MBS 毎日放送

都立水商!~令和~

MBS/TBSドラマイズム枠にて
5月初旬スタート
MBS:5月5日(日)深夜0:50~
 / TBS:5月7日(火)深夜1:28~

日本初!?水商売専門教育の公立高校を描いた
ベストセラー小説原作
「都立水商!~令和~」
竜星涼主演で開校!!

竜星演じる新米教師と、水商売を目指す生徒達との熱い人間ドラマを描く新感覚・本格学園ドラマ!

番組内容
MBS/TBSドラマイズム枠にて「都立水商!」(室積光著、小学館)を実写ドラマ化することが決定!
原作は、2001年に小学館で刊行された小説。猪熊しのぶ作画で漫画化もされ、250万部を超えるベストセラーとなった。舞台は、東京・新宿歌舞伎町にたたずむ、都立高校。その名も「東京都立水商業高等学校」略して「都立水商」。水商売を目指す生徒達のために、水商売のイロハを教える都立高校があったら…。という架空の設定で描かれた本作は、その斬新な設定と、知られざる水商売の裏側を通じた濃厚な人間ドラマから、連載当時から大きな人気を博している。
そしてこの度、竜星涼主演で実写ドラマ化!元号発表を経てドラマ版タイトルを「都立水商!~令和~」とし、現代の世相と水商売のシステムを反映させた完全オリジナルストーリー&オリジナルキャラクターで、新感覚・本格学園ドラマとして描いていく。

「獣電戦隊キョウリュウジャー」での主演以来俳優として大きな飛躍を続け、最近では「アンナチュラル」(TBS)「昭和元禄落語心中」(NHK)「メゾンドポリス」(TBS)など幅広い役柄で話題を呼びカメレオン俳優との呼び声が高い、俳優・竜星涼。竜星がこの度演じるのは、都立水商に社会科教師として着任し、生徒が抱える様々なトラブルに巻き込まれていく主人公・石綿直樹(いしわたなおき)。就活に焦っていた直樹は、彼女のため、「先生」の肩書欲しさにとりあえずネットで見つけた高校に応募。そして就職後初めて、「水商」が水商売の高校だと知る。
社会人一年目、水商売はおろか教師の右も左もわからない彼が、生徒達とどう向き合い、成長を遂げていくのか。甘くはない「夜の世界」に、様々なバックグラウンドを持って飛び込んでいく生徒達と、彼らに寄り添う新米教師・直樹が織りなす熱く濃い人間ドラマが大きな見ものとなっている。
尚、「夜の世界」を極めた個性強烈な教師陣、そしてネクストブレイク必須の若手が集う生徒達の続報にも乞うご期待!

また、この度メガホンをとるのは現在高橋一生×川口春奈W主演『九月の恋と出会うまで』が公開中の山本透監督。
教師や生徒一人ひとりのバックグラウンドに寄り添い、オリジナルキャラクターをキャストと丁寧に作り上げた。彼らが展開する「激アツの人間ドラマ」にぜひご期待頂きたい。
登場人物
■石綿直樹(演:竜星涼)

23歳。都立水商の新任社会科教師。3年C組担任。
大学卒業後、就職浪人して彼女のためにひとまず「先生」の肩書欲しさに都立水商の教師になる。
就職後初めて「水商」が水商売の意味だと知り、わけも分からず働き始める。不器用ながらも面倒見はよい性格。

Q&Aコメント
Q:出演オファーを受けた時の感想をお聞かせください。
A:まず題材が面白い!と思いました。本来大人の世界である水商売のイロハを、高校生に真面目に細かく教えるこのドラマは、とても斬新だと思います。普段知ることのない水商売の裏事情をポジティブに描き、世の中へ挑戦的なメッセージを伝えられればいいなと願っています。

Q:「石綿直樹」の役柄についてお聞かせください。
A:僕が演じる直樹は、頼りがいがないけれど一生懸命な人間です。いい意味で先生っぽくなく、お兄ちゃんのような存在として普通の先生よりも近く生徒に寄り添う姿勢は好感が持てます。悪戦苦闘しながらも生徒と一緒に成長し、本当の先生になっていく直樹の姿を楽しみにしてもらえればと思います。

Q:撮影現場の様子はいかがですか?
A:フレッシュなキャストの皆さんが多いので、現場では僕も新鮮な気持ちで楽しく過ごしています。これまで生徒役としてドラマに出ていた頃を思い出しますし、当時教師役で出られていた先輩たちが教えてくださったことを受け継いで、今度は僕が生徒役の子達に恩返しをしようという気持ちで過ごしています。

3年C組座席表

山本透監督コメント
深夜のエロコメ?と思いきや 気づいたら、激アツの人間ドラマになりました!
主演の竜星くんを中心に、ネクストブレイク確実な、イケテル男女(一部キャラもん笑)がバッチバチに競い合う撮影現場は、最高にドラマチックで、この感覚を早く皆さんにお届けしたい!
ちょっぴりエロくてためになる? 笑って泣けて、ツッコミたくなる?前置きが1行で収まらない(汗)
つまりは、味噌バターコーン味玉つき炙りチャーシュー大盛り、味濃いめ!みたいなドラマです笑

山本 透
1969年3月20日生まれ、東京都出身。
大学を卒業後、フリーランスの助監督として多数のドラマや映画にかかわる。
2008年『キズモモ。』で長編映画監督デビュー。2012年『グッモーエビアン!』では、ヒロインの三吉彩花に第67回毎日映画コンクール スポニチグランプリ新人賞をもたらした。近年の監督・脚本作に、『探検隊の栄光』(2015年)、『猫なんかよんでもこない。』(2016年)、『わたしに××しなさい!』(2018年)、『九月の恋と出会うまで』(2019年3月1日より公開中)など。

あらすじ
 時は令和。東京歌舞伎町にひっそりとたたずむ、高校がある。「東京都立水商売商業高等学校」略して「都立水商」。ここは水商売に関する専門教育を行う都立高校だ。
就活中の石綿直樹(23)は、彼女のために「先生」の肩書欲しさで水商へ就職。そして就職後初めてこの高校が水商売専門の高校であることを知り、訳も分からず働き始めることとなる。
この学校にはキャバクラ科・ホスト科・マネージャー科・フーゾク科の4つの科があり、シャンパンコールの朝礼やキャバクラ実習での熾烈な指名争いなど、高校の実態を知り困惑するばかりの直樹。
 そして3年C組の担任を受け持つことになった直樹だが、着任早々、生徒たちが起こす思いもよらないトラブルに次々と巻き込まれることになり…!?
 水商売の未来を拓く!「都立水商」ここに開校!
スタッフ
原作:室積光「都立水商!」小学館
監督:山本透(『グッモーエビアン!』『九月の恋と出会うまで』)
脚本:森ハヤシ(「ヒモメン」「脳にスマホが埋められた!」)
制作プロダクション:ダブル・フィールド
制作協力:セディックドゥ
製作:「都立水商!~令和~」製作委員会・MBS
番組公式SNS
ドラマ公式Twitter:@toritsu_mizusho