BACK NUMBER過去の放送

Vol.1159
2021年06月20日(日) 放送分

佐藤涼子[ ボイストレーナー ]

ミスチル、セカオワ、LiSAも!
日本音楽シーンを支える歌の先生

Mr.Children・桜井和寿、SEKAI NO OWARI、LiSAなど、名だたるトップアーティストが絶大の信頼を寄せるボイストレーナー佐藤涼子、57歳。
ボイストレーナー歴32年目であり、過去10年間でNHK紅白歌合戦に出場した担当アーティストは60人以上にのぼる。佐藤の代名詞とも言える、独自の発声法「オタケビ」は腹圧を使い「おぉ〜」と低音から高音まで一気に出すことで声帯のストレッチができるというもの。ライブや音楽番組の本番前、生徒はもちろん、生徒以外のアーティストも真似をするほど名のしれた発声法だ。
佐藤の拠点は自身が経営するレッスンスタジオ。1日6人〜7人のアーティストがお忍びで訪れるが、そのジャンルはJ-POPやロック、ヒップホップなど多岐にわたる。「レコーディングの直前で」と駆け込んできたアーティストには歌が魅力的になるアクセントを細かく提案。表現力の幅を広げ、曲全体を構成していく。「ロングトーンが続かない」とやってきたアーティストには、声のもととなる腹圧を鍛えるトレーニングを入念に行う。 
時に佐藤は、心に闇を抱えたアーティストを回復に導き、内面まで鍛える。 "心技体"を極める「歌道・りょんりょん流」は業界でも高く評価され、門を叩く生徒は後を絶たない。佐藤の活動の場は、レッスンスタジオだけではない。担当アーティストのツアーや音楽番組へも帯同し、心身ともに支えている。番組では佐藤が目をかけて指導している、同年代から圧倒的な支持を受ける若手アーティスト・ちゃんみなのツアーの舞台裏に密着。さらに、佐藤のルーツを辿るため、生まれ故郷の山形へ。亡き父が作ったオーディオルームやプロを目指して練習した蔵が佐藤の帰りを待っていた...。
時に勇ましく、時に少女のような佐藤。彼女と生徒の愛に溢れた日々に迫った。

PROFILE

1963年、山形県庄内町生まれ。音楽一家で4歳からピアノを習う。国立音楽大学声楽科を卒業後、二期会オペラスタジオの研究生として学び、数多くのオペラの舞台に立つ。30歳でゴスペル歌手・亀渕友香率いるコーラスグループのメンバーとなり数々のステージ、TVに出演。その頃亀渕に誘われ、本格的にボイストレーナーとなる。35歳で独立し、自身のレッスンスタジオを開校。2009年には弟子がレッスンを担当する第二教室を開校。アマチュアからプロまで幅広く歌唱指導を行う。

STAFF
演出:田中安美
構成:田代裕・重乃康紀
ナレーター:窪田等
撮影:今野想大
音効:早船麻季
制作協力:オルタスジャパン
プロデューサー:中村卓也・申 成皓

このサイトをシェアする