5月12日放送

-

京都市北区

段差よりも温度差バリアフリー!
熟年夫婦の京町家セカンドライフ

敷地面積 128平方メートル(39坪)
延床面積 106平方メートル(32坪)

京町家か~雰囲気ええな~
外観からは想像もつかない部屋ですね~
大文字が家から見られるなんて!うらやましい!
まさに、理想のセカンドライフです!

木のぬくもりあふれる空間!
わあ!大きな階段!迫力ありますね!
京都って夏は蒸し暑く、冬は底冷えしますもんね~
ご主人のアイデアがいっぱい詰まった家です!

  • -
  • -

今回の舞台は京都市北区の世界遺産が密集するエリア。建築家のご主人が建てた自邸です。
扉を開けると幅2.7mもの大階段が目に飛び込んできます。玄関はなく、土間と階段が接客スペースになります。
ダイニングキッチンは木のぬくもりあふれる空間に。間仕切りがなく、開放的なスペースです。
ヒートショック対策として、壁や床に隙間をつくることで通気性を良くし、すべての部屋の温度を一定にしました。

  • -
  • -

さらに、1階を持ち上げて作った床下の空間に向けて、エアコンを送風。その風が、格子やスノコを通り家中の室温を均一に保ちます。
冬は底冷え、夏は蒸し暑い。そんな京都特有の気候を克服し、「温度差バリアフリー」を実現しました。
奥さんのためにご主人が設計したキッチンは、おしゃれな木製カウンターに。窓からは、左大文字が一望できます。
熟年夫婦がセカンドライフの地として選んだ奥さんの故郷・京都。ここから悠々自適な暮らしが始まります。

  • -
  • -

インフォメーション

今回のアルジの建築事務所はこちらです。
豊田空間デザイン室
http://www.toyoda-design.com/


素敵な家募集

あなたの知っている「素敵な家」の情報をお寄せください!
メールに、
 ・素敵な家の場所:
 ・どんな家ですか?:
 ・あなたのお名前:
をお書きの上、

toiro@mbs.jp

までお送りください!