BACK NUMBER過去の放送

Vol.1035
2019年01月13日(日) 放送分

田中達也[ ミニチュア写真家 ]

インスタフォロワー170万人!「ミニチュアの神」が作るお洒落で遊び心満点の作品世界が話題!

誰しも一度は思ったことがあるはず。
ブロッコリーやパセリが森に見えたり、水面に浮かぶ葉っぱが小舟に見えると...。
そんな何気ない思いつきをジオラマ用の小さな人形と身近にある日用品や食品を使ってアート作品にし、独特な"見立て"の世界を表現するミニチュア写真家の田中達也。
例えば、クロワッサンを雲に見立てた「クモワッサン」。コッペパンを連結させ新幹線に見立てた「新パン線」。ブラシやタワシで稲刈りの風景を見立てた「田舎ぶらし」。
ユーモアセンス抜群の作品たちを写真に撮り、2011年から「ミニチュアカレンダー」として自身のSNSで日めくりカレンダーのように毎日投稿したのが話題となり、現在インスタグラムのフォロワーは170万人超え。中国や台湾などアジアでも人気が高く、個展を開催すれば12万人もが来場し、現地メディアからは「小型(ミニチュア)の神」と賞賛される大注目のアーティストだ。
自身の職業を"見立て作家"とも語る田中だが、実際に私たちが普段何気なく目にしている日用品...例えば洗濯ばさみやトイレットペーパー、野菜、フルーツなどが田中の視点を通して何かに"見立て"られると、たちまちクスッと笑えるとびきり素敵な情景に生まれ変わる。果たしてその独特な世界観や発想はどうやって生まれるのか。その源泉を探るべく、創作活動や家族との生活に密着。すると独自の"見立てのルール"なるものが明らかに...。ともすると物の使い方や見方を固定しがちな私たち大人とは対象的に、どこまでも柔軟で型にはまらない思考の方法や子供心を保ち続けるヒントが盛りだくさんだ。
 さらに今回、自身「初」となるスーパーマーケットでの美術展に挑戦した田中。ミュージアムではなく、日常の導線であるスーパーを舞台に一体どんな世界を作り上げるのだろうか。お洒落でスタイリッシュ、でもどこか懐かしく温かい...日常が非日常になるミニチュアワンダーランドの魅力と舞台裏をたっぷりとお伝えする。

PROFILE

1981年熊本県生まれ。ミニチュアの視点で、日常に存在する物を別の物に見立て、独自の視点で切り取った写真「MINIATURE CALENDAR」がインターネット上で人気を呼び、雑誌やテレビなどのメディアでも広く話題に。2017年NHK朝の連続テレビ小説「ひよっこ」のタイトルバックを担当。写真集に「MINIATURE LIFE1,2」「Small Wonders」などがある。鹿児島県にある自宅兼工房で、妻と息子二人と暮す。妻曰く「子どもと遊ぶのが天才的に上手な人。手先の器用さとセンスを活かして段ボールで迷路や秘密基地、子供が乗れる電車などまるで魔法を使うようにさささっと作り上げてしまう」という37歳。

STAFF
演出:辻陽子
構成:田代裕・重乃康紀
ナレーター:窪田等
撮影:濱﨑務
音効:増子彰
編集:野村太
制作協力:オルタスジャパン
プロデューサー:中村卓也・申 成皓

このサイトをシェアする