2018年03月11日放送

半崎美子

シンガーソングライター

大注目の「ショッピングモールの歌姫」。
思わず落涙“メンタルソング”が作られる裏側に密着!

デビューから17年もの間、事務所やレーベルに所属せず全国のショッピングモールを渡り歩き音楽活動を続けて来たシンガーソングライターの半崎美子。ノスタルジックな歌声と、心の琴線に触れるメッセージ性の高い歌詞が特徴で、歌うと会場のどこかで必ず涙する人が出ることから「泣き歌の女王」「ショッピングモールの歌姫」との異名を持つ37歳だ。ショッピングモールを周りながら出会った人たちの人生エピソードを歌詞に綴り、握手会で触れ合った時に感じた気持ちをメロディーに乗せた彼女の歌は不思議な共感を呼びハマる人が続出。全国規模で口コミが広がり、去年、5社が争奪戦のうえにメジャーデビューが実現し、有線大賞新人賞を受賞した。
番組では、一躍注目の的となった半崎に密着。誰かの想いを歌にして深い共感を呼ぶ“メンタルソング”は、一体どのようにして生まれるのか?楽曲制作の舞台裏を追った。
さらに、「自分の歌が自分より長生きしてほしい。一番の望みは歌が教科書に載ること」と話す半崎だが、岩手の中学校の道徳の授業で彼女の歌が取り上げられたという知らせを聞き、中学生たちに会いに行くことに。思春期真っ只中の彼らとの触れ合いは半崎にどんなインスピレーションを沸かせたのか・・・。
人は、時に思い切り涙することで心が浄化されるという。デトックス感たっぷりの“泣き歌”の秘密、どうぞお楽しみに。

プロフィール

半崎美子

半崎美子

1980年北海道出身。大学在学中に音楽に目覚め、中退し上京。パン屋に住み込みで働きながら作曲活動。17年間ショッピングモールを中心に活動を続け、事務所やレーベルに所属せず単身で赤坂BLITZの単独公演を2014年から3年連続ソールドアウトさせ音楽業界から注目を集める。2017年メジャーデビュー。代表作に、ほろ苦い切なさを綴った「サクラ〜卒業できなかった君へ〜」や、子供の成長を喜びながらも手が離れる寂しさが滲む母親目線の「お弁当箱のうた〜あなたへのお手紙」など。37歳。


担当スタッフ

演出:中野伸郎
構成:田代裕
ナレーター:窪田等
撮影:福元憲之・伊澤豪
音効:中嶋尊史
編集:田中藍子
制作協力:ルーカス
プロデューサー:中村卓也・富澤正義

« 前の放送過去の放送一覧次の放送 »

公式Facebook

Twitter

#情熱大陸

Instagram

ページトップへ