特集

VOICE特 集201603

特集記事

2016/03/16 放送
兵庫県南西部を走る近畿最大断層帯で相次ぐ揺れ…大規模地震の予兆か?

兵庫県の南西部に山崎断層と呼ばれる活断層があります。平安時代には「播磨大地震」が起きていて、阪神・淡路大震災を引き起こした兵庫県南部地震を上回る規模だったと推定されています。この山崎断層周辺はここ30年あまり平穏だったのですが、今年に入り小さい地震が起きるようになっています。果たして山崎断層付近の巨大地震の予兆なのか。