誰にも、自分なりの食べ方がある。
その食べ方を他人と比べた時、時に共感し、時に反発が起こる。

物語の主人公であり、料理の食べ方に人一倍拘りを持つ
田宮丸 二郎(青柳翔)と二郎の恋人みふゆ(成海璃子)は、
食べ方の違いが原因でたびたび衝突し、すれ違う。
だが自分のこだわりを相手にぶつけながら、お互いを理解しながら、
徐々にお互いを認め合い距離を埋めていく。
たかが食べ方、されど食べ方・・・。

大げさでバカバカしくもある展開が、
実は深い味わいのあるドラマに見えてくる。
更に、毎回登場する美味しそうな食べ物の数々!
これぞ食ドラマの醍醐味!!登場した食べ物をどう食べるか?!

すべての人に問いかける、新感覚の参加型ドラマが誕生!!




STAFF

:原作:
おおひなたごう「目玉焼きの黄身 いつつぶす?」
(ビームコミックス/KADOKAWA刊)

:監督:
山口雄大

:脚本:
鈴木謙一

:企画:
KADOKAWA

:制作プロダクション:
ダブ

:主題歌:
「Funny Side Up!」
NICO Touches the Walls(キューンミュージック)

:エンディングテーマ:
「自分らしく生きていたい それだけなんだけど」
阪本奨悟(A-Sketch)

:製作:
「目玉焼きの黄身 いつつぶす?」製作委員会・MBS


CAST

青柳翔
成海璃子

大谷亮平
八木将康
武田玲奈
遠藤史也
保紫萌香
平沼紀久

山下真司(特別出演)

佐藤二朗

  • アフターストーリー :

  • #1

  • #2

  • #3

● 第0話


田宮丸二郎(青柳翔)。32歳、独身、職業・着ぐるみアクター。人からはよく「マイペースで頑固」と言われるが、自分ではそう思っていない。ある日、暇を持て余していると、親友の服部(大谷亮平)からお誘いの電話、ワードバスケットに興じて迎えた翌朝、服部の家で、卵かけご飯をご馳走になる二郎。当たり前だと思っていた自分の食べ方が実は少数派だと知らされ、納得いかない。しかも服部が食べ方を変えた理由が、「食器洗いはクリエイティブじゃないから」嫌いだなんて!?
ショックから立ち直れないままに出演したイベントで、みふゆ(成海璃子)と出会う。なんとみふゆは二郎とショートケーキの食べ方が同じだった!瞬間的に恋に落ちる二郎だった。

● 第1話


田宮丸二郎。32歳、独身、職業・着ぐるみアクター。彼女の名前はみふゆ。付き合い始めて、初めて一緒に迎えた朝。文句なしの朝食を作るみふゆ。幸せを噛み締める。しかし、みふゆの目玉焼きの食べ方に、キレてしまう二郎!「おまえ……バカか?」気がついたときには、みふゆはいなかった。
イベント会場で、どくフラワーを演ずる二郎。イベントチームのリーダー・近藤さん(佐藤二朗)を誘って食堂へ。近藤さんも、独自の食べ方だった。衝撃を受ける二郎は、家に帰って、みふゆの食べ方で目玉焼きを食べてみるのだった。
以来、ものの食べ方に悩み始める二郎。カレーの食べ方が、よく分からなくなってしまった。マゼラーの後輩の大貫(八木将康)とルーの全かけ、半かけ論争を繰り広げた後、みふゆの食べ方を知りたいと思う。しかしみふゆは過去のトラウマが理由で、カレーは半かけで無いとと語るのだった。

● 第2話


劇団の稽古合宿。皆で朝食を食べる際に、納豆の食べ方に悩む二郎。同僚の亜希ちゃん(武田玲奈)、大貫、それぞれの食べ方。そして、近藤さんの、とんでもない食べ方。あり得ないと思いつつ、気になる二郎は、家に帰って、やってみる。わるくない!!と、そこへ、大貫から電話が、なんと家が火事!?でも納豆ご飯を台無しにしたくない二郎、一体どうなる!?
ステーキを食べに来た、二郎とみふゆ。ライスをフォークの背にのせて食べる二郎。うまく食べられない。つい指摘した、みふゆにキレる二郎「おまえに俺の気持ちが分かってたまるか!!」お笑いコンビ「魑魅魍魎」の相方・千夏(保紫萌香)に相談する。一方で二郎は、近藤さんに相談していた。みふゆのことでなく、ライスの食べ方について・・・。

● 第3話


火事で怪我して入院した大貫を見舞う、二郎とみふゆ。ちらし寿司を差し入れ。その食べ方に、またしてもキレる二郎。「ただのカッコつけじゃないか!!」
ちらし寿司の顛末で、すっかり仕事に身が入らない二郎。それを見た近藤さんはどくフラワー役を、若手の靖雄(遠藤史也)に交代する。帰り道。みふゆにかけた電話はつがらない・・・。
どくフラワーを降ろされ、脇役・ヒマりんを演じる二郎。そこに大貫が退院してくる。ヒマりんは、もともと大貫の役。このままでは、自分の居場所がなくなる!?大貫の退院祝いで行った居酒屋で、焼き鳥の串を抜くのか否かが気になって仕方ない二郎。救いを求めるように訪ねた服部までも、串から抜く食べ方だった。むしろ男らしくあるために、抜くらしい。衝撃を受ける二郎。逆に、抜く理由を問われ、答えに窮する。その頃、みふゆは、売れっ子構成作家の宮さん(平沼紀久)と急接近……。

● 第4話


千夏が仲を取り持ち、仲直りすることになった二郎とみふゆ。二人で迎える2度目の朝、パンと目玉焼きの朝食を前に、満を持して、みふゆの食べ方を実践する二郎。しかし、みふゆは、パンのときは別の食べ方だった。「話が違うじゃないかー!!」またまたキレてしまった二郎なのだった。余りのめんどくささに二郎との別れを決めたみふゆ。おかげで吹っ切れたのか、仕事がうまくいきだした。宮さんとの関係も深まっていく。
二郎も怒りおさまらず。仕事仲間たちと行った焼肉屋で、白メシをバクバクと食べる。しかし、その食べ方を羅生門社長(山下真司)に全否定される。近藤さんにも突き放された二郎。果たして二郎は立ち直れるのか? そして、みふゆとの関係は……???

● アフターストーリー #1

みふゆも、どくフラワーも、白メシも、失った。稽古場へ入れない二郎。
心配で探しにきた近藤さんに、想いを吐露。「焼肉で白メシ食ったらいけませんか?」「いけなくはない。ただ……白メシを必要としない食べ方もある」「お……教えてくださいっ!!」
ホルモン、マッコリ、クッパ、ビビンバ、焼肉の新しい世界を知る二郎。
帰り道。羅生門の白メシ嫌いの理由を打ち明ける近藤さんにつっかかる二郎、近藤さんの本当の想いに触れる・・・。

放送局放送スタート日放送時間
MBS(毎日放送)11月5日(日)スタート深夜0時50分~
※初回は深夜1時05分~
TBS11月7日(火)スタート深夜1時28分~
BS12 トゥエルビ11月8日(水)スタート深夜2時~
KUTV(テレビ高知)11月29日(水)スタート深夜0時01分~
IBC(岩手放送)11月30日(木)スタート深夜1時28分~
RKK(熊本放送)12月14日(木)スタート深夜0時56分~
BSS(山陰放送)12月17日(日)スタート深夜0時50分~
TUY(テレビユー山形)2018年1月9日(火)スタート深夜1時25分~
SBS(静岡放送)2018年1月11日(木)スタート深夜0時51分~

※放送局は今後も増える可能性があります。
※放送日時は変更になる場合があります。
※詳細ほか放送のリクエストについて、お住まいの地域の放送局(TBS系)へお問い合わせください。