時は戦国、群雄割拠の時代──。

天下統一を狙うべく、全国各地で兵(つわもの)たちが鬨の声を上げる。
ある者は己の野心のため、ある者は気高き理想のため、各々に譲れぬ信念を胸に抱き、戦乱の世を駆け抜ける。

そして、武将たちの激しい争いにより、日の本の勢力図はめまぐるしく塗り替えられていく。
その中でも「天下布武」をかかげ、他国への侵攻を推し進めるのは尾張の第六天魔王・織田信長。
天下に最も近い男として日の本を手中に収めんとしていた。
圧倒的な武力、そして恐怖による圧政。
信長による戦火は多くの戦禍を生み出していく……。

しかし、そんな暗雲が立ち込めようとする日の本の空に、竜のごとき雷鳴が轟渡る──!!

北野台力、奥州最強の軍団を率いて南下する存在。
その者は蒼き衣に身を包み、鋭き隻眼の男、奥州筆頭・伊達政宗!
己の野望を叶えるため、天下統一を目指す兵(つわもの)がまた1人動き出した。

「奥州筆頭・伊達政宗! 推して参るッ!」

政宗が第一に目指した場所は、甲斐の虎・武田信玄と軍神・上杉謙信が雌雄を決するべく陣を張る「川中島」。
信玄と謙信の首を獲るべく戦場に乱入する政宗だったが、その場に待ち受けていたのは政宗の宿命のライバルとなる男・真田幸村との邂逅であった……。
激しくぶつかりあう政宗と幸村、その戦いの行方とは?

そして、混迷極める乱世を制するのは、一体誰なのか──!?


オフィシャルサイトはこちら⇒http://www.basara-movie2011.com/

©CAPCOM/TEAM BASARA
内容および画像の転載はお断りいたします。