3月24日放送

-

東京都昭島市

貼る・挟む・吊る!賃貸でもマネできる
DIYの技が詰まった家

敷地面積 69.6平方メートル(21坪)
延床面積 67.4平方メートル(20坪)

でも、中を見てください。
夫婦でDIYした一軒家、賃貸です。
貼る・挟む・吊る!で、家を傷つけずに
しかも、元通りにできるんです!

あれ?昭和なカンジですね~。
わぁ~!オシャレ~!
賃貸!?こんなに変えちゃって大丈夫?
え、すごーい!

  • -
  • -

今回のお家は東京都昭島市にある賃貸物件。釘や塗料を使うDIYが一般的ですが、原状復帰が決まりの賃貸にDIYって・・・大丈夫??
外観は昭和の雰囲気漂う普通の家。しかし、中に入るとびっくり!外からは想像できないウッディーでオシャレな空間が広がります。
壁にある書斎机は、アジャスター付きの柱を立てて、横にすのこ状に板を付けて釘で固定。横板の隙間に板を挟んで収納棚にリビングにあるオシャレな窓枠。木の枠を作って布を貼り、上は結束バンドでカーテンレールに固定。下はローラーを付けて開けやすくしました。

  • -
  • -

キッチンには、靴箱やガルバリウムの板を使ったカウンターが。吊り戸棚が欲しいと言う奥さんのために、ご主人が試行錯誤して作成しました。
洋風の寝室は白いレンガの壁が特徴。実はこれ、発泡スチロールを溶かして塗装した物。コストをかけない夫婦のテクニックが光ります。
本当に原状復帰ができるのか聞くと、ご主人が玄関の原状復帰を実践。ものの20分程で見事に元の昭和な姿になってしまいました。
貼る・挟む・吊るを駆使してDIYした賃貸の家。1つの空間を創りあげるたび、家族の絆はより強くつながり合っていきます。

  • -
  • -

素敵な家募集

あなたの知っている「素敵な家」の情報をお寄せください!
メールに、
 ・素敵な家の場所:
 ・どんな家ですか?:
 ・あなたのお名前:
をお書きの上、

toiro@mbs.jp

までお送りください!