特集

VOICE特 集201808

特集記事

2018/08/31 放送
人手不足に秘密兵器 林業もハイテク時代

日本の国土の約3分の2をしめる山林、その内の4割以上が戦後に植えられた杉やヒノキといった人工林でちょうどいい大きさに成長しているにもかかわらず、放置されたままの木が増えているといいます。その理由にあげられるのが林業にたずさわる人の高齢化や減少。そして、外国産の安い木材に押されて国産木材の需要が減っていることなどがあるといいます。豊富な森林資源があるのに有効活用しない手はない。いま林業の現場では『ハイテク化』が進められています。