2018年09月02日放送

イガリシノブ

ヘアメイクアップアーティスト

巷で続々「イガリ顔」増殖中!常識破りの技で女性を魅了する39歳。
大人気の「おフェロメイク」って何?

今、「一番可愛い顔になれる!」と、若い女性から絶大な支持を得ているヘアメイクアップアーティストのイガリシノブ。様々な雑誌で彼女が施す「イガリメイク」「イガリ顔」特集が組まれ、インスタのフォロワー数は21万人以上。石原さとみ、広瀬すずなど有名芸能人のイガリメイクファンも多い。コラボ商品は瞬く間に完売する人気ぶりだ。
特徴は雑誌「ar」がネーミングして話題となった「おフェロメイク」という言葉。「おフェロ」とは、色気たっぷりで、可愛いさもありながら、セクシーという意味だそうだ。透明感のある肌に、まるでお風呂上りのように上気した頬、ぽってりとした唇…そんなヘルシーで愛らしい色気を瞬時にまとえるというのがイガリシノブが施すメイクなのだという。
番組では、今や日本だけでなく韓国を中心にアジアでも旋風を巻き起こしているイガリメイクの秘密に密着。さらに、若い女性向けだけでなく「40代のヘルシーメイク」というお題を女性誌から依頼され、中年層に向けた新たなテクを生み出すイガリを徹底取材した。自分の嫌いな部分をメイクで隠さず、それを個性としてさらけ出すという常識破りの理論をもとに、彼女の持つ創造性が如何なく発揮された中年層向けメイクの新境地に編集者からは「天才!」と声があがり・・・。
さらに、イガリの念願が叶い、元サッカー選手の澤穂希にメイクをすることになった。「その人の人生をメイクで表現する」と語るイガリ。果たして出来栄えは・・・?
化粧で人生を明るく花開かせる39歳のカリスマが見せるスーパーテクニックに迫る。

プロフィール

イガリシノブ

イガリシノブ

1979年横浜生まれ。バンタンデザイン研究所を経てロンドンで修行。2005年BEAUTRIUM ヘアメイクチームに所属。ファッション誌を中心に、コレクション・広告・TV・LIVEなど幅広い分野でヘアメイクを手がける。
現在は人気女性雑誌「With」「&ROSY」などの連載を持ち、「BEAUTRIUM ACADEMY」ではメーク講師を務める。初のメイクブック「イガリメイク、しちゃう?」(宝島社)は10万部を超える異例の大ヒット。特技はサーフィン、剣道。趣味は映画、漫画。           
3歳の娘と二人暮らし。ママちゃりで仕事場を駆け回る39歳。


担当スタッフ

演出:石原徹
構成:浜田悠
ナレーター:窪田等
撮影:水上智重子・西徹
音効:石垣哲
編集:大山幸樹
制作協力:テレビマンユニオン
プロデューサー:中村卓也・高田好子

« 前の放送過去の放送一覧次の放送 »

公式Facebook

Twitter

#情熱大陸

Instagram

ページトップへ