BACK NUMBER過去の放送

Vol.1054
2019年05月26日(日) 放送分

横手貞一朗[ ボディメイクトレーナー ]

女優やモデルの“超美ボディ”にアスリートの“勝てるカラダ作り”まで。カリスマトレーナーの㊙メソッドに密着

紗栄子や滝沢眞規子、松島花...今をときめく女優やモデルが勝負をかけた仕事の前にこぞって頼る男がいる。「数日後の下着のCM撮影のためにデコルテと背中を美しく見せたい」「長期のドラマ撮影に向けて体作りをしたい」美女たちのあらゆる要望に応えるのがトレーナーの横手貞一朗(よこて・ていいちろう)だ。
横手が得意とするのは、360度どこから見ても美しくしなやかに動くための身体作り。たった2時間で驚くほど身体が変わるというトレーニングの極意は、筋肉・腱・筋膜を"ゆるめてしめる"こと。生活習慣の癖で歪んだ身体を呼吸やストレッチでゆるめて本来の姿勢に戻し、的確なアプローチで機能を引き出し、美脚・ヒップアップ・ウェストシェイプ・バストアップ・デコルテライン、そして表情筋にいたるまでラインを変えていく。
日々、相手への「究極の理解」を心がけ、視線や仕草、姿勢などを観察しコミュニケーションする中で、相手自身も気づかなかった不調の原因をあぶり出すこともあるという横手。「本人が思っているより調子がよくなるのが快感 」と語り、トレーニングが終わるころには客の心も身体もポジティブにして送り出す。
番組では、人気モデルの滝沢眞規子や松島花のトレーニングの模様に加え、アスリートのボディメイクも手掛ける横手に密着する。勝負の世界に生きるプロサーファーの身体と心をどうサポートしていくのか?今月開催されたサーフィンの世界大会に同行し、表舞台で輝くプロを陰で支える立役者として奮闘する姿や、薄着の季節を前に魅力的なカラダ作りの㊙メソッドに迫る。

PROFILE

1974年神奈川県生まれ。幼少期から家の近所の山を駆け回り、野球、サッカー、水泳、バスケットボール、テニス、陸上、その他多岐にわたるスポーツをこなす。中学1年生の頃に肺のレントゲン写真に影が写り、1年半運動を禁止された際には全国大会に出場できる成績を叩き出すほどゲームにのめりこむ。1993年よりパーソナルトレーナーとして活動を開始。20代でブラジルの総合芸術・カポエイラに出会い追究を続ける中で、独自のトレーニング法を編み出す。30歳で大手スポーツクラブに所属してからは10年間トップの成績を出し続け、2015年に独立。有名モデル、女優、アスリートなどから絶大な支持を受けるように。体への意識の高さから食へのこだわりも強く、数年前からスパイスカレーにハマってからは週6で通うこともあるとか。口癖は「最高です」と「感謝です」。苦手なものは「蜂」という45歳。

STAFF
演出:出張 真理子
構成:田代裕・重乃康紀
ナレーター:窪田等
撮影:松村敏行
音効:中嶋尊史
編集:大竹真利
制作協力:ドキュメンタリージャパン
プロデューサー:中村卓也・新津総子

このサイトをシェアする