放送終了


寺屋敷錬一:レストラン「ボンビーブル」のシェフ。寡黙で職人気質。料理に関する豊富な知識と様々なジャンルに対応できる多彩な技術を持ち合わせているが、特筆すべきは、“失われた料理”を再現する想像力とセンス。独特かつ非凡な才能を見せる。

★★★村上淳さんよりコメント
こんにちわ。村上淳です。
今回非常に楽しみにしています。ありきたりなゴハンものにはならないと思います。
時に泣けて。じんわり心に染みるようなドラマにしていきたいと、スタッフ一同、はりきっています。
4回しか放映されない番組ですけれど、どうかお楽しみください。
よろしくお願いします。


小瀬清:レストラン「ボンビーブル」のセカンドシェフ。
寺屋敷の片腕として、料理をアシストするとともに、“失われた料理”に関する情報を収集する『調査係』を兼ねる。料理に関する知識は、寺屋敷を凌駕することも…。とても真面目な性格。

★★★林遣都さんよりコメント
人には誰でも忘れられない味があると思います。大好きだった母の料理、特別な日に家族で行ったあのレストラン。もう一度食べたくても簡単には食べることのできない料理を簡単に食べさせてくれる夢のようなレストラン。それが今回僕が働くレストラン『ボンビーブル』です。
味覚は記憶として残り、食は人生のあらゆる場面できっかけを与えてくれます。食を通して多くの方に食べることの喜び、生きることの素晴らしさを改めて実感して頂ける、そんなドラマになると思います。始まりの飯『シメシ』是非ご覧下さい。


池山樹理:レストラン「ボンビーブル」のオーナー兼ギャルソン。彼女の曾祖父が中心となり、「ボンビーブル」が設立された。凛とした雰囲気を持つ女性。人が生来持っている“再生する力”を信じており、“失われた料理”をお客様に提供することで、“その力”を引き出したいと願っている。

★★★愛加あゆさんよりコメント
今回、ドラマに出演させて頂ける事になり、本当に光栄です。
そして、脚本を読ませて頂き、毎回、食事をテーマにストーリーが進んでいく、その世界観に引き込まれました。
レストランボンビーブルにて、村上さん、林さんという素晴らしい役者さんと共に、オーナーとしてしっかりつとめられる様、精一杯頑張りたいと思います。

 STORY


レストラン『ボンビーブル~仏語:素晴らしき人生!~』
この店のオーナー兼ギャルソンの池山樹理(愛加あゆ)が出迎えるのは、1日1組のみ。

このレストランで出される料理は、とても特別な料理だ。
それは、もうこの世に存在しない“失われた料理”。

『ボンビーブル』が誇る、天才シェフ・寺屋敷錬一(村上淳)
彼は「今はもう存在しない店の料理」や「今は亡き人が作ってくれた料理」等、お客様の様々なリクエストに応え、“失われた料理”を完全に再現する。

それをサポートし、“失われた料理”について調査をするのは小瀬清(林遣都)の役目だ。彼は“失われた料理”に関する多岐に渡る情報をかき集めてくる。

多くの者がこの店の噂を聞きつけ、なんとか予約を取ろうとするが、テーブルにつけるのは、ごくわずかな者だけ。彼らにはひとつの共通点があった。
この店に招かれる客は、皆、葛藤や悩みを抱え、人生の岐路に立たされている人々なのだ。

そして……
彼らの多くは、ここで再現された料理を食べることによって、再び、前を向いて新しい人生を歩み始める。

これが、この店で出される料理が、“始まりの飯”=「始飯(シメシ)」と呼ばれる由縁だ。その料理は食した人間に、進むべき道を標(シメ)してくれる。

さぁ、今日もまた、人生の分かれ道に立つ者が、
レストラン「ボンビーブル」に訪れる……

 STAFF


企画・プロデュース 大澤剛(ワタナベエンターテインメント)
脚本 金沢知樹
監督 小川弾
チーフプロデューサー 丸山博雄
プロデューサー 藤田大輔 近藤あゆみ
制作プロダクション スタジオブルー
製作 ドラマ「シメシ」製作委員会/MBS

番組協力:ネスレアミューズ
 http://nestle.jp/brand/nescafe/shimeshi/
 ドラマ「シメシ」特設ページ ※外部サイトへ移動します
 ※ネスレアミューズ限定「まかない飯」レシピ動画配信中