この教室から宇宙をめざす!......完全週休2日制で
放送は終了しました。

キャラクター原案・かんざきひろ×シリーズ構成・丸戸史明×監督・長崎健司

オリジナルTVアニメ「Classroom☆Crisis」がいよいよ始動!
キャラクター原案はイラストレーターかんざきひろが務め、
監督はドラマ・SF演出に定評のある長崎健司が担当。
さらに細やかな人物描写で高い人気を誇る丸戸史明がシリーズ構成を務めます。
かんざきひろが描く「魅力的なキャラクターたち」が、
長崎健司の演出する「近未来の世界」を舞台に繰り広げる、
丸戸史明が紡ぐ「学園×勤労ラブコメディ」!

この物語は、高校生サラリーマンの悲哀を描く青春グラフィティである!

 ストーリー


火星に作られた日本の新たな都道府県のひとつ、「第4東京都」。
この都市の経済特区である「霧科市」に、航空宇宙事業で名をあげた超一流企業、「霧科コーポレーション」があった。この会社は様々なジャンルにシェアを広げつつ、「霧科科学技術学園」という私立学校も運営していた。
これだけでも特殊なのだが、さらに異彩を放つクラスが学園内にある。昼は学園で生徒として勉学に勤しみ、放課後は社員として会社に出社し発展型試作ロケットの開発という重要なプロジェクトに携わっているのだ。
それが「霧科コーポレーション先行技術開発部 教育開発室」――通称「A-TEC」である。

この部署の室長を務める若き天才エンジニア瀬良カイトは、学園に通うA-TECの生徒達の担任教師でもあり、熱血ロケット先生と呼ばれ親しまれて(?)いた。

物語はこのA-TECに転校生がやってくることから始まる。
新しい仲間を迎え入れようとするA-TECだが、火星へ向かう途上で転校生が誘拐されてしまう事件が発生。
この難局を乗り切れるのは自分たちだけだと判断したカイトはA-TECのメンバーたちと共に、
前代未聞の救出作戦に乗り出した──
瀬良カイト(セラ・カイト) 森久保祥太郎

霧科コーポレーション先行技術開発部教育開発室、通称「A-TEC」の若き室長。A-TECの担任教師を務める熱血先生でもある。生粋のエンジニアで、生徒たちと一緒に新たなエンジン開発の実現を夢見ている。生徒たちと年齢が近く人気もあるようだが、ひとたびスイッチが入ると暑苦しい説教を始めてしまうのでウザがられることもしばしば。

白崎イリス(シラサキ・イリス) 雨宮 天

霧科科学技術学園高等部の3年生。同時にA-TECの看板テストパイロット。看板の名に偽りなく、本職パイロットも真っ青の驚異的な操縦技術を誇る。とはいえ安全意識がどうも希薄で、通学時に使うバイクの運転も荒く(本人は至って安全運転のつもり)、親友のミズキにいつも注意されている。そんなわけで通学コースレコードの自己記録は日々更新中。

花岡ツバサ(ハナオカ・ツバサ)

いつでも元気いっぱいの霧科科学技術学園高等部2年生。その持ち前の明るさとコミュ力の高さから、A-TECでは広報とプロモーションを担当する。担任教師であり上司でもあるカイトの事を「カイトっち」と気安く呼ぶが、本人は敬意を込めてそう呼んでいるらしい。

能年ユナ(ノウネン・ユナ)

霧科科学技術学園高等部の2年生。A-TECでは経理と事務を担当する。 本人は至ってマジメにA-TECの予算を管理しようと頑張っているが、ロケット開発のためなら天下御免で浪費しまくるA-TECメンバー達に毎日振り回されている苦労人。

領家マコト(リョウケ・マコト)

霧科科学技術学園高等部の3年生で、イリスやミズキと同級生。 同じくA-TECに所属し、開発機体の材料発注を担当する。姉御肌な性格だが、不測の事態な時ほど冷静に振る舞う。同い年のコジローと一緒にA-TECのツッコミ役に回ることが多い。

北原コジロー(キタハラ・コジロー)

A-TECでは機体デザインを担当している霧科科学技術学園高等部の3年生。同じ学年のミズキやイリスより大人っぽく振る舞うが、そこはかとないチャラさがある。
A-TECで男子はカイトを除きコジローとサクゴ、スバルだけなので、よくつるんでバカな事をやっている。

瀬良ミズキ(セラ・ミズキ) 小澤亜李

霧科科学技術学園高等部の3年生。A-TECではエンジン整備を担当する。早くに親を亡くすが、兄のカイトと同じく両親もエンジニアだったため、自然と本人もエンジニアの道を目指す。その割に学校ではクラス委員を務め、カイトと2人暮らしの家では家事全般を引き受け、年頃の女の子としてのオシャレには余念が無い等々、女子力は高め。テストパイロットとして霧科への入社をイリスに薦めたのもミズキである。

小鳥遊カオルコ(タカナシ・カオルコ)

霧科科学技術学園高等部の1年生。
A-TECでは最年少の女の子で気弱なお嬢様体質でもあるため、マスコット的存在としてみんなに可愛がられている。試作機のテスト飛行時は通信を担当するが、普段はマコトの補佐として発注された材料の管理を行っている。

上永谷アキ(カミナガヤ・アキ)

霧科科学技術学園高等部の2年生。 エンジニアの大先輩であるカイトに憧れてA-TECに所属。エンジン整備を担当し、カイトやミズキを補佐している。重度のメカフェチで、作業が長引き徹夜が続こうが何のその。そのため多少ワーカーホリック気味である。

八槙スバル(ヤマキ・スバル)

霧科科学技術学園高等部の1年生。A-TECではメインエンジン及び補助ブースターの燃焼試験を担当している。中性的な顔立ちで、普段は半ズボンの学生服に白衣を羽織っているものだから、黙っていると女子に間違われる。だが口を開くと自信満々で生意気な小悪魔である。

舞岡サクゴ(マイオカ・サクゴ)

A-TECではIT全般を担当する霧科科学技術学園高等部の2年生。ニヒルにカッコつけているつもりだが、方向性が間違っている。その上猫背なのでオタクっポさに拍車がかかっている。だが情報処理とハッキング能力は確かなもので、いざという時は頼れる存在。

【アニメ公式サイト】 www.classroom-crisis.com 【公式ツイッターアカウント】 @clcr_project

© 2015 CC PROJECT