音効:増子彰
編集:宮島亜紀
制作協力:ドキュメンタリージャパン
プロデューサー:中村卓也・新津総子

このサイトをシェアする