BACK NUMBER過去の放送

Vol.1190
2022年02月13日(日) 放送分

リト[ 葉っぱ切り絵作家 ]

不思議と癒される…
一枚の葉っぱに込められた物語

その葉っぱには、親子の愛、友達の愛、様々な愛が宿っている。
"葉っぱ切り絵"という新たなアートを創造したリト。"癒される"と注目を集め、現在SNSのフォロワーは40万人を超える。人気の中心は30代、40代の女性。その優しい世界観がファンを増やしている。作品展では涙する人もいた。
リトの作品には主に擬人化したカエルやウサギなどの動物が登場する。食事をしたり、遊んでいたり...日常の何気ない場面を1枚の葉っぱから影絵のように切りだし、近所の公園で額縁代わりの空をバックに写真を撮れば作品は完成。SNSに投稿すると瞬く間に"いいね"がつけられていく。
ほぼ毎日、1作品を発表しているリト。癒しの作品とは裏腹に意外にも毎日、苦闘していた。構想で悩み、下絵を何度も書き直す。しかしいざ、葉っぱを切り抜く段階になると一心不乱。デザインナイフ1本で1ミリに満たない穴や線を辛抱強く、確実に切り取っていく...。

リトはここ1年でSNSの世界を飛び出し、作品展やイベントなどリアルの世界へも活動の場を広げてきた。高いもので30万円超の作品が、すぐに売り切れてゆく。メディアの取材も殺到し、芸能人ばりにポートレートを撮られる事も。
激変した生活に「慣れない」と語るリトだが、実は数年前まではサラリーマンだった。
曰く、失敗ばかりのダメ社員。もしやと思い、病院で診てもらうとADHD(発達障害)と診断された。ショックだったが、ホッとする気持ちもあった。退職して自分自身と向き合った。そこで気づいたのが子供の頃からあった"集中力"。集中すると他の事は目に入らなくなる短所をアートに活かそうと試行錯誤した。家に引き籠る彼を非難せず、支えたのが母。自分の道を見つけて欲しいと、静かに見守り続けたそうだ。

日本では誰も試みなかった「葉っぱ切り絵」。
コロナ禍の閉塞感にあるいま、人々に癒しと勇気を人々に与えているリトの姿を追いかけた。

PROFILE

1986年神奈川県生まれの35歳。
大学卒業後、寿司チェーンに就職。7年間勤務するがADHD(発達障害)の診断を受け、会社勤めに終止符を打つ。
独自に葉っぱ切り絵を考案し2020年1月にSNSで発表すると瞬く間に人気を博す。現在インスタグラム、ツイッター合わせて約40万人のフォロワーがいる。書籍も2冊出版。アート本としては異例の10万部を突破している。

STAFF
演出:澤田賢一
構成:田代裕
ナレーター:窪田等
撮影:加藤実智雄・稲熊真司・浜崎務・那波雄大
音効:北條玄隆
編集:張博文
制作協力:メディアメトル
プロデューサー:中村卓也・松井秀裕

このサイトをシェアする