BACK NUMBER過去の放送

Vol.1022
2018年10月07日(日) 放送分

向谷 実[ 鉄道シミュレータ開発者 ]

鉄道会社の運転シミュレータを作った鉄道マニアはあの伝説的バンドの元キーボード奏者!?
カシオペア向谷が世界の鉄道界に挑む!

1980年代に一時代を築いた伝説的フュージョンバンド『カシオペア』の元キーボード奏者にして、カリスマ鉄道マニアとして知られる向谷実。鉄道好きが高じてバンド活動中から鉄道シミュレーションゲームの開発を始め、改良を重ねたシステムはマニアの間で高く評価されるように。やがてその唯一無二の再現性に目をつけた鉄道会社が職員のトレーニング用として正式に採用し、一気に業界の注目を集めた。
鉄道シミュレータとは、乗務員が通常の運転に加えて、実際に体験することの少ない様々なトラブルを想定し、瞬時の判断と取扱いを繰り返し訓練するためのものだが、とりわけ向谷のシミュレータは、実写と音にこだわり、リアルさを追求しただけでなく、運行上のトラブルが起きた際に日本の「車掌」「運転手」「司令」が一体となって問題を解決するシステムを取り入れているのが特徴だ。
番組では、向谷とJR東日本がこのシステムをひっさげ、2年に一度開かれる世界最大の鉄道技術見本市に挑む様子に密着する。
実際の運行に関しては世界でも類を見ない正確さを誇る日本の鉄道会社だが、向谷が開発したシミュレータは果たして海外の鉄道プロたちにどう評価されるのか?
本番を前にドイツ・ベルリン中央駅を視察するも、日本と海外の安全確認の違いに不安を募らせていく向谷。さらに見本市の会場では思いもよらないトラブルが勃発・・・多くの鉄道ファンを唸らせ、プロの鉄道業者の信頼をも勝ち得た鉄道マニアの意地と根性のドキュメントをどうぞお楽しみに。

PROFILE

1956年東京都出身。20歳の頃に当時まだアマチュアバンドだったカシオペアにキーボード奏者として加入し、1979年メジャーデビュー。2006年の活動休止まで、音楽活動のかたわら、自身が培ってきたコンピュータ技術を活かして鉄道シミュレータゲームの開発を始める。現在は乗務員の教育用シミュレータシステムの製造販売をちゅうしんとして国内のみならず海外にも幅広く進出している。また、昨今のその重要性が問われているホームドアの軽量型タイプも開発し、各方面から大きな注目を浴びている。幼少期より熱狂的な鉄道ファンで、幅広い知識と切れ味鋭いコメントでテレビ・ラジオの出演、講演やセミナーも多数行っている61歳。

STAFF
演出:坂井直之
構成:田代裕
ナレーター:窪田等
撮影:土谷三代・岩井謙
音効:中嶋尊史
編集:森岡早苗
制作協力:ジャンプコーポレーション
プロデューサー:中村卓也・芦田政和

このサイトをシェアする