MBS 毎日放送

INTRODUCTION

舞台は2009年。東京近郊。
リーマン・ブラザーズの経営破綻により日本でも多くの会社員が職を失った当時、若者の貧困率が高齢者を大きく上回り、世代間格差という言葉が生まれた。
まさに、持つ者と、持たざる者が生まれた時代ー
本作は、一流企業から新卒切りの憂き目に遭い、望まずも、オレオレ詐欺に手を染めることになった若者の顛末を描く社会派詐欺エンタテインメント

主演は、映画「L♡DK」やドラマ「ミストレス」など数々の話題作に出演を続ける人気急上昇中の俳優・杉野遥亮。
本作では連続ドラマ初主演作としてこれまでのイメージを覆し、詐欺稼業でのし上がっていく主人公・草野誠実を熱演。
共演には、名バイプレイヤーの前野朋哉、人気急上昇の女優・山本舞香、数々のドラマや映画で存在感溢れる演技を披露する大谷亮平。
他にも、山中崇、和田正人、西田尚美、杉本哲太といった実力派俳優陣から、戸塚純貴、福山翔大、水間ロン、若林拓也、華村あすか、柳俊太郎といったこれからの活躍が期待される若手俳優陣までバラエティに富んだ俳優陣が出演。

原案は、<犯罪現場の貧困>をテーマに裏社会に生きる若者への取材を行うルポライター鈴木大介によるノンフィクション「老人喰い」

STORY

大手企業をクビになった男の
再就職先はまさかの詐欺師!?
望まずも、詐欺師として
裏社会でのし上がってしまう
男の運命や如何に?

名門私立大学卒業後、大手企業に就職し、順風満帆な勝ち組人生を歩んでいた草野誠実(杉野遥亮)。
しかし、リーマンショックにより、入社わずか半年で新卒切りに遭う。
時を同じくして、父親が病に倒れ、父親の命を救うには保険の効かない高額な治療を受けなければいけないという事態に。

さらには、再就職先が見つからず、銀行には教育ローンの返済を催促される始末。
理不尽な社会に絶望し、追い詰められた誠実は1日で数十万円稼げるという怪しげなバイトをすることに。
それは、オレオレ詐欺でターゲットとなった老人が振り込んだお金をATMから引き出す“ダシ子”という仕事だった。

そして、その仕事で気概を認められた誠実は、直接、老人に振り込め詐欺の電話をかける“かけ子”という仕事を強要されることになる。

地獄の研修、個性的な仲間たちとの出会い、初めての成功、リーダーへの抜擢
草野は詐欺稼業での躍進に葛藤しながら、いち早くお金を稼ぎ、裏社会から抜け出そうとするが…

はからずも、詐欺師として裏社会でのし上がっていってしまう彼に訪れる結末とは!?

#01

2008年、リーマンショックの影響で新卒切りにあった草野誠実は、学生ローンの支払いや大病を患った父の治療費に苦しめられる。
そんな誠実に怪しいバイトを持ちかける親友の祥太郎。幼なじみの美咲の忠告を無視して話に乗る誠実だが、そのバイトとは振り込め詐欺の現金引き落とし役だった。
犯行当日、警察に追われた祥太郎を助けようとして事故を起こしてしまう誠実。集金屋の山田に捕らえられ、振り込め詐欺の実行現場に送り込まれてしまう。

CAST

杉野遥亮 前野朋哉 山本舞香
戸塚純貴 福山翔大 水間ロン 若林拓也 華村あすか
栁俊太郎 山中崇 和田正人
西田尚美 杉本哲太 大谷亮平

  •  

  • 草野誠実
    (演:杉野遥亮)

  • 清宮壮一
    (演:前野朋哉)

  • 吾妻美咲
    (演:山本舞香)
  •  

  • 田中祥太郎
    (演:戸塚純貴)

  • 来栖達也
    (演:福山翔大)

  • 杜 洋平
    (演:水間ロン)

  • 剛力 卓
    (演:若林拓也)

  • 辻 姫花
    (演:華村あすか)
  •  

  • 小沼
    (演:栁俊太郎)

  • 山田 良
    (演:山中崇)

  • 毒川 馨
    (演:和田正人)
  •  
  •  

  • 草野幸子
    (演:西田尚美)

  • 東条
    (演:杉本哲太)

  • 神部逸
    (演:大谷亮平)
  •  

MOVIE

  • 放送前予告

STAFF

監督:
小林勇貴

映画『全員死刑』を手掛けた新進気鋭の映画監督。
本物の不良少年たちを出演させ、数々の国内映画祭に出品を果たした映画『孤高の遠吠』や、間宮祥太朗が出演を果たしたことでも話題を集めた映画『全員死刑』など骨太な世界観をエンタテインメントとして描き切る。

コメント

主演・杉野遥亮の魅力はどんなところですか?

今回、杉野さんが演じた草野誠実という役は、お金の事情で追い詰められてしまった若者なんですがその役の気持ちに寄り添いながら、役の痛みを受け取りながら、演技をするという共感能力の高さが監督として本当に嬉しいですし、役者として非常に信頼しています。
また、ともすれば、詐欺=罪=悪いことという方程式でモノを考えがちですが、想像力をもっているからこそ、そんな単純な方程式で割り切れないことがこの世の中に存在することを本能的に理解しているのは彼の人間としての柔軟性であり魅力だと思います。

この作品を通じて表現したいこと、伝えたいテーマはどんなものですか?

この物語は仕事の話。つまり、生きるために取る手段はなにか?というテーマです。
殆どの若者が相対的に貧困で、日本の8割もの資産を高齢者が所有している。そんな追い込まれた時に、若者がとった生きる手段はなにか?という日本の事実の話なんです。
この現実を目の当たりにした時の驚き、そして善悪の複雑な感情、人の生きる手段は単純ではないことを、多くの視聴者に感じてもらいたいです。

本作を楽しみにしている視聴者へメッセージをお願いします

極悪な“杉野遥亮”をお楽しみください。

脚本:
継田淳
原案:
鈴木大介
「老人喰い:高齢者を狙う詐欺の正体」
(ちくま新書)
製作:
「スカム」製作委員会・MBS

ON AIR

  • MBS(毎日放送)
    2019年6月30日(日)放送開始
    毎週日曜深夜0:50~
  • TBS
    2019年7月2日(火)放送開始
    毎週火曜深夜1:28~