MBS 毎日放送

目次

第42回 新名徹郎

―NSC25期ですが、お笑いを目指されたきっかけは?

小学校の頃から新喜劇は見てました。
土曜日、学校からいっぺん帰ってきて、お昼ご飯食べながら新喜劇見て、その後、学校のサッカー部行って、その後少年野球やって。

昔からお笑いはずーっと見てたんですよ。
みんなが「ダウンタウンのごっつええ感じ」(フジテレビ系)を見てた時に、なぜか僕はとんねるずさんの番組ばっかり見てたんです(笑)。
ALFEEさんとの卓球対決とか。
お笑い番組を見るのは大好きやったんです。
ただ、自分がお笑いをやろうとは思ってなくて。

高校2年の時にクラスの仲のいい子が、そいつは他のクラスでも知られるひょうきん者みたいな感じやったんですが、
「学園祭に漫才やって出えへん?」
と誘ってきたんです。

そっから、ネタ作らなアカンと思って、漫才番組をメッチャ見出して。
自分で考えたネタを何個か書いて、その子に渡したら、
「これおもしろいやん。これやってみよう」と。
初めて学園祭で大勢がおる前でやったら、メチャクチャウケたんですよ。
それがもう味わったことのない感覚やって…。
衝撃的でした。
何百人いる人を笑わせたら、「ドン!」ってなって、こんな感情になるんやって。
これは気持ちいいなっていうか。
すごい興奮して…。

(すごい出合いですね)
「これメッチャ面白いな!」となって、そっからハマってしまいましたね。
漫才番組を見たり。
好きやったのが、中川家さん、フットボールアワーさんとかメッチャ好きでしたね。
チュートリアルさんもそう。
一番初めのbaseよしもと世代ですよね。
それを見て、ほんまに面白いなと。

  • 戻る
  • 次へ

/

バックナンバー

× 閉じる