BACK NUMBER過去の放送

Vol.1060
2019年07月07日(日) 放送分

田中 彰[ 渓谷探検家 ]

巨大な渓谷に挑む探検家がいる。100メートル超の滝や険しい岸壁が連なる前人未到の地を攻略せよ!

大自然の中、川の流れを追い、下流に向かってただひたすら進む。数十メートル下の川へと飛び込み、時には100メートルを超える滝をロープ1本で下ることも...。「渓谷」の合間を駆け抜ける今人気の新しいウォーターアクティビティ「キャニオニング」日本人として、その第一人者であり、世界トップレベルの知識と技術を持つのが、田中彰だ。

「死ぬまでに何かで一番になる」ことを夢みていた田中は、29歳の時にキャニオニングと出会い、現在は"自然の宝庫"として有名な観光地・群馬県みなかみ町のウォーターアクティビティ体験施設・キャニオンズを拠点に、日本各地でアウトドアを楽しむ人々のガイドをする傍ら、世界各地の未踏の渓谷を見つけては遠征を繰り返している。
これまでの渓谷探検で大怪我をして再起不能になりかけたこともあったが、田中を突き動かすのは、「前人未到の地」に自分の足で踏み入れ、誰も見たことのない景色を目にすること。

番組で は、前人未到とされる台湾の大渓谷、卡社(カーサ)渓へのアタックに密着。これまでは水量が多すぎアプローチ不可能だったが、今年は台風が寄り付かなかったこともあり、渓谷にチャレンジすることが決まった。命の保証もない孤高のミッションは、果たして成功するのか?

人間の閾値を更新し続ける渓谷探検家の挑戦に迫る。

PROFILE

1972年兵庫県淡路島にて種屋の長男として生まれる。関西大学文学史学・地理学科で学ぶ傍ら探検部に所属、アウドドア活動に目覚める。在学中、「木登り」で京都大学のある研究に参加、アフリカの樹上で一ヶ月半もの期間一度も木から降りず暮らした経歴を持つ。大学卒業後の海外放浪生活を経て、古来より川遊びが盛んな吉野川でラフティングのガイドを始めると同時に、大きな茅葺屋根の居を構え、トレーニングの日々を送る。2017年にアジア人として初めて、世界でも9人しかいないという国際キャニオニング協会(CIC)認定インストラクターとなる。大自然の中自らの道を切り開くキャニオニングの魅力を伝え、アウトドアガイドで稼いだ資金を元手に、オセアニア、アジア、ヨーロッパ、南米などへの遠征を繰り返し、「自分だけの道」を開拓し続けている。

STAFF
演出:下口谷充
構成:浜田悠
ナレーター:窪田等
撮影:池村泰貴・森屋進
音効:井田栄司
制作協力:テレビマンユニオン
プロデューサー:中村卓也・深田祐輔

このサイトをシェアする