MBS 毎日放送

目次

第15回 未知やすえ

―新喜劇へ入団の経緯を聞かせてください。

漫才を辞める年、84年12月30日まで最後のうめだ花月の舞台があって、その2日前くらいに会社から電話があって、
「明日劇場終わったら、晩、新喜劇の稽古やから」って言われたんです。
「はあっ!?」って。

私、新喜劇に入るってひとっことも言ってないし。
これからどうしていこうか、コンビ解散してから決めようと思っていたし、相方は小学校・中学校の同級生なんで、終わったら温泉旅行でも行こうかって言うてたら、考える時間もなく、「明日から晩に稽古に出て、正月の出番はうめだ花月や」と。

「いや、いや、いや、待ってくださいよ」と言ったんですけど、
「お前に考える余地はない」と言われて。
泣く泣く…でもないけど「えーっ、新喜劇~!?」と思いながら行ったのは、覚えてます。

  • 戻る
  • 次へ

/

バックナンバー

× 閉じる