MBS 毎日放送

目次

第78回 木下鮎美

―初舞台は覚えてますか?

覚えてます~(笑)
祇園花月で今別府さんの女装キャラ直子と、何人かのお客さんの役で。

エンディングの時に座長の川畑さんから
「この子、今日が初めてなのに、堂々としてるでしょ」
って言われて。
ほんまに声がデカかっただけやと思うんですけど(笑)
セリフも2~3個だけでしたが、自分では
「こんなに出来るのか!?」
って思いました。

舞台に立ってみたら、フィギュアスケートの氷の上みたいに、立ってすらいられないみたいな…(笑)
出来なかったんですけど、もし、出来るようになったらどんな感じがするんやろ?っていう興味も沸きました。

(初舞台を踏んで、これをやっていこうと?)
もうちょっとやってみてからでも遅くないんじゃないかと。
新喜劇っていろんな人いるじゃないですか。
同期とかでも、お芝居やってた人とか、女優になりたかった人ばっかり。
私は簡単に言ったら、出来心がちょっとずつ続いてる感じで…。

(出来心?)
そんな気持ちでいていいのかなと思うこともあったんですけど、昔いらしたたいぞうさんっていう方が、一の介師匠の「ベル」というお店で一緒にバイトさせてもらった時に、
「いろんな人がいるのが新喜劇のいいところやからなあ」
と言ってくださって。
出来心で続いてる人がいてもいいんかな~と思って、今、奇跡的にいます。

  • 戻る
  • 次へ

/

バックナンバー

× 閉じる