特集

VOICE特 集201903

特集記事

2019/03/12 放送
娘を事故で亡くした父、紙芝居になった親子の物語 母校で初の読み聞かせ

2012年4月、京都府亀岡市で、暴走した車が集団登校の列に突っ込み、妊婦と児童ら3人が死亡する事故がありました。この事故で亡くなった女の子と最愛の娘を失った父親の話が、ある大学生らによって「紙芝居」となりました。事故からまもなく7年。命の大切さを問いかける紙芝居の読み聞かせが広がりをみせています。

テキストと写真で読む